ページの先頭です

「栄ふんすいビヤフェスタ2013 水と緑の希望の広場」の開催について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年3月4日

ページの概要:久屋大通公園・希望の広場における「にぎわい広場の制度設計」のための社会実験「栄ふんすいビヤフェスタ2013」の説明です。

社会実験の実施

ビヤフェスタ会場の写真。噴水とテレビ塔を背景にビアガーデンを楽しんでいる。

平成25年5月23日から平成25年9月23日まで、久屋大通公園希望の広場で、公園パートナーによる社会実験・ビヤフェスタを開催しました。

趣旨

 平成24年6月に公表した「名古屋市公園経営基本方針」に基づく事業展開の1つとして、都心の公園などイベント需要の高い公園の広場を対象にした「にぎわい広場の制度設計」を検討しています。

 札幌市の大通公園で開催される「さっぽろ夏まつり」で人気を博している福祉協賛のビアガーデンの事例を参考に、公園の夏の風物詩となるビヤフェスタの開催を通じて、にぎわいや魅力アップの効果・課題等を、実践的に検証します。

事業者の選定

 ビール酒造組合に加盟している事業者より事業提案を募集し、書面審査及びヒアリングにより、株式会社サッポロライオンを公園パートナーとして選定しました。

公園パートナーとしての取り組み

株式会社サッポロライオンは、公園パートナーとして次の取り組みを行いました。

  • 本市公園事業に協賛しての寄附
  • エリア内公園花壇の花の充実・植栽の手入れ
  • 地元団体とのコラボレーションによるにぎわいの創出

このページの作成担当

緑政土木局緑地部緑地利活用室公園経営係

電話番号

:052-972-2489

ファックス番号

:052-972-4142

電子メールアドレス

a2808@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ