ページの先頭です

平成28年度 第5回ネット・モニターアンケート(調査結果)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年11月24日

テーマ:名古屋のシティプロモーションについて

1 今回の調査テーマ・趣旨

名古屋のシティプロモーションについて

名古屋市では6月に国内主要8都市の市民を対象とした「都市ブランド・イメージ調査」を実施しました。その調査結果として、8都市中「訪問意向最下位」、「市民推奨度最下位」という結果となり、テレビや新聞など数多くのマスメディアに取り上げられました。
今回のアンケートでは、名古屋の魅力についておたずねし、名古屋の魅力の向上・発信をはかる取組みを進めるための参考とさせていただきます。

2 調査期間

平成28年10月14日金曜日から平成28年10月24日月曜日

3  調査方法

調査対象者及び人数 500人

調査方法 インターネットを通じてアンケートに回答

有効回収数 427人 有効回収率 85.4%

質問数 13問

4  調査結果(抜粋)

訪問意向最下位」という結果を「残念だが仕方がない」と答えた人は約6割で、その理由は、「他都市の方が楽しいから」「他からの評価は名古屋の人の評価と違うから」が約4割(問3・問4)

「訪問意向最下位」という結果についてどう感じるかおたずねしたところ、「残念だが仕方がない」と答えた人は60.4%でした。その理由をおたずねしたところ、「他都市の方が楽しいから」と答えた人が44.6%と最も多く、次いで、「他からの評価は名古屋の人の評価と違うから」が37.2%でした。

市民の方が自分のまちを推奨する「市民推奨度」が最下位という結果になった理由は、「推奨するものがないので」「推奨するものがわからないので」と答えた人が3割台(問9)

市民の方が自分のまちを推奨する「市民推奨度」が最下位という結果になった理由をおたずねしたところ、「推奨するものがないので」と答えた人が34.7%、「推奨するものがわからないので」と答えた人が34.4%で、いずれも3割台でした。

添付ファイル

このページの作成担当

市民経済局市民生活部広聴課広聴係

電話番号

:052-972-3140

ファックス番号

:052-972-3164

電子メールアドレス

a3140@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ