ページの先頭です

平成29年度市政アンケート施策への反映状況について(平成30年3月末現在)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年7月17日

平成29年度市政アンケート施策への反映状況について

平成29年度市政アンケート施策への反映状況(平成30年3月末現在)
回  テーマ 調査目的 反映状況
第1回 都市農業の振興について(緑政土木局都市農業課) 農地や農業についてどのように考えておられるのかを、おたずねするもの。 【施策の実現・計画への反映】
今回のアンケート結果で得られた知見を踏まえて、本市の農業振興に関する施策の方向性及び内容を明らかにする「名古屋市農業振興基本方針なごやアグリライフプラン」を、平成30年3月に改定しました。また、今後も本市が市民との関わりの中で様々な農業や「農」の施策を行うにあたり、参考資料として活用していく予定です。
繁華街における客引き行為等について(市民経済局地域安全推進課) 名古屋市における客引き行為等について、市民の皆さまにご意見をいただき、今後の取り組みを検討する上での参考とさせていただくもの。 【施策の実現・計画への反映】
現行法令で規制されていない居酒屋やカラオケ店などが行う客引き行為等に対する制限は必要だと思うかたずねたところ、7割を超える方が「思う」「どちらかと言うと思う」と回答されました。
アンケートの結果は「名古屋市客引き行為等への対策検討懇談会」において資料提供し、条例の制定に向けた検討の参考資料としました。
大規模風水害時の避難行動について(防災危機管理局危機管理企画室) 超大型の台風がお住まいの地域に接近し、地域一帯に大規模な浸水被害(最大クラスの洪水等)の発生が想定される場合の避難に対する考え方をおたずねし、今後の防災危機管理施策の推進の参考にさせていただくもの。 【検討・参考】
 今回のアンケートでは、市民の皆さまの大規模風水害時の避難行動に関する考え方を把握することができました。
 今後は、今回のアンケート結果を考慮し、防災危機管理施策の推進に努めてまりたいと考えております。
障害者差別解消について(健康福祉局障害企画課) 障害者差別解消に対する現状認識や考え方などをおたずねし、今後の取組みの参考とさせていただくもの。 【実現・反映予定】
本市が検討している障害者差別解消に関する条例の制定に向けた検討の参考資料としました。また、アンケートの結果を今後の障害者差別解消に向けた広報・啓発に際しての参考としてまいります。
市民税5%減税について(財政局税制課) 市民税5%減税に関するご意見をお伺いし、今後の施策の参考とさせていただくもの。 【施策の実現・計画への反映】
アンケート結果は、「市民税5%減税検証報告書」を作成する際の参考資料として活用しました。減税相当額の使途について、回答者の5割以上が日常の生活費と回答しており、市民税5%減税は、一定程度、市民生活の支援に寄与しているのではないかと考えております。
第2回 古紙類の出し方などについて(環境局減量推進室) 市民の皆さまに、古紙類の出し方などをおたずねし、今後のごみ減量施策を考える際の参考とさせていただきます。 【施策の実現・計画への反映】
家庭で何を重要視して古紙類の排出方法を決めているかたずねたところ、「地域団体の実施している回収であること」と答えた人が約6割、「家の前で回収している」が約5割でした。
古紙類の排出利便性を向上のため、学区協議会方式における各戸回収の事業協力金単価を1円/kgから3円/kgに増額し、集団資源回収の各戸回収化を促進していくこととしました。
自動車の所有および利用状況について(住宅都市局建築指導課) 自動車の所有に関する意識についておたずねし、今後の施策の参考にさせていただくもの。 【検討・参考】
 近年、若者の車離れやカーシェアリングの普及、駅そば居住等車を持たない住まい方が提案される中、実態がどうなっているかを定期的に把握する一助としてアンケートを実施しました。
 アンケートでは、共同住宅にお住まいの、約3/4の人が自動車を保有していることや、駅から12分以内に住んでいる人の8割以上の人が自動車を所有していること、また、住まいの近くにどのような施設があっても車を所有したいと考えている人が約4割にのぼるという結果になりました。その結果より一定以上の駐車台数を確保する必要があると勘案されるため、現在共同住宅を新築する際に用途地域、戸数に応じて課している駐車場の付置義務割合の規制を継続することが必要であると考えています。
自転車走行について(緑政土木局自転車利用課) 自転車についてどのように考えられているかおたずねし、効果的な整備方針を検討するための参考とさせていただくもの。 【実現・反映予定】
名古屋市の道路事情にあった自転車通行空間のあり方について検討するため、学識者、自転車利用者、交通管理者などの関係機関を委員とした「名古屋市自転車利用環境整備推進会議」にアンケートの結果を資料として提出しました。
アンケートの結果や推進会議の意見を、今後の自転車通行空間の整備に関する施策に活かしてまいります。
第3回 宝くじについて(財政局資金課) 宝くじについて、皆さまの認識をおたずねし、今後、宝くじの販売促進等のための参考とさせていただくもの。 【実現・反映予定】
宝くじの収益金が市の様々な施策に役立っていることを知ることが、宝くじの購買に影響するか尋ねたところ、半分以上の方から「影響がある」との回答がありました。この結果は全国自治宝くじ事務協議会にも提供しており、本市としても来年度以降の宝くじの販売事務において、収益金の使い道を今まで以上にPRしていく予定です。
名古屋の教育について(教育委員会企画経理課) 学校・家庭・地域が連携して名古屋の子どもを育てるために、市民の皆様がどのように考えられているかをおたずねし、今後の計画策定の参考にさせていただくもの。 【実現・反映予定】
 
この調査結果を平成30年度中に予定している第3期名古屋市教育振興基本計画の策定に生かしてまいります。
路上禁煙の推進について(環境局作業課) 路上禁煙施策の認知度等についておたずねし、今後の広報・啓発方法を検討するうえでの参考とさせていただくもの。 【施策の実現・計画への反映】
路上禁煙地区内での喫煙をなくすためにはどうするべきかたずねたところ、広報・啓発を強化すると回答された方が3割と最も多く、また、市外居住者への広報として何が有効かたずねたところ、駅構内、鉄道・バス車内へのポスター掲出と回答された方が7割と最も多い結果となりました。
この結果を受け、市営地下鉄29駅38か所において、ポスターを掲出し、交通広告を強化しました。
第4回 広報活動について(市長室広報課) 広報なごやなど市の広報活動について、皆さまの意見をおたずねし、今後、より効果的な広報を推進するための参考とさせていただくもの。 【実現・反映予定】
市公式ウェブサイトについて、スマートフォン・タブレットでご覧になる方がパソコンでご覧になる方と同程度いらっしゃること、またスマートフォン等での閲覧の際に不便を感じる点があることがわかりました。今回の結果を踏まえ、市公式ウェブサイトのスマートフォン表示対応に向けた準備を進めてまいります。
今後も引き続き、広報なごや、テレビ・ラジオ番組、広報動画、市公式ウェブサイト、新聞広告等の様々な広報媒体を利用したメディアミックスの実現に、アンケートの結果を反映するよう努めてまいります。 
人権について(市民経済局人権施策推進室) 人権に関する市民の皆さまの意識についておたずねし、今後の人権施策をすすめるうえでの参考とさせていただくもの。 【実現・反映予定】
「名古屋市総合計画2018」の成果指標とし、今回のアンケート結果を踏まえ、継続的に長期的な視野に立った人権啓発を実施するとともに、なごや人権啓発センターの運営に際し参考としてまいります。
相生山緑地について(緑政土木局緑地事業課) 天白区の相生山緑地において、緑地整備の基本計画素案の作成を進めています。相生山緑地は、広大な面積のなかに多様な地形がある自然豊かな場所であり、さまざまな利用が想定されます。多くの方に利用していただける緑地とするため、市民の皆様の考えをお聞きし、素案づくりの参考とさせていただくもの。 【施策の実現・計画への反映】
世界のAIOIYAMAプロジェクト検討会議にアンケートの結果を資料として提出しました。アンケートの結果、相生山緑地でやりたいことは「自然の観察(昆虫、鳥、植物など)」と回答した方が約4割と最も多い結果になりました。また、相生山緑地でどのような活動を通じて自然とふれあいたいか尋ねたところ、「自然の中を散策する」と回答した方が6割を超えました。今回のアンケート結果につきましては、相生山緑地の整備にかかる基本計画素案作成の参考とさせていただきました。
第5回 杉原千畝について(総務局総合調整室) 杉原千畝の功績や名古屋とのゆかりなどについて、市民の皆さまの認知度を確認し、今後の参考とさせていただくもの。 【検討・参考】
杉原千畝とその功績を知っている人は7割以上でしたが、杉原千畝と名古屋とのゆかりについては、知らない人が約7割という結果となりました。
今回のアンケート結果を参考としながら、杉原千畝の功績と名古屋とのゆかりを広く知っていただけるよう、今後も杉原千畝顕彰事業を進めてまいります。
運動・スポーツについて(教育委員会スポーツ振興課) 運動・スポーツに関する活動状況・意識についておたずねし、今後の名古屋市におけるスポーツ関連施策を考える際の参考とするもの。 【施策の実現・計画への反映】
運動・スポーツをしていない理由をたずねたところ、「仕事や家事等が忙しくて時間がない」や「きっかけや機会がない」と答えた方が多く、また名古屋市が運動・スポーツを推進するために今後力を入れていくべきことについてたずねたところ、「ライフスタイルにあったスポーツ教室等の充実」や「市民参加型スポーツイベントの充実」と答えた方が多い結果となりました。
アンケート結果を踏まえ、名古屋市スポーツ推進計画について、ライフステージに応じたスポーツ実施機会の提供に関する施策を充実させるなど、具体的な取組内容に重点をおいた見直しを行い、平成30年2月に第2期名古屋市スポーツ推進計画を策定しました。
家庭教育について(教育委員会生涯学習課) 家庭教育に対する考え方などをおたずねし、今後の事業運営の参考とさせていただくもの。 【検討・参考】
アンケートの結果は、名古屋市教育振興基本計画における施策の参考資料とするとともに、「親学」に関するパンフレット等に掲載し、家庭教育の啓発に活用していきたいと考えております。


反映状況の区分について

  • 【施策の実現・計画への反映】
    すでに施策へ反映したものがある。または、作成した計画等に結果を反映した。
  • 【実現・反映予定】
    まだ実現はしていないが、近い将来、施策や計画等への反映が見込まれるものがある、または、施策や計画の検討組織に資料提供し、検討の参考資料とした。
  • 【検討・参考】
    当面、具体的な施策や計画等への反映予定はないが、将来的に反映を検討するものがある、あるいは施策の達成状況等を把握するうえでの参考資料とした。

このページの作成担当

市民経済局市民生活部広聴課広聴係

電話番号

:052-972-3140

ファックス番号

:052-972-3164

電子メールアドレス

a3140@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ