ページの先頭です

「ロボカップ2017名古屋世界大会」の開催について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年8月5日

ページの概要:平成29年7月にロボカップの世界大会を開催します。

ロボカップとは

ロボット工学と人工知能の融合、発展のために日本の研究者らによって提唱された国際的な自律移動ロボットの競技大会で、第1回大会(1997年)は名古屋で開催されています。

2050年までに人型ロボットでサッカーのワールドカップチャンピオンに勝つという夢に向かって人工知能やロボット工学などの研究を推進し、様々な分野の基礎技術として波及させることを目的としています。

ロボカップドイツ大会の様子

ロボカップ2016世界大会(ドイツ)の様子

ロボカップ2017名古屋世界大会

期間

セットアップ:平成29年7月25日(火曜日)から26日(水曜日)

競技期間(一般公開):平成29年7月27日(木曜日)から30日(日曜日)

シンポジウム:平成29年7月31日(月曜日)

会場

名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)

テバオーシャンアリーナ

ロゴマーク

ロボカップ2017名古屋世界大会のロゴマーク

「RoboCup2017」の文字を使用しロボットを形作ることで、ひと目で本大会を印象づけるロゴとしました。金色を基調とした色づかいには、開催地である名古屋を象徴する金鯱のイメージと、燦然と輝く英知の結集である本大会の成功と繁栄の願いを込めています。

PRチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く
サッカーヒューマノイドリーグのロボット

サッカーヒューマノイド
二足歩行のロボットによるサッカー競技を行います

サッカースタンダードプラットフォームリーグのロボット

サッカースタンダードプラットフォーム
標準機として定められたロボットを使用しプログラムで優劣を競います

レスキューリーグのロボット

レスキューロボット
災害現場を想定したフィールドで競技を行います

@ホームリーグのロボット

@ホーム
ロボットがいかに人間とともに作業を遂行できるかを競います

ロボカップ2017名古屋世界大会公式ウェブサイト

このページの作成担当

市民経済局 産業部 次世代産業振興課 産業技術支援係
電話番号: 052-870-2917
ファックス番号: 052-870-2918
電子メールアドレス: a2419@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ