ページの先頭です

平成18年12月4日 市長定例記者会見

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2009年4月28日

報告前

  • 区役所での住民票の写しの交付申請書と交付手数料の不明事件

報告事項

  • トライアングル・プロジェクトのキャンペーン
  • ネーミングライツの募集開始

話題事項

  • 大曽根西駅前広場と地下施設の完成

記者会見内容

平成18年12月4日10時30分から(第一会議室)

 皆さん、おはようございます。
 
 皆さんもご承知のとおり、区役所におきまして、住民票の写しの交付申請書と交付手数料の一部が不明となり、区役所の職員が関与を認めるという事件が発生しました。
 
 住民票の写しの交付という区役所の窓口における極めて基本的な事務の中で発生した事件でございまして、市民の皆様の信頼を裏切ることになり、誠に申し訳なく、心からお詫び申し上げます。
 
 綱紀保持の一層の徹底を図るとともに、再発防止策をとりまとめ、二度とこのようなことが起こらないよう万全を期して、市民の皆様の信頼の回復に全力をあげて取り組んでいきたいと思っております。
 
 先ほど行政監理委員会を開催いたしまして、現金収納事務の状況の全庁的な点検を実施し、総務局・収入役室で点検結果を検証するよう指示をいたしました。また、区役所における現金収納事務につきましては、監査委員に監査を要求することといたしました。
 
 なお、今回の事件については、本市として事実関係の正確な把握を行い、厳正・厳格な処分をいたします。
 
 ルーチンワーク、極めて基礎的なルーチンワークに係る、こういうような事件が発生すること、大変遺憾に思うのと同時に責任を痛感いたしております。誠に申し訳ありませんでした。
 
 
 それでは、本日は、2点報告させていただきます。
 
 1点目は、交通事故撲滅トライアングル・プロジェクトのキャンペーンについてでございます。
 
 10月18日に本市と名古屋市交通安全市民会議が協働いたしまして、「交通事故撲滅トライアングル・プロジェクト」を開始し、年末まで実施していくところでございます。
 
 11月の市内の交通事故死者数は、4人で昨年と同数でございました。これから年末にかけては、交通死亡事故が多発する時期でございますので、毎年、12月1日から10日まで実施している年末の交通安全市民運動の終了後も、市内繁華街におきまして、飲酒運転撲滅のキャンペーン活動を行います。
 
 このキャンペーンは、行政、地域住民の皆さんに加えまして、トライアングルの一つでございます飲食店を始めとした事業者の皆さんにも参加を呼びかけて、11日に栄地区、12日に金山地区と今池地区、22日に名古屋駅地区で開催をする予定でございます。なお、11日のキャンペーンには、私も参加をいたします。
 
 また、飲酒運転撲滅活動に賛同していただける市内の団体・事業者の募集を行い、協力していただける団体・事業所に飲酒運転撲滅用ステッカーを配布いたしております。現在までに950件ほどの申し出をいただき、ステッカーを貼っていただいているところでございます。
 
 名古屋市内の交通事故死者数は、昨日までで56人と昨年に比べ8人下回っておりますが、愛知県の交通事故死者数は依然として全国ワースト1位と非常に厳しい状況が続いております。
 
 こうした活動を通しまして、交通事故のない、安心・安全で快適なまちを実現してまいりたいと思っています。これが1点目ございます。
 
 2点目は、ネーミングライツの募集開始についてでございます。
 
 明日から、名古屋市民会館と名古屋市総合体育館において、ネーミングライツのスポンサー企業の募集を開始いたます。
 
 ネーミングライツ(命名権)は、施設の名称にスポンサー企業の名称や商品名などをつけ、その代わりに対価をもらうものでございまして、他の自治体では、横浜市の日産スタジアム、大分県のiichiko(いいちこ)総合文化センターなどで既に実施をされています。
 
 市民会館は文化振興の、あるいは、総合体育館はスポーツ振興の、本市の中心施設でございまして、どちらの施設も名古屋を代表する施設でございます。
 
 単に広告宣伝のためだけということではなく、文化やスポーツ振興、地域に貢献していただけるような熱意を持った企業にスポンサーになっていただきたいと思っています。また、そうした企業であれば、市民の皆さんも、共感を持って受け入れられ、名称も定着していくと思っています。
 
 スポンサー企業は、名古屋の会社に限るということではなく、幅広く募集いたします。東海地方では初めての試みでございます。
 
 今、日本で一番元気な名古屋ということですから、ぜひ多くの企業の皆さんに応募していただき、いっしょに名古屋を盛り上げていただきたいと思います。
 
 報告は以上でございますが、あと少しお話させていただきます。
 
 大曽根駅の西の駅前広場と地下施設が今月の20日に完成をいたします。この施設は、地上広場と地下3階からなっております。20日には、完成記念式典を開催し、私も出席する予定でございます。
 
 地上の駅前広場には市バスのりばを設けまして、広場と地下をエレベーターとエスカレーターで結ぶことで地下鉄と連絡し、市バス、JR、名鉄、ゆとりーとラインとの乗り継ぎが便利になります。
 
 駅前広場の地下1階には、吹き抜け広場を中心に店舗と自転車の駐車場を、地下2階には146台収容の駐車場を設置し、駅前商店街の賑わいに役立つようになっております。地下3階は、大雨に対応するとともに堀川の浄化にも効果のある雨水調整池を設置いたしました。6月より供用開始をしております。
 
 これらの駅前整備により、名古屋市北東部の玄関口である大曽根駅が、より便利で活用しやすくなりました。多くの人々が行き交うことになり、地域の活性化につながっていくものと、こんなふうに思っています。
 
 大変長い間かかった事業でございますが、ようやく完成をいたしました。
 
 私のほうからは以上です。

このページの作成担当

市長室 広報課報道係

電話番号

:052-972-3136

ファックス番号

:052-972-3355

電子メールアドレス

a3136@shicho.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ