ページの先頭です

幼稚園

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2013年9月25日

ページの概要:幼稚園の役割

幼稚園は、家庭との連携を図りながら、先生や友達との楽しい遊び、身近な自然やいろいろな人との触れ合いを通して、豊かな感性や友達とかかわる力、集団生活に必要な態度や友達を思いやる心などをはぐくみます。
また、学校教育の始まりとして、「幼稚園教育要領」に基づき、小学校以降の生活や学習の基盤となる好奇心や探求心、自分で行動する意欲や態度を培います。
さらに、「親と子の育ちの場」として、子育て相談や園庭開放等、家庭の子育てを支援します。
市内の幼稚園は、国公私立あわせて179園、そのうち名古屋市立幼稚園は23園、私立幼稚園は155園あります。(平成26年度)

受入可能年齢と教育時間

名古屋市立幼稚園

受入可能年齢は、3歳児から5歳児の幼児です。(ただし、荒子幼稚園は3歳児の受け入れはありません。)
教育時間は原則として、午前8時45分から、3歳児は午後1時30分、4・5歳児は午後2時までです。

私立幼稚園

受入可能年齢は、満3歳児から5歳児の幼児です。幼稚園によって3歳児から5歳児の場合もあります。
教育時間は、幼稚園ごとに異なります。また、通常の教育時間の開始前または終了後に預かり保育を実施している幼稚園もあります。
詳しいことは各幼稚園へお問い合わせください。

授業料とその他の経費

名古屋市立幼稚園は毎月の授業料の他に、教材費、PTA会費などが必要です。
また、入園の時には入園料がかかります。
私立幼稚園の場合は授業料の他に、教材費、PTA会費、給食費や通園バスの協力費などが必要です。授業料とその他の経費は幼稚園ごとに異なります。入学料も幼稚園ごとに異なります。
詳しいことは各幼稚園にお問い合わせください。
その他、名古屋市立幼稚園・私立幼稚園共に制服やスモック、体操服などの費用も発生します。

授業料等の減免・補助

幼稚園へ子どもを通わせている保護者の経済的負担を軽減するため、授業料等の減免・補助の制度があります。

市立幼稚園授業料等減免

私立幼稚園就園奨励補助・授業料補助

入園手続き

名古屋市立の幼稚園は、例年9月に募集要項を発表し10月中旬に願書を受け付け、面接等を経て10月下旬に入園を決定します。募集の対象年齢など詳しくは、最寄の幼稚園または教育委員会教職員課(電話番号:052-972-3243)にお尋ねください。

私立幼稚園の場合、各幼稚園で入園願書を配布し、願書の受付を行います。幼稚園によっては検定料が必要となる場合もあります。
詳しいことは各幼稚園または公益社団法人名古屋市私立幼稚園協会(電話番号:052-957-1396)にお問い合わせください。

幼稚園一覧

関連リンク

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ