ページの先頭です

名チャリ社会実験2010の実施報告について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2011年6月1日

実施報告

「名チャリ社会実験2009」は、コミュニティサイクルという新しい交通システムを知ってもらい、体験してもらうことに主眼を置き、無料貸出・有人管理として実施しました。

実験結果からは、名古屋のまちにおける「コミュニティサイクル」の需要を確認することができましたが、一方で様々な課題も見つかりました。

そこで、平成22年10月1日より2ヶ月間実施した「名チャリ社会実験2010」は、昨年の実験の結果を受け、将来、このコミュニティサイクルが本格実施できるかどうかを検証することを目的として実施しました。

みなさまのご協力もあり、平成22年11月30日をもちまして、無事に社会実験を終えることができました。

このたび、社会実験の効果や本格導入時における課題、利用状況や利用者に対するアンケートの結果における主な事項をまとめ、より手軽に見ていただけるように報告書の概要版を作成しましたのでお知らせします。

詳細をまとめた報告書につきましては、引き続き、名チャリのホームページにてご覧ください。

なお、今後は名古屋の実情に合わせたコミュニティサイクルの本格導入に向け、事業効果や採算性等、継続的な事業の実施について検討を進めてまいります。

 

名チャリ社会実験2010報告書【概要版】

報告書に記載されている内容を一部抜粋し、より読みやすいように概要版を作成しました。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

名チャリ社会実験2010報告書【詳細版】

社会実験の実施記録や実施結果及びコミュニティサイクルの本格導入時における課題をまとめた詳細の報告書は、名チャリのホームページにてご覧ください。

利用者アンケート

名チャリの利用実態や本格導入に対する利用者の意向等を調査しました。

利用回数においては、11回以上利用された方が約5割にのぼり、高頻度に利用されたことが分かりました。

運営面における要望としては、実施エリアの拡大や運営時間の延長等、更なる利便性の向上を求める声が多くありました。

また、名チャリの導入効果として、「放置自転車の削減」、「CO2の削減」、「まちのにぎわいの創出」につながると考えられますが、CO2の削減及びまちのにぎわいの創出については、約9割の方がこれらの効果について認めています。

名チャリの本格導入については、ほぼすべての方が「良いこと」だと回答しています。

利用者アンケートの詳細の結果につきましては、以下の添付ファイルをご覧ください。

平成22年度第5回市政アンケート

コミュニティサイクルが有料にて実施された場合、利用したいかどうかを尋ねたところ、条件付きも含め、「利用したいと思う」と回答した方が約5割にのぼり、有料であってもコミュニティサイクルには一定のニーズがあることがわかりました。

なお、詳細の結果につきましては、平成22年度第5回市政アンケート(調査結果)にてご確認ください。

実験の詳細

1 概要

実施期間

平成22年10月1日(金曜日)から11月30日(火曜日)まで(61日間)

利用時間

午前8時から午後8時まで(最終貸出は午後7時45分まで)

実施エリア

名古屋駅地区から栄地区まで

ステーション数

30箇所

貸出自転車台数

300台(リサイクル自転車100台及びオリジナル自転車200台)

会員登録料

  • 全期間2,000円
  • 11月のみ1,000円
  • 1週間500円
  • 1日300円

※専用IC会員証のほか、お手持ちのFeliCa対応のICカード・おサイフケータイも会員証としてご利用いただけます。なお、専用IC会員証発行の場合は、別途500円必要となります。

利用料

30分以内は無料。以降30分ごとに200円課金。

貸出及び返却方法

ICカード等の利用によるセルフサービス

決済方法

クレジットカードによる決済

その他

(1)主催:名チャリ社会実験実行委員会

  • 名古屋市
  • 名古屋大学大学院環境学研究科
  • 名古屋都市センター
  • NPO法人市民・自転車フォーラム
  • 事業パートナー

(2)運営:事業パートナー「名チャリエコポート2010事業チーム」

  • 株式会社創建
  • 蔦井株式会社
  • 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
  • 株式会社JTB首都圏

(3)協力:国土交通省

(4)特別協力:チャレンジ25キャンペーン(環境省)

2 会員登録

実験が終了しているため、現在、会員登録は受け付けておりません。

登録期間

平成22年9月1日(水曜日)から11月30日(火曜日)まで

登録条件

13歳以上(子供用の自転車及びヘルメットの用意はありません。)

※個人会員のほか、法人や家族会員も登録可能

登録方法

ウェブ登録:以下のホームページにて登録できます。

窓口登録:以下の6ヶ所にて登録できます。

  • 名チャリ運営事務局(名古屋市中区錦一丁目7番44号NPGビル8階)
  • JTB名古屋駅前店(名古屋市中村区名駅四丁目5番27号大一名駅ビル1階)
  • JTB伏見店(名古屋市中区栄二丁目1番1号日土地名古屋ビル1階)
  • JTB栄店(名古屋市中区栄三丁目6番20号辰晃ビル1階)
  • 名鉄百貨店メンズ館西ステーション
  • 名古屋テレビ塔ステーション

郵送登録:所定の登録用紙に必要事項を記入の上、「名チャリ運営事務局」まで郵送してください。
※登録用紙は、名チャリ社会実験2010ホームページからダウンロードできるほか、上記6ヶ所の窓口や名古屋市役所緑政土木局自転車利用課でも配布しています。

3 ステーション協力企業

 本年度は、22社の企業のみなさまに、ステーションの設置にあたってご協力いただきました。

 本年度も昨年度に引き続き、無償で場所を提供していただいています。

 昨年度と違い、本年度の社会実験では、ステーションが機械式となったことで、設置の際に多くのスペースが必要となったり、電源の確保が必要とななったため、調整が非常に難航しました。

 しかしながら、最終的には、みなさまの多大なるご協力のおかげで、ステーションを30ヶ所設置でき、社会実験を無事実施することができました。

 心より御礼申し上げます。

名チャリ社会実験2010ステーション協力企業

風景

名チャリ社会実験2010で始めて導入したオリジナル自転車

今回の社会実験で新たに導入した「オリジナル自転車」

河村市長が「名チャリ」を借りる様子

「名チャリ」を借りる様子

矢場公園のステーション

ステーションを設置した様子(矢場公園)

中京テレビの本多アナウンサーが名チャリを利用する様子

中京テレビの本多アナウンサーにも使っていただきました

関連リンク

このページの作成担当

緑政土木局路政部自転車利用課駐車対策係

電話番号

:052-972-2877

ファックス番号

:052-972-4183

電子メールアドレス

web-jitensha@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ