ページの先頭です

第19回なかむら音楽会「鍵盤打楽器の魅力コンサート」開催報告

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年11月12日

ページの概要:平成30年10月28日に実施した第19回なかむら音楽会の紹介をします。

プロで活躍中の音楽家などによる素晴らしい演奏をお聴きいただき、日常生活を少しでも豊かにしていただくきっかけづくりを目的とした「なかむら音楽会」。

第18回目であった「9’sJAZZ Fes.(ナインズジャズフェス)」は雨天中止となってしまい、楽しみにしていただいていた方には、大変ご迷惑をお掛けいたしました。

今回はその第19回を開催しました。

日時 平成30年10月28日(日曜日)午後1時開演

場所 名古屋音楽大学めいおんホール(名古屋市中村区稲葉地町7丁目1番地 博聞館4階)

「鍵盤打楽器の魅力コンサート」

名古屋音楽大学「めいおん音楽祭」初日に催されたこの音楽会。

当日は秋晴れとなり、遠方からもたくさんの方々にお越しいただきました。

出演者

名古屋音楽大学准教授:髙藤摩紀さん(マリンバ)

名古屋音楽大学講師:黒田和良さん(ドラム)

名古屋音楽大学学生の皆さん

「スカルサクラ」の皆さん(ガムラン・ジェゴグ)


客席後方からガムランを演奏しながら入場して来たのはガムラン・ジェゴグ「スカルサクラ」のメンバーたち。

ガムランとはインドネシアの民族音楽。ジェゴグはバリ島発祥の竹製の打楽器です。

「スカルサクラ」は名古屋音楽大学の学生と卒業生からなるガムラン演奏を行うグループです。

ジェゴグの体験演奏では、初めて楽器に触れた方ばかりでしたが、「スカルサクラ」の方々の補助もあり、上手に演奏できました。

ジェゴグ演奏の様子

ジェゴグ演奏の様子。
ホール中に響き渡るジェゴグの音は、聴く人々を圧倒させます。

プログラム

バレ・ガンジュール

ゴパラ

情熱大陸

カフェ・ジェゴグ

トムとジェリー

ボレロ

トムとジェリーの映像に合わせた演奏の様子

子どもたちお待ちかねの「トムとジェリー」の映像に合わせた演奏。
トムとジェリーが軽快に動き回る様子に演奏がぴったり!合っていました。
効果音を表現するために様々な楽器が使われていました。
子どもたちが食い入るように見つめる姿が印象的でした。

「剣の舞」演奏の様子

アンコール曲は「剣の舞」。ジェゴグによる西洋音楽の演奏を聴ける機会は珍しく、迫力も満点でした。

次回は12月16日(日曜日)、中村区役所にて、第20回なかむら音楽会「サックスとピアノでMerry Xmas!」を開催予定です。ぜひお越しください。


 

このページの作成担当

中村区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-453-5322

ファックス番号

:052-453-5323

電子メールアドレス

a4535322@nakamura.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ