ページの先頭です

印鑑の登録・印鑑登録証明書

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年10月11日

1 印鑑の登録

1-1 印鑑登録制度について

  1.  印鑑登録制度とは、契約書などの重要書類に捺印された印鑑(実印)が間違いなく本人のものであることを公証する制度で、その社会的重要性に鑑み、登録者本人の意思確認を徹底する厳格な取り扱いを行っています。
  2.  中川区で登録できる方は、15歳以上で、中川区に住民登録されている方です(成年被後見人を除く。)。
     登録手続きは、中川区役所、富田支所のどちらでも行うことができます。
  3.  登録の受付は開庁時間に限ります。開庁時間外は受付できません。

    ※開庁時間 月曜日から金曜日(午前8時45分から午後5時15分まで(休日・祝日・年末年始を除く))及び日曜窓口
    ※日曜窓口については 「ご利用ください!! 区役所・支所の日曜窓口」をご覧ください。

  4.  月曜日や連休前後の日は窓口がとても混雑し、長時間お待ちいただくことがあります。市民課窓口混雑度予想カレンダー・窓口来庁者数実績を参考に、時間には余裕をもって窓口にお越しください。混雑緩和にお客様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

1-1-1 「名古屋おしえてダイヤル」のよくある質問

1-2 即日で印鑑登録できる場合(印鑑登録証明書の発行も可能です。)

即日で印鑑登録できる場合
申請する人 必要なもの
 本人1 運転免許証や旅券(パスポート)、マイナンバーカードなど、官公署の発行した顔写真付きの本人確認書類(即日登録が可能な本人確認書類
2 登録する印鑑
※本人確認書類は次のいずれかの書類です。

即日で印鑑登録できる場合の本人確認書類(有効期限がある場合は、有効期限内のものに限ります。)

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 身体障害者手帳
  • 在留カード(写真つき)
  • 特別永住者証明書(写真つき)
  • 一時庇護許可書(写真つき)
  • 仮滞在許可書(写真つき)
  • 官公庁がその職員に対して発行した身分を証明するに足りる文書
  • その他、電子署名等に係る地方公共団体情報システム機構の認証業務に関する法律施行規則別表に掲げる免許証、許可証又は資格証明書等
    ※ ただし、発行の日から10年を経過しているものについては、あわせて他の確認書類(各種健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、各種年金手帳、各種年金証書、基礎年金番号通知書のうちいずれかの書類)を提示していただく必要があります。

1-3 即日で印鑑登録できない場合(当日の印鑑登録証明書の発行はできません。)

即日で印鑑登録できない場合
申請する人  必要なもの
 本人

1 本人確認書類(即日登録が認められないもの)
2 登録する印鑑

 代理人(本人以外の方)1 代理人の本人確認書類
2 本人からの「委任状」または「代理権授与通知書」(本人の署名があるもの)
3 登録する印鑑

申請を受け付けた後の手続き

  1. 即日の登録ができない場合には、ご本人あてに「照会書」を送達します。この書類は郵便でなく区役所の職員が送達します。この際、届け先の「表札」の確認をさせていただくことになります。詳細は窓口までお尋ねください。
  2. 届いた書類は「回答書」として改めて窓口にお持ちいただきます。必ず事前にご本人が必要事項を記入しておいてください。「回答書」を持参する方法によって、登録がご本人の意思であることを確認しています。
  3. 回答書持参時に必要なものは次の表のとおりです。
回答書持参の際に必要なもの
窓口に来る人  必要なもの
 本人

1 回答書(所定の欄2か所に本人の署名・押印があるもの)
2 本人確認書類
3 登録印

 代理人(本人以外の方)1 回答書(所定の欄2か所に本人の署名・押印があるもの)
2 代理人の本人確認書類
3 本人の本人確認書類(※コピーは認められません。必ず原本をお持ちください。)
4 登録印

1-4 登録できる印鑑・登録できない印鑑

 登録できる印鑑の数は一人につき一個です。一人で二個の印鑑の登録、または二人以上で一個の印鑑を共有して登録することはできません。

登録できる印鑑(※登録できる字の確認は、窓口までお問い合わせください)

  • 印影の大きさが一辺の長さが7mmを超え、また25mmを超えない正方形におさまるもの
  • 住民票に記録されている「氏名」、「氏」、「名」または「氏・名」の一部を組み合わせた文字で彫られたもの(※ただし、組み合わせた結果、他の氏名とみなされるものは登録できません)
  • 漢字の氏名を通常呼称される発音のカタカナまたはひらがなで表示したもの、ひらがなをカタカナで表示したもの、カタカナをひらがなで表示したもの、及び変体仮名をカタカナまたはひらがなで表示したもの
  • 一般に同字と呼ばれている字、又は旧字体を常用漢字体に書き替えているもの(例:邊と邉と辺など)
  • 外国人の方については、在留カードまたは特別永住者証明書に記載されている氏名に加え、通称名または住民票備考欄に記載されたカナ表記のものも登録できる場合があります(※ただし、在留カードに記載がなく、かつ通称名として登録されていない漢字氏名は登録できません)
  • 漢字圏の外国人の方については、住民票に記録されている氏名の文字と新旧の関係にある文字、または簡体字についても登録できます(例:刘と劉など)

1-4-1 「名古屋おしえてダイヤル」のよくある質問

登録できない印鑑(※上記の印鑑であっても、以下のように登録できない場合があります。)

  • 印影が明瞭でないもの

  • ゴム印、指輪印、ダイヤル印などの印影の形態が変化しやすいもの

  • 印章そのものが逆に刻印されているもの(凹凸が逆になっているもの)<例1>

  • 外枠が唐草模様や竜紋などになっているもの<例2>

  • 外枠がないもの

  • 文字と外枠が明瞭に区分できないもの

  • イラスト、写真、その他これに類するものを付したもの<例3>

  • 朱肉の付き方により印影が不鮮明になるもの

  • 欠けた印鑑やすり減った印鑑

  • 職業、屋号、資格その他これに類する事項を付したもの(ただし、「…印」、「…之印」、「…之章」と付け加えられているものは登録できます)

  • 類似の文字だが、同じ字とはみなされないもの(例:斎と斉は別の字)

  • 他の文字と判別される印影のもの(例:田と由、己と已と巳など彫り方によって、文字が他の文字と判別されてしまうもの)

  • 住民票に記録された氏名を、変体仮名で書き替えているもの

  • 外国人の方について、本名と通称名を組み合わせたもの

  • 非漢字圏の外国人の方について、氏名の全部をイニシャルで表示したもの

  • 動物の形等により氏名を図案化したもの

登録できない印鑑の例示です。

 <例1>印章が逆に刻印  <例2>外枠が唐草模様  <例3>イラストが付されている

※三文判などの大量生産の印鑑の登録は避けてください。

※印鑑ホルダーに入った印鑑は登録できないことがありますので、あらかじめホルダーから取り外してお持ちください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

関連リンク

2 印鑑登録証明書

2-1 印鑑登録証明書について

  1.  手数料は1通300円です。
  2.  証明は名古屋市内のどこの区役所・支所でも取得することができます。申請に当たっては必ず印鑑登録手帳をお持ちください。

2-1-1 「名古屋おしえてダイヤル」のよくある質問

2-2 受付時間について

  1.  受付可能な時間(開庁時間)は次のとおりです。
    ※開庁時間 月曜日から金曜日(午前8時45分から午後5時15分まで(休日・祝日・年末年始を除く))及び日曜窓口
    ※日曜窓口については 「ご利用ください!! 区役所・支所の日曜窓口」をご覧ください。

  2.  月曜日や連休前後の日は窓口がとても混雑し、長時間お待ちいただくことがあります。市民課窓口混雑度予想カレンダー・窓口来庁者数実績を参考に、時間には余裕をもって窓口にお越しください。混雑緩和にお客様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

  3.  開庁時間外は、次のサービスなどをご利用ください。なお郵送では印鑑登録証明書は取得できません。

2-2-1 「名古屋おしえてダイヤル」のよくある質問

2-3 印鑑登録証明書の申請

印鑑登録証明書の申請
申請人  必要なもの
 本人

1 印鑑登録手帳
2 本人確認書類

 代理人(本人以外の方)1 印鑑登録手帳
2 代理人の本人確認書類(※委任状は不要です。) 

添付ファイル

このページの作成担当

中川区役所 区政部市民課戸籍係

電話番号

:052-363-4331

ファックス番号

:052-362-6562

電子メールアドレス

a3634331@nakagawa.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ