ページの先頭です

名古屋の魅力・住みやすさについて(2010年)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2010年12月27日

(1)名古屋の良いところは「地理的に日本各地への移動が便利」が約6割

名古屋の誇れるところや良いところをたずねたところ、「地理的に日本各地への移動が便利」(62.6%)が約6割で最も高く、次いで「名古屋の水道水がおいしい」(49.9%)、「三英傑ゆかりの地で歴史がある」(45.4%)、「道路が広くて整備されている」(44.0%)と続いています。(問1)

(2)名古屋の悪いところは「夏が蒸し暑い」が6割以上

名古屋の悪いところや嫌いなところをたずねたところ、「夏が蒸し暑い」(66.1%)が6割以上と最も高く、次いで「観光名所が少ない」(46.0%)、「交通マナーが悪い」(45.3%)が4割台で続いています。(問2)

(3)名古屋は住みやすいと思う人は約9割

名古屋が「住みやすい」と思うかたずねたところ、「住みやすい」と答えた人は40.3%で「どちらかといえば住みやすい」と答えた人48.5%をあわせると、名古屋は住みやすいと思う人は約9割(88.8%)でした。
一方、「住みにくい」と答えた人は1.5%で、「どちらかといえば住みにくい」と答えた人5.6%をあわせると、名古屋は住みにくいと思う人は1割未満(7.1%)でした(問3)

(4)名古屋が住みやすい点は「買い物する場所などが近くにあって生活に便利」が約7割

名古屋が住みやすいと答えた人に、その理由を回答してもらったところ、「買い物する場所などが近くにあって生活に便利」(68.2%)が約7割で最も高く、次いで「交通の便がよい」(62.4%)となっています。(問4)

(5)名古屋が住みにくい点は「交通の便が悪い」が約4割

名古屋が住みにくいと答えた人に、その理由を回答してもらったところ、「交通の便が悪い」(42.4%)が約4割で最も高く、次いで「建物や歩道のバリアフリー化(段差などがないこと)が遅れている」(32.9%)となっています。(問5)

(6)名古屋への愛着を感じている人は8割以上

名古屋に「自分のまち」としての「愛着」を感じているかたずねたところ、「感じている」と答えた人は38.5%で「どちらかといえば感じている」と答えた人44.6%とあわせると、名古屋への愛着を感じている人は8割以上(83.1%)でした。
一方、「感じていない」と答えた人は4.8%で「どちらかといえば感じていない」と答えた人7.5%をあわせると、名古屋への愛着を感じていない人は約1割(12.3%)でした。(問6)

(7)名古屋を自慢できるところがある人は約7割

よそのまちと比べて名古屋を自慢できるところが「たくさんある」と答えた人は9.4%で「いくつかはある」と答えた人60.9%とあわせると、名古屋を自慢できることがある人は約7割(70.3%)でした。(問7)

(8)名古屋で起こる事件や出来事に関心がある人は9割以上

名古屋で起こる事件や出来事に関心があるかたずねたところ、「とても関心がある」と答えた人は41.7%で「ものによっては関心がある」と答えた人54.0%とあわせると、名古屋で起こる事件や出来事に関心がある人は9割以上(95.7%)でした。

一方、「あまり関心がない」と答えた人は2.6%で「まったく関心がない」と答えた人0.6%をあわせると、名古屋で起こる事件や出来事に関心がない人は3.2%でした。(問8)

(9)一生住むなら名古屋を選ぶと思う人は7割以上

一生住むなら名古屋を選ぶと思うかたずねたところ、「選ぶと思う」と答えた人は36.6%で、「どちらかといえば選ぶと思う」と答えた人39.6%とあわせると、一生住むなら名古屋を選ぶと思う人は7割以上(76.2%)でした。

一方、「選ばないと思う」と答えた人は5.2%で、「どちらかといえば選ばないと思う」と答えた人6.5%をあわせると、一生住むなら名古屋を選ばないと思う人は約1割(11.7%)でした。また、「わからない」(11.5%)と答えた人は約1割となっています。(問9)

(10)今後の生活で不安に感じることは「自分の健康・病気」「老後の生活」「家族の健康・病気」が6割以上

今後の生活を考えたとき不安に感じることをたずねたところ、「自分の健康・病気」(67.5%)、「老後の生活」(64.7%)、「家族の健康・病気」(62.2%)がそれぞれ6割台で高く、これらに次いで「今後の収入」(51.6%)、「税金や保険料などの負担」(48.7%)がそれぞれ5割前後と高くなっています。(問10)

(11)家庭の生活の程度は「中の中」が約5割

家庭生活の程度についてたずねたところ、「中の中」(47.6%)が約5割で最も高く、次いで「中の下」(24.3%)、「中の上」(17.9%)、「下」(7.7%)と続いています。(問11)

(12)「生きがいと感じるものがある」「生きがいとまではいかないが、積極的に取り組んでいるものがある」「特に何もない」がそれぞれ3割前後

「生きがい」と感じるものがあるかについてたずねたところ、「生きがいと感じるものがある」(30.3%)、「生きがいとまではいかないが、積極的に取り組んでいるものがある」(35.1%)、「特に何もない」(29.9%)と答えた人が、それぞれ3割前後となっています。(問12)

このページの作成担当

市民経済局市民生活部広聴課広聴係

電話番号

:052-972-3140

ファックス番号

:052-972-3164

電子メールアドレス

a3140@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ