ページの先頭です

令和元年度「中村区区民アンケート」の結果について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年11月22日

ページの概要:令和元年度「中村区区民アンケート」の実施結果を公表します。

調査の概要

1 目的

区民の皆さまのご意見などを窓口サービスの向上や業務改善、今後の区政運営の参考にするため実施する。

2 調査の地域

中村区の全域

3 対象者

中村区に居住する満20歳以上の方 2,500人(外国人を含む)

4 対象抽出方法

無作為抽出

5 調査方法

通達員により配布後、郵送にて回収

6 調査期間

令和元年6月11日から令和元年7月11日

7 回答者数

936人(回答率37.4%)

調査結果

アンケート調査結果については以下のとおりです。なお、このページの下部からダウンロードが可能です。

1 あなた自身のことについておたずねします。

問1‐1 性別

  1. 男性 43.4%
  2. 女性 53.8%
  3. その他 0.0%
  4. 未回答 2.8%

問1‐2 年齢

  1. 20歳代 7.1%
  2. 30歳代 11.8%
  3. 40歳代 13.4%
  4. 50歳代 16.3%
  5. 60歳代 20.2%
  6. 70歳以上 28.6%
  7. 未回答 2.7%

問1‐3 国籍

  1. 日本 96.4%
  2. その他 1.2%
  3. 未回答 2.5%

問1‐4 職業

  1. 会社員・公務員 30.2%
  2. 自営・自由業 9.9%
  3. 契約社員・派遣社員 2.6%
  4. パート・アルバイト 12.3%
  5. 家事専業 13.7%
  6. 学生 1.2%
  7. 無職(定年後も含む) 25.4%
  8. その他 1.8%
  9. 未回答 2.9%

問1‐5 家族人数

  1. 単身 19.6%
  2. 2人 29.8%
  3. 3人 20.4%
  4. 4人 16.6%
  5. 5人 6.9%
  6. 6人 2.4%
  7. 7人以上 1.4%
  8. 未回答 3.0%

問1‐6 居住学区

  1. 日比津 64名
  2. 諏訪 36名
  3. 稲葉地 96名
  4. 稲西 34名
  5. 中村 154名
  6. 豊臣 37名
  7. 本陣(ほのか) 33名
  8. 則武(ほのか) 30名
  9. 亀島(ほのか) 31名
  10. 新明(笹島) 5名
  11. 六反(笹島) 10名
  12. 牧野 28名
  13. 米野 49名
  14. 日吉 56名
  15. 千成 63名
  16. 柳 46名
  17. 岩塚 78名
  18. 八社 31名
  19. わからない 31名
  20. 未回答 24名

問1‐7 居住年数

  1. 1年未満 2.1%
  2. 1年以上5年未満 8.1%
  3. 5年以上10年未満 7.4%
  4. 10年以上20年未満 11.0%
  5. 20年以上30年未満 11.9%
  6. 30年以上40年未満 13.9%
  7. 40年以上50年未満 13.9%
  8. 50年以上 29.2%
  9. 未回答 2.6%

2 「令和元年度中村区区政運営方針」全体についておたずねします。

問2‐1 このアンケートを記入するまでに、中村区役所が区政運営方針を策定していることを知っていましたか。

  1. 知っていて、内容も知っていた 3.2%
  2. 策定していることは知っていたが、内容は知らなかった 18.6% 
  3. 策定していることも知らなかった 72.4%
  4. 未回答 5.8%

問2‐2 構成や内容などは分かりやすいものでしたか。※問2‐1で「1」とお答えの方におたずねします。

  1. わかりやすい 63.3%
  2. わかりにくい 6.7%
  3. どちらともいえない 16.7%
  4. 未回答 13.3%

問2‐3 どのような手段でお知りになりましたか。※問2‐1で「1」、「2」とお答えの方におたずねします。

  1. 広報なごや6月号中村区版 69.6%
  2. 中村区のホームページ 5.9%
  3. 中村区役所の情報コーナー 8.3%
  4. 中村区役所以外の公共施設のカウンター 2.0%
  5. その他(「町内会」、「回覧板」など) 9.8%
  6. 未回答 4.4%

3 「安心・安全で快適なまち」についておたずねします。

問3‐1 以前(おおむね5年前)と比較して中村区では防災意識が高まったと思いますか。

  1. 思う 12.3%
  2. どちらかといえば思う 30.2%
  3. どちらかといえば思わない 13.4%
  4. 思わない 11.6%
  5. わからない 31.3%
  6. 未回答 1.2%

問3‐2 以前(おおむね5年前)と比較して中村区では交通事故・犯罪が少なく安心して暮らせるようになったと思いますか。

  1. 思う 5.4%
  2. どちらかといえば思う 18.9%
  3. どちらかといえば思わない 24.1%
  4. 思わない 23.4%
  5. わからない 26.8%
  6. 未回答 1.3%

問3‐3 以前(おおむね5年前)と比較して中村区では清潔で快適に暮らせるようになったと思いますか。

  1. 思う 12.6%
  2. どちらかといえば思う 36.2%
  3. どちらかといえば思わない 13.4%
  4. 思わない 13.7%
  5. わからない 22.8%
  6. 未回答 1.4%

問3‐4 中村区の安心・安全で快適なまちづくりについて、お気づきの点やご意見などがございましたら、ご自由にお書きください。(回答数:315件)

※下記のご意見等は、いただいたご回答の一部を掲載しております。

  • 見通しの悪い交差点が多くカーブミラーを設置して欲しい所が多数ある。
  • 街灯が少なく、夜道がこわい。もっと街灯や防犯カメラを設置して欲しい。
  • 名古屋駅周辺の駐輪場の整備。
  • 自転車専用ゾーンが公道にほぼなく、すぐ横を車が通るので危険。
  • 学区または地区において「防犯教室」みたいな講演をして欲しい。地区(町内)ならば浸透しやすい。
  • 競輪場・風俗店が住宅地に混在しているため、安心や安全という町からはかけ離れていると思います。
  • 留学生に日本での社会的常識を教えて欲しい。例えば、ゴミの出し方、夜中に大声でしゃべらない、自転車運転のマナー等。
  • 6月のクリーンキャンペーンは町内で大勢の人が出て、草取り、清掃を行いました。とても良い事だと思います。しかし、猫とカラスが増えて困っています。エサをやる人がいて注意してもなかなかやめないので本当に頭が痛いです。
  • 交通量の多い場所にガードレールがあると、安心して歩行できると思います。子供の登下校に大人の付き添いがあると安心。
  • 中村区民を対象にした防災イベントの開催。福祉向けの特別な対応が必要な方がどのように避難し、一定期間をどこで過ごすのか具体的なプランを行政・民間・NPO・PTAで作りたい。
  • パトロールが多い(地域や色々な団体)のは防犯にもとても役立つと思います。パトロールされている方々はとても大変だとは思いますが、ぜひ続けて頂きたいです。
  • 大規模な災害の際、中村区らへんは液状化が心配されているとみたことがあるので、防災について区民に発信してもらえると安心だと思う。
  • 高齢者が多く住む区なので仕方がないが、防犯や災害を推進する若者が少なく、高齢者の善意に頼りきっているのはこの先不安がある。
  • 地震に対する備えは以前から言われているので、準備をしているが、河川の氾濫についての知識はあまりなく、庄内川が決壊した時どうなるのか心配。

4 「いきいきと暮らせる『支え愛』のまち」についておたずねします。

問4‐1 以前(おおむね5年前)と比較して中村区では子育てしやすいまちになったと思いますか。

  1. 思う 7.6%
  2. どちらかといえば思う 20.9%
  3. どちらかといえば思わない 9.2%
  4. 思わない 7.9%
  5. わからない 51.7%
  6. 未回答 2.7%

問4‐2 以前(おおむね5年前)と比較して中村区では高齢者が暮らしやすいまちになったと思いますか。

  1. 思う 7.1%
  2. どちらかといえば思う 29.6%
  3. どちらかといえば思わない 13.1%
  4. 思わない 10.4%
  5. わからない 38.4%
  6. 未回答 1.5%

問4‐3 以前(おおむね5年前)と比較して中村区では障害者が暮らしやすいまちになったと思いますか。

  1. 思う 5.6%
  2. どちらかといえば思う 15.5%
  3. どちらかといえば思わない 10.8%
  4. 思わない 10.0%
  5. わからない 56.6%
  6. 未回答 1.5%

問4‐4 中村区のすべての方がいきいきと暮らせる「支え愛」のまちづくりについて、お気づきの点やご意見などがございましたら、ご自由にお書きください。(回答数:201件)

※下記のご意見等は、いただいたご回答の一部を掲載しております。

  • 高齢者の方、障害者の方が暮らしやすくするために地域で意識を高く持ち、年齢、職業、性別に関係なく助け合えるようにしていかないといけないと思います。また小さいお子さんにも学ぶという意味で保育園、幼稚園、学校が地域とふれ合う機会が増えると良いと思います。
  • 60歳から75歳の元気な高齢者が子育て支援または高齢者の生活支援をボランティアで行い、地域で貢献また75歳以上の支援が必要になった時に助けてもらえる社会になったらいいなと思います。労働者をポイントとして貯めて、必要な時に助けてもらう。先行き不安なお金でなく、助けてもらえる権利があったら安心して年が取れる気がする。
  • 外国人の方たちとも交流する機会を作れば、お互いの不安や不信感もなくなるのではないでしょうか。
  • 障害者の方がみえても、自分の仕事優先でなかなか手助けになることがないのが現実です。また手助けが必要だと分かるシールやワッペンなどつけて下さると、声掛けしやすいと思います。
  • 地域において意思の疎通が大切であるように思う。意思の疎通こそ安全・安心・支え愛に共通しているように思います。
  • 子供が小さい時はよく子育てサロンや保健センターの教室に行っていました。お友達もできたし、色々な知識を得ることができました。他の区では「幼児食教室」があって、うらやましいなと思っていました。
  • 中村区は市内でも高齢者の多い地区だと思うが、一方で名駅以東は学生、勤労者、外国人で活性化された街でもあるので、高齢者の力を活かして東京や大阪とは違う温かい街作りで、高齢者が活躍する街のモデルケースになって欲しい。
  • 認知症やサポーターの講演会の開催を増やし、住民にアピールすることが必要。
  • 高齢者や障害者の方が「自分は障害があるのだから親切にしてもらって、助けてもらって当たり前」といった態度をとられる方も実際目にしたことは何度もあり、支える方も気持ち良く接することができる関係を築くことが出来たら良いと思う。
  • 子育て親子向けのイベントによく参加させていただいています。いつもとても楽しいです。保育園の情報も得やすいです。もっと回数を増やしていただけると嬉しいです。

5 「魅力と活力にみちた、愛着を感じるまち」についておたずねします。

問5‐1 以前(おおむね5年前)と比較して中村区では歴史と地域資源を活かしていると思いますか。

  1. 思う 10.5%
  2. どちらかといえば思う 31.9%
  3. どちらかといえば思わない 10.1%
  4. 思わない 11.8%
  5. わからない 29.9%
  6. 未回答 5.8%

問5‐2 以前(おおむね5年前)と比較して中村区では文化・芸術・スポーツ活動などの生涯学習が活発になったと思いますか。

  1. 思う 8.5%
  2. どちらかといえば思う 23.5%
  3. どちらかといえば思わない 11.5%
  4. 思わない 12.9%
  5. わからない 38.6%
  6. 未回答 4.9%

問5‐3 以前(おおむね5年前)と比較して中村区では地域コミュニティの交流が盛んになったと思いますか。

  1. 思う 6.3%
  2. どちらかといえば思う 17.8%
  3. どちらかといえば思わない 15.0%
  4. 思わない 14.4%
  5. わからない 41.2%
  6. 未回答 5.2%

問5‐4 中村区の魅力と活力にみちた、愛着を感じるまちづくりについて、お気づきの点やご意見などがございましたら、ご自由にお書きください。(回答数:154件)

※下記のご意見等は、いただいたご回答の一部を掲載しております。

  • 各学区にコミュニティーセンターがあり、活用の場が広がり、地域の人達のコミュニケーションも、取れるようになりました。毎年太閤祭や区民まつりなど、イベントも開催され中村区の魅力の一つと思っています。
  • 中村公園は暗い。桜見等、一般市民が楽しめる環境つくりをして欲しい。
  • 区民祭りなど、ファミリーで楽しめる行事は有り難い。お祭りは大人も楽しいし、若い人にも中村区の歴史(秀吉 清正公)に触れる機会になり良いイベントと思う。
  • 5月の豊臣まつり?の時、ゴミ袋が沢山置いてあって、道もキレイで良いなと思いました。
  • 武将観光ロードは面白いと思いますが、地元の人に定着しなくては観光地にはなりません。京都や長崎のように町の誰に聞いても答えてくれるようなものにぜひしてください。名古屋城付近とのタイアップも考えていくと良いと思います。
  • 中村公園の参道がもっと商業的(若者にとっても)になって欲しい。おしゃれなカフェなど欲しい。誘致して下さい。1つできれば周りに増える。
  • 区民のスポーツ大会は参加しやすい内容になっており愛着がわく。
  • 太閣系等武将を取り上げて街づくりを進めることはよいが、豊臣秀吉については日本、特に地元名古屋、中村では地元の英雄であり学校でも子供たちに教えたりしているが、外国、特に韓国では逆で侵略者としてとらえられている。このような視点にも配慮する必要があるのでは。
  • 中村公園の整備、開発。豊国神社参道、九の市、出店者の路上駐車、二重駐車、交通渋滞、ごみ放置の改善を行うことにより、より愛着を感じる町が目指せる。
  • 笹島のグローバルゲートの開発が中途半端に感じる。中川運河の水上バスももっと盛り上がれそうだと思う。あの辺り一帯を欧風にする等名古屋観光の選択肢に入る様な場所になれば魅力を感じるのかなと思う。
  • 公園へ行くと歴史を紹介するものがあり、歴史に思いを馳せる事が出来て良かったです。文化、芸術、スポーツは活動できる場所が少ないと感じています。

6 「安心・安全で快適なまち」の取り組みについておたずねします。

問6‐1 災害時に指定緊急避難場所に避難する際には、非常用持出品をもって避難することを意識していますか。

  1. している 54.1%
  2. していない 40.4%
  3. 未回答 5.6%

問6‐2 名古屋市から配布された、防災に関する情報が掲載された「あなたの街の洪水・内水ハザードマップ」、「あなたの街の地震ハザードマップ」、「ナゴヤ避難ガイド」の内容を確認し、三つのうちいくつ保管していますか。

  1. 三つすべて保管している 25.9%
  2. 二つ保管している 17.4%
  3. 一つ保管している 18.5%
  4. 保管していない 31.0%
  5. 未回答 7.3%

問6‐3 お近くの「指定緊急避難場所」、「指定避難所」の場所を知っていますか。

  1. 両方知っている 38.2%
  2. 指定緊急避難場所だけ知っている 16.5%
  3. 指定避難所だけ知っている 21.2%
  4. 両方知らない18.7%
  5. 未回答 5.4%

7 「いきいきと暮らせる『支え愛』のまち」の取り組みについておたずねします。

問7‐1 内部障害や難病の方を始め、援助や配慮を必要としていることが外見からわからない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくするための「ヘルプマーク」を知っていますか。

  1. 知っている 49.8%
  2. 知らない 44.8%
  3. 未回答 5.4%

問7‐2‐1 今までに困っている障害のある方を見かけたときに、声をかけたり、手助けをしたことがありますか。

  1. ある 47.4%
  2. ない 47.4%
  3. 未回答 5.1%

問7‐2‐2 今後、困っている障害のある方を見かけたときに、声をかけたり、手助けをしようと思いますか。

  1. 思う 51.7%
  2. どちらかといえば思う 33.8%
  3. どちらかといえば思わない 1.9%
  4. 思わない 1.3%
  5. わからない 6.7%
  6. 未回答 4.6%

問7‐3 今までに障害者施設などで作られた製品(手芸品、パンなど)を買ったことがありますか。

  1. 買ったことがある 45.6%
  2. 買ったことがない 49.4%
  3. 未回答 5.0%

8 「魅力と活力にみちた、愛着を感じるまち」の取り組みについておたずねします。

問8‐1 中村区が武将(豊臣秀吉、加藤清正)の生誕地であることを知っていますか。

  1. 知っている 88.1%
  2. 知らない 6.5%
  3. 未回答 5.3%

問8‐2 武将観光ロード「太閤秀吉功路 人生大出世夢街道」(名古屋駅から、中村公園までのルート)を知っていますか。

  1. 知っている 34.2%
  2. 知らない 60.5%
  3. 未回答 5.3%

問8‐3 中村区に、豊臣秀吉が生まれてから天下統一を果たすまでの大出世ストーリーを追体験できるモニュメントが設置されているのを見かけたことがありますか。

  1. 見かけたことがある 29.8%
  2. 見かけたことがない 64.9%
  3. 未回答 5.3%

9 中村区のこれからのまちづくりについておたずねします。

問9 「より良い中村区」をめざすうえで、今後特に力を入れて欲しいことは何ですか。(回答は3つまで)

  1. 地域防災力の向上 38.2%
  2. 交通事故・犯罪防止などの啓発活動 61.2%
  3. 清潔で快適なまちづくり 41.2%
  4. 安心して子育てができるまちづくり 32.2%
  5. 高齢者が安心して暮らせるまちづくり 48.8%
  6. 障害者が安心して暮らせるまちづくり 16.8%
  7. 歴史、地域資源などの魅力にみちたまちづくり 9.5%
  8. 文化・芸術・生涯学習・スポーツ活動などの活力にみちたまちづくり 14.6%
  9. 地域コミュニティの交流やパートナーシップが盛んなまちづくり 10.7%
  10. その他(「緑豊かなまち」、「空き屋の対策」、「外国人と共存、共栄するまちづくり」など) 1.4%
  11. 未回答 2.7%

10 その他

問10 中村区政全般や区役所についてお気づきの点やご意見などがございましたら、ご自由にお書きください。(回答数:284件)

※下記のご意見等は、いただいたご回答の一部を掲載しております。

1.  区政運営に関する意見(52件)

  • 区役所に行った時に色々なことを企画しているのは理解できるが、逆に言えば行かないと全く分からない→情報発信力が弱い。
  • 昔からの高齢者に頼らず、新しい目で見て中村区を良くしたいと本気で取り組める仕組みを考えて欲しい。目標が定性で甘いと思う。具体的に、時には数値も必要。他区にない良い点(歴史上の人物の輩出や高齢になって住みよい街など)を考えアピールして差別化していって欲しい。

2.  区役所等の窓口対応に関する意見(51件)

  • 土曜日、日曜日、祝日も区役所を営業して欲しい。
  • 区役所に入ってすぐの女性の方々が丁寧に教えてくださるのでとても助かります(何が必要、何に記入、どこの課に行くのかなど、たまにしかないことなので分からないんです)。ありがとうございます。
  • 待ち時間を短くして欲しいです。住民票など取得できる場所(駅も知っていますが)増やして欲しい。

3.  防犯、交通安全、地域のまちづくりに関する意見(43件)

  • 歩道・公道を広げて路面店が増えると、人の行き交いが増え、活気が満たされる。道をキレイに(歩道は石畳やブロックにする等)すると、自転車がスピードを出しにくくなる。安心・安全・美しい街づくりが大前提である。
  • 観光より治安、防災の方に力を入れてほしい。前住んでいたところでは主要駅周辺で路上喫煙禁止と喫煙スペースの設置をしていた。その結果対策前よりゴミ等は減少したので同じでなくとも何らかの対策をしていただけるとありがたいです。

4.  区役所等の駐車場や庁舎に関する意見(41件)

  • 区役所の移転改築が必要なことはよく分かりますが、何故本陣に移転する事になったのか、よく分かりません。今の場所で建替えることはできなかったのか。どのような施設になるのか。メリット、デメリットは何か。広報するべきだと思います。
  • 区役所が移転するかと思うのですが、交通対策(車の誘導)を充分に検討して頂きたいです。高齢者の方も車で区役所に来るかと思いますが、迷って生活道路に侵入してしまい、交通事故が起きないよう対策をお願い致します。

5.  ごみや美化、動物に関する意見(17件)

6.  高齢者やその他福祉に関する意見(12件)

  • 高齢者が気軽に行けるカフェがもっとあるといいと思います。今は足りているかもしれませんが、経営側も高齢化が進み、今後そういう場が減ってくるのではないでしょうか?そうなれば外出の機会を失って体が落ちたり心が病んだり、倒れていても誰からも気づかれなかったりということが増えてくると思います。逆におしゃれなカフェがあれば交流の場が増え、様々な年齢層の人から刺激を受けたり、助けを求められる機会も増えるのではないでしょうか。「助けて」といえないお年寄りは気の毒です。

7.  名古屋市政に関する意見(12件)

  • 今年で柳橋市場がなくなるので、東京の豊洲市場みたいに名古屋市がもっとお金出して名古屋の市場を活性化させて、一つの観光スポットみたくして欲しかった。

8.  災害対策に関する意見(9件)

9.  交通手段に関する意見(8件)

10.  子どもや育児に関する意見(8件)

  • 漫画や点つなぎなど、遊びながら学べる資料の方が、親子ともにありがたいです。仕事づくめの後に文字ばっかり数字ばっかりのチラシ、読まずに捨てることがほとんどです。トイレとかに貼って楽しめるような書き方がしてあるとありがたいです。よろしくお願いします。低学年から楽しめるとなおいいです。

11.  生活保護やホームレスに関する意見(4件)

12.  その他の意見(27件)

アンケートをお願いした皆さまへ

貴重なご意見を多数いただき、ありがとうございました。このアンケート結果を活用し、中村区のより良いまちづくりに努めてまいります。

調査結果については、こちらからダウンロードができます。

令和元年度中村区区民アンケート実施結果

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

中村区役所区政部企画経理室

電話番号

:052-453-5492

ファックス番号

:052-451-7639

電子メールアドレス

a4535392@nakamura.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ