ページの先頭です

2019年度ワカモノによるワカモノのための選挙啓発事業

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年2月5日
事業説明のための画像です。

応募要項

目的

2019年7月執行が予定されている参議院議員通常選挙(以下、「参議院選挙」という。)での選挙日の周知と投票の呼びかけを行う啓発事業(以下、「選挙時啓発」という。)または、日頃から若者が政治・選挙に関心を持つよう促す効果的な啓発事業(以下、「常時啓発」という。)を募集します。

対象事業

選挙時啓発または常時啓発
※以下は対象事業の一例です。

  • 街頭啓発
  • シンポジウム開催
  • 学習会
  • 動画制作
  • 啓発資材制作

ただし、以下の応募資格、事業内容、事業の実施及びその他の条件に掲げる事項をすべて満たすものを対象とします。

応募資格

名古屋市内に所在する大学、短期大学及び専門学校等に在籍する学生が構成員の過半数を占めている団体が自ら企画・実施する事業であること。この事業を実施するために新たにつくった団体や集まり(グループ)が企画・実施する事業も対象とします。

事業内容

以下に該当しない事業である必要があります。

  • 選挙の公正を損なう恐れのあるもの
  • 宗教活動または営利を目的とするもの
  • 破壊行為または暴力的活動を目的とするもの
  • 公序良俗に反するもの

事業の実施期間

事業の企画・準備はこの期間より前に行うものであっても対象とします。

  • 参議院選挙に関する事業は、2019年5月下旬から参議院選挙投票日までです。
  • 常時啓発に関する事業は、2019年7月下旬から2020年3月31日(火曜日)までです。

その他の条件

  • 事業実施に当たっては、名古屋市選挙管理委員会事務局と入念な打ち合わせを行うこと。
  • 事業完了後すみやかに、実績報告書等を提出すること。

事業実施に対する謝礼

1事業10万円を上限に実績報告書類審査後、すみやかに支給します。

(選挙時啓発については各選挙1事業、常時啓発については3事業まで応募可)

募集のスケジュール

選挙時啓発

参議院選挙(2019年7月執行予定)につきましては、以下のとおり予定をしております。

  • 募集開始:2019年2月4日(月曜日)
  • 企画提案書及び収支予算書の提出期限:2019年4月30日(火曜日)
  • 審査:2019年5月上旬(予定)
  • 審査結果発表 :2019年5月中旬(予定)
  • 活動対象期間 :2019年5月下旬から参議院選挙投票日当日まで

※市県議会議員選挙(2019年4月7日執行)につきましては、募集を終了しております。

常時啓発

常時啓発につきましては、以下のとおり予定をしております。

  • 募集開始:2019年2月4日(月曜日)
  • 企画提案書及び収支予算書の提出期限:2019年6月28日(金曜日)
  • 審査:2019年7月上旬(予定)
  • 審査結果発表 :2019年7月中旬(予定)
  • 活動対象期間 :2019年7月下旬から参議院選挙投票日当日まで

応募手続き

企画提案書(様式1)及び収支予算書(様式2)を作成し、直接下記の「応募・問合せ先」まで持参またはメールにて提出してください。募集要項および応募用紙は以下からダウンロードできます。

企画提案書(様式1)及び収支予算書(様式2)

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く
  • 企画提案書(様式1)及び収支予算書(様式2)、必要に応じて追加で資料等の提出をお願いすることがあります。
  • 応募書類提出時、事業内容についての説明を求めますので御対応ください。
  • 御提出いただいた書類は返却しません。
  • 個人情報については、名古屋市選挙管理委員会事務局において責任を持って管理し、当事業においてのみ使用します。

審査

応募書類等に基づき審査を実施します。次の観点から総合的に判断し、採択の可否を決定します。

  • 若年有権者に投票参加を促す効果的な事業であるか。
  • 若年有権者が選挙を自分ゴトとして考えるきっかけになるような啓発事業であるか。今後の選挙への関心を持たせるような啓発事業であるか。
  • 事業内容が具体的で実現可能か。
  • 提案事業を遂行できる体制が整っているか。
  • 予算案と事業内容に整合性があるか。
  • 事業内容に学生ならではの視点が取込まれているか。

審査結果

全ての応募者に対し、文書により事業の採択及び謝礼金の額または不採択の通知をします。(市県議会議員選挙については、本市予算の議決前のため内示とし、予算の確定後、正式に通知します。)

謝礼金の使途

謝礼金の使途は、名古屋市選挙管理委員会事務局が認めるものに限ります。主なものは次の表のとおりです。

謝礼金の使途

項目

内容

諸謝金

外部協力者に対する謝金等

通信運搬費

郵送料や宅配便代金等

消耗品費

文具類、封筒及び紙の購入費等

印刷製本費

事業のチラシや報告書の作成・印刷経費等

広告費

事業周知のためのポスター及び広告の掲出料等

賃借料

イベント会場等の使用、機材のレンタル料等

保険料

団体構成員のボランティア保険料、事業のイベント保険料等

その他経費

イベントステージの設営工事の委託料等

なお、原則として飲食費(事業実施に要する食材料費を除く。)や交際費など事業実施に必要でない経費への充当はできないこととします。経費の確認のため、実績報告書提出時に領収書または支払金額のわかる書類を提示いただき必要に応じて写しを徴取します。

謝礼金の支給停止等

次のいずれかに該当するときは、謝礼金の支給を止め、またはその金額を変更することがあります。既に支給している場合は返還を求めます。

事情変更によるもの

  • 天災等、事情の変更により、事業を継続することができない、または継続する必要がなくなった場合
  • 事業の遂行に必要な手段を使用することができない、謝礼金以外の経費を負担することができない等事情により、事業を遂することができなくなった場合

不正等によるもの

  • 虚偽の申請、報告等、不正の手段により謝礼金を受けようとした場合、または受けた場合
  • 本要項に掲げる条件等を満たさない場合
  • 事前に承認を受けずに採択事業の内容を大幅に変更したとき
  • 定める期日までに実績報告書の提出がない場合

応募・問合せ先

名古屋市選挙管理委員会事務局啓発担当

〒460-8508  名古屋市中区三の丸三丁目1番1号

電話番号 052-972-3316

電子メールアドレス a3316@senkyokanri.city.nagoya.lg.jp

応募要項のダウンロード

応募要項は以下からダウンロードできます。

採択事業実績

市議会議員選挙(2019年4月7日執行)向け事業

名古屋市立大学芸術工学部の学生を中心とした『若者の選挙参加啓蒙 短編映像制作』事業を採択しました。

若者に投票を促す2本の動画を作成しました。下記リンク(なごや動画館まるはっちゅーぶ)からご覧いただけます。

このページの作成担当

選挙管理委員会事務局 啓発担当

電話番号

:052-972-3316

ファックス番号

:052-972-4180

電子メールアドレス

a3316@senkyokanri.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ