ページの先頭です

「平成27年度栄ふんすいにぎわい広場社会実験」における公園パートナー候補が決定しました

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年3月13日

ページの概要:久屋大通公園からにぎわいとともに、公園の魅力アップと栄地区の活性化を図るため、公園の公共目的に沿った企画提案事業を実施していただく公園パートナーを選定しました。

社会実験の趣旨

 名古屋市公園経営基本方針では、都心の公園などイベント需要の高い公園の広場を対象にした「にぎわい広場の制度設計」を行うとしています。

 この社会実験では、にぎわいとともに都心の公園にふさわしい良質な空間を創出することにより、公園の魅力アップをめざします。

参考

選定された公園パートナー候補及び提案事業の概要等

公園パートナー候補

株式会社みちのく屋 (名古屋市中区大須4丁目)

※公園パートナーとは、公園での事業実施を通して、公園のにぎわいの創出を図るとともに、会場となる希望の広場周辺の清掃や、寄附金により公園へ貢献する事業者のことです。

開催予定期間

平成27年4月24日(金曜日)から7月20日(月曜日)まで

提案事業の概要

 東北の企業に出店してもらい、ブース形式で東北の味を身近に食べる場を提供する。東北の祭り、文化、音楽をPRするイベントもあわせて開催する。

選定の経緯

公募期間

平成27年1月13日(火曜日)から2月20日(金曜日)まで

応募者総数

2者

選定委員会の委員

座長:向井 清史(名古屋市立大学大学院 経済学研究科教授)

委員:伊藤 康隆(一般社団法人中部経済連合会 会員部課長)

委員:岩山 健(公園管理運営士会 副会長・東海支部長)

委員:佐藤 久美(金城学院大学 国際情報学部教授)

委員:森 旬子(名古屋市立大学大学院 芸術工学研究科教授)

選定委員会の開催日時

第1回選定委員会:平成26年12月12日(金曜日)午前10時00分から午後0時00分まで

審査項目及び審査基準等の決定

第2回選定委員会:平成27年2月26日(木曜日)午前9時30分から午後0時00分まで

書類審査及びヒアリング審査

選定委員会の講評

 2者から飲食の提供を中心にした企画の提案がありました。

 第1位となった提案は、ミュージシャンによるライブや東北の祭りに関する催事などを楽しんでいただきながら、地場産品を提供するというもので、企画内容が魅力的で、よりにぎわいが期待できると判断しました。また、東北の自治体や経済団体と連携しての企画であること、周辺地域に配慮した提案があることも評価のポイントとなりました。

 一方、第2位となった提案は、都会の中心で、手軽にバーベキューが楽しめるという内容であり、そのアイデアを高く評価する意見もありました。

 事業の実施にあたっては、都心の公園にふさわしい空間になるように店舗や看板等のデザインにも配慮をし、希望の広場の魅力の向上に努められることを期待します。

 

※参考 過去の実施事例

栄ふんすいビヤフェスタ2013

公園パートナー:株式会社サッポロライオン

事業期間:平成25年5月8日から平成25年9月30日(146日間)

あったか鳥鍋だんらん

公園パートナー:栄ふんすいにぎわい屋台実行委員会(代表:株式会社アド・ライブ)

事業期間:平成25年11月7日から平成25年12月27日(51日間)

東北屋台村inナゴヤ

公園パートナー:株式会社みちのく屋

事業期間:平成26年5月3日から平成26年7月21日

お問合せ先

緑政土木局 緑地部 緑地利活用室(市役所西庁舎5階)

住所:460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1番1号
電話番号:052-972-2489
ファックス番号:052-972-4142
電子メールアドレス:a2489@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

応募手続き(参考)

※募集は終了しています。下記は募集について参考に掲載しているものです。

募集の概要

1 場所

久屋大通公園 希望の広場(名古屋市中区錦三丁目)

2 事業対象期間

平成27年4月20日(月曜日)から平成27年7月23日(木曜日)まで

※この期間のうち、2日間以上のイベントを募集します。
※上記の事業対象期間には、会場の設営と撤去の期間を含みます。 

3 使用料

 公園使用料は、1日あたり15,480円以上の提案額とします。

 この募集による事業の実施にあたっては、都市公園法又は名古屋市都市公園条例に基づく許可を受けた上で、公園使用料を名古屋市にお支払いいただきます。

使用料に関する補足

  1. 公園使用料の15,480円は、「1平米あたり8円×1,935平米(広場面積)」によって計算された金額です。
  2. 使用料は、設営及び撤去の期間もお支払いいただきます。また、施設等が設置されている場合は、催事等の開催の有無を問わず、使用料をお支払いいただきます。
  3. 提案書の内容の実施にあたっては、名古屋市と協議をし、協定書を締結した上で、名古屋市都市公園条例第4条に基づく「行為許可」又は、都市公園法第5条第1項に基づく「設置許可」を受けていただきます。また、事業の実施にあたって、提案内容の一部修正を求めることがあります。

    ※「行為許可」とは、久屋広場などで行われているようなイベントを行うのに必要な許可のことです。行為許可による場合の使用料は、提案額に関わらず1日あたり15,480円とします。

    ※「設置許可」とは、「公園利用者のための飲食・物販等の施設」を設置するために必要な許可のことです。設置許可による場合の使用料は、1日あたり最低15,480円とし、1日あたり15,480円以上の金額をご提案いただきます。

  4. 公園使用料は、原則として公園を使用する日の前日までに納付していただきます。

4 公園パートナーに応募できるもの

  1. 以下の要件を満たし、かつ、本事業の趣旨に賛同し、提案内容に関する事業の運営実績とその能力を有している者とします。

    ア 名古屋市内に本店、支店、営業所等の事業の拠点があること

    イ 都市公園法の許可までの間に、「名古屋市が行う契約等からの暴力団関係事業者の排除に関する合意書」(平成20年1月28日付名古屋市長等・愛知県警察本部長締結)及び「名古屋市が行う公有財産の売払い及び貸付の契約等からの暴力団関係事業者の排除に関する取扱要綱」(平成20年2月15日付19財管第253号)に基づく排除措置を受けていない者

    ウ 選定委員会委員が経営又は運営に直接関与していないもの

  2. 上記の要件を満たせば、複数の法人等で構成するグループ(共同事業体)も対象とします。その場合はいずれかの法人等を代表者としてください。なお、提案するイベント開催日が重なる場合は、同時に複数のグループの構成員となることはできません。

応募手続き

1 募集要項の配布

  • 配布期間
    平成27年1月13日(火曜日)から平成27年2月20日(金曜日)
  • 配布場所
    名古屋市 緑政土木局 緑地利活用室(市役所西庁舎5階)

※募集要項については、本ページ下段からダウンロードできます。

2 募集要項に対する質問

募集要項の内容に関して質問がある場合は、質問書を提出することができます。

  • 使用様式
    様式5
  • 提出方法
    電子メール

3 企画提案書等の提出

企画提案書等の記入方法は、必ず募集要項でご確認ください。

  • 提案受付期間
    平成27年1月13日(火曜日)から平成27年2月20日(金曜日)午後5時まで
  • 提出方法
    下記の提出先へ持参又は郵送(郵送の場合は、提出期限までに必着のこと。)
  • 提出先
    名古屋市 緑政土木局 緑地利活用室(市役所西庁舎5階)

審査

1 審査方法

 提案書の審査は、「栄ふんすいにぎわい広場社会実験公園パートナー選定委員会」が行います。

 審査は、提案書類に基づくヒアリングにより行います。したがいまして、提案者には、選定委員会において、提案内容に関するプレゼンテーションを実施していただきます。ヒアリングは、平成27年2月26日(木曜日)午前に実施を予定しています。

2 公園パートナーの決定

 委員の採点による点数が高い順に、順位点を1位は1点、2位は2点、というように付け、各委員の順位点の合計が最も少ないものを第1位提案として、二番目に少ないものを第2位提案として選定します。
 この結果、第1位提案を公園パートナー(許可申請候補者)とします。なお、日程が重複しないと判断できる提案がある場合は、他の提案も公園パートナー(許可申請候補者)とすることがあります。

 公園パートナー(許可申請候補者)となった事業者が、その資格を取り消されたり、辞退するなど、事業遂行が困難となった場合には、第2位提案の提案者を公園パートナー(許可申請候補者)とします。

 また、審査の結果、提案内容が一定の水準に満たない場合などは、該当なしとする場合があります。

募集要項等関係書類

募集要項と各様式を下記よりダウンロードできます。

募集要項・様式

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

参考情報

参考情報として、希望の広場周辺の交通量調査(平成25年3月実施)の結果を掲載します。

参考情報

このページの作成担当

緑政土木局緑地部緑地利活用室公園経営係

電話番号

:052-972-2489

ファックス番号

:052-972-4142

電子メールアドレス

a2808@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

公園経営の取り組みに戻る

「平成27年度栄ふんすいにぎわい広場社会実験」における公園パートナー候補が決定しましたの別ルート

ページの先頭へ