ページの先頭です

第29回 なかむら音楽会「松蔭高校和太鼓部演奏会」開催報告

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年3月19日

ページの概要:令和2年1月18日に実施した第29回なかむら音楽会の紹介をします。

プロで活躍中の音楽家などによる素晴らしい演奏をお聴きいただき、日常生活を少しでも豊かにしていただくきっかけづくりを目的とした「なかむら音楽会」。その第29回を開催しました。

日時 令和2年1月18日(土曜日) 

  • 第1部 午後1時30分から午後4時00分
  • 第2部 午後5時30分から午後8時00分

場所 中村文化小劇場(名古屋市中村区中村町茶ノ木25番地 中村公園文化プラザ3階)

松蔭高校和太鼓部演奏会

昨年度も開催し、整理券が瞬く間になくなってしまった「松蔭高校和太鼓部演奏会」。今回は2部制とし、抽選制とさせていただきましたが、各部とも定員を超えるご応募があり、当日も開場の1時間前から来場者の方がみえるなど、和太鼓部の人気の高さを改めて感じることができました。

出演者

松蔭高等学校和太鼓部

プログラム

  1. It’s Show Time!
  2. Sing  Sing  Sing 
  3. 屋台囃子
  4. ぶち合わせ太鼓
  5. 山車囃子
  6. 早神楽
  7. 神楽太鼓組曲「祈り」

--------休憩--------

  1. 口上
  2. 街道(みち)
  3. 岡崎くずし
  4. 阿修羅
  5. ダンデライオン
  6. 天平太鼓
  7. 三宅
  8. エンカウンター 

当日の様子

  • 会場は多くの来場者でいっぱいでした。
  • 照明や背景などの演出にもこだわった舞台でした。
  • 出演者のバチさばきは圧巻。転換が早い舞台でしたが、疲れも見せず最後まで全力でした。
  • カラフルな衣装で演奏する曲目もあり、目にも楽しい音楽会となりました。

会場は演奏を楽しみにする方でいっぱいになりました。2時間30分という長時間の演奏となりましたが、伝統的な曲目からオリジナルの曲目まで、息もつかせぬ展開でお楽しみいただけたかと思います。

出演者にとってもめまぐるしい場面転換でしたが、最後まで疲れた様子を見せずに全力で演奏してくれました。力いっぱい太鼓をたたく姿に、来場者からは大きな拍手が送られました。

  • 1つの太鼓を複数人で演奏する曲目もあり、最後のポーズまできちんと決めてくれました。
  • 獅子が客席へと降りて、来場者の頭をがぶり。獅子に噛まれると、その1年健康に過ごせるという言い伝えがもとになっているそうです。
  • 出演者による曲の説明もありました。
  • 曲と曲との間は短いものでしたが、出演者は早着替えにも慣れた様子で、美しい衣装で舞台に登場してくれました。

「獅子に噛まれると1年健康に過ごせる」という言い伝えのもと、演目の1つでは獅子が客席へと降りて、希望者の頭をがぶり。噛まれた来場者は嬉しそうな様子でした。

インフルエンザの影響で、今回の音楽会に出演できない部員も複数いたとのこと。この状態で、本当に来場者の方にお楽しみただけるような音楽会をつくりあげることができるのか、大変悩んだそうです。しかし、多くの方が楽しみにしてくれている音楽会を中止にするわけにはいかないと、先輩たちにも力を借りるなど、皆が一丸となってこの音楽会に臨んだとのことでした。

プログラム上の最後の曲目は’出会い’を意味する「エンカウンター」。‘太鼓との出会い’だけでなく、先生・先輩・コーチなどの‘人との出会い’という意味も込められた曲です。和太鼓部での活動を通して部員・卒業生が固い絆で結ばれていることを感じることができました。

アンコール曲は「イン・ザ・グルーヴ」。躍動感あふれる演奏が、今回の音楽会の締めにふさわしいものとなりました。

アンケートでも、来場者の方から熱いメッセージが寄せられました。印象に残った曲目を挙げてくださる方が多くいたほか、「高校生とは思えない素晴らしい演奏で感動した」といったお声が寄せられました。また、何人もの方から「なぜかは分からないけど涙が出た」というお言葉をいただいたのが非常に印象的でした。出演者のひたむきな思いが、来場者に届いたように感じられ、松蔭高等学校和太鼓部が目指す’心に響く演奏’・’心揺さぶる演奏’を実現できていたのではないかと思いました。

今年度のなかむら音楽会は今回が最後となります。次年度以降の詳しい開催情報については、「広報なごや中村区版」、「中村区ウェブサイト」などでお知らせします。

またのご来場をお待ちしております。

このページの作成担当

中村区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-453-5322

ファックス番号

:052-453-5323

電子メールアドレス

a4535322@nakamura.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ