ページの先頭です

中土木トピックスvol.1(社会実験中。栄の歩道が歩きやすくなりました。)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2013年4月1日

社会実験中。栄の歩道が歩きやすくなりました。

臨時駐輪場

平成24年10月1日から中区栄地区において自転車の二列駐輪をなくし、歩きやすい歩道にするため、久屋大通公園市営バスターミナル北側に臨時の自転車置場をつくりました。

栄地区は人通りが多いにもかかわらず放置自転車により、歩道が狭くなっているところがあります。なかでも、久屋大通と広小路通との交差点付近は二列駐輪が日常化していました。そのため、歩行者と自転車が狭い空間に集中するため危ないといった意見をいただくなど、問題のある場所となっていました。

そこで、バスターミナル北側に臨時駐輪場をつくり、二列駐輪を解消する社会実験を行うことにしました。地元や沿道の企業の方々、中警察署、交通局、中区役所と一緒に10月1日から10月8日までキャンペーンを行い、通勤通学で長時間駐輪する人に臨時駐輪場を利用してもらうように誘導や啓発を行ったところ、自転車利用者の協力をえられ、二列駐輪が解消し、歩きやすい歩道になりました。

社会実験前

社会実験前の状況

社会実験後

社会実験後の状況

栄に来たときには、歩きやすくなった歩道をぜひ歩いてみてください。そして、自転車を利用するときには、駐輪場所を確認し、一人一人がルールやマナーを守って、快適な歩道をつくることにぜひご協力ください。

 

栄自転車等放置禁止区域

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

緑政土木局 中土木事務所

電話番号

:052-261-6641

ファックス番号

:052-252-0742

電子メールアドレス

a2616641@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ