ページの先頭です

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)と戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)の違いは何ですか。

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年12月19日

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)と戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)の違いは何ですか。

 「戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)」とは、戸籍に記載されている方「全員」の証明であり、「戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)」とは、戸籍に記載されている方のうち「一部の方」の証明で、どちらも発行手数料は「1通450円」です。
 「戸籍全部事項証明書」とはコンピュータで発行された戸籍の証明書のことをいい、電算化前の「戸籍謄本」と同じものです。 同様に「戸籍個人事項証明書」とは、電算化前の「戸籍抄本」と同じものです。
 例えばパスポート申請の際、同時に申請する家族が同一戸籍に記載されていれば戸籍謄本1通で申請可能であり、別々の日時に個々のご家族が申請する場合は、申請者ごとに1通ずつの戸籍抄本(戸籍謄本でも可)が必要となります。愛知県に住所がある方のパスポートの申請について、詳しくはパスポート:県の窓口の御案内(外部リンク)別ウィンドウ(愛知県のページ)をご覧ください。

このページの作成担当

中川区役所 区政部市民課戸籍係

電話番号

:052-363-4331

ファックス番号

:052-362-6562

電子メールアドレス

a3634331@nakagawa.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ