ページの先頭です

犬・猫を飼うみなさまへ

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年5月11日

ページの概要:犬・猫・その他動物を飼育する際に必要な情報、犬・猫による迷惑防止のための情報などをご案内しています。

犬の飼い主の義務

(1)登録

犬を新たに飼い始めた場合は、飼い始めた日から(子犬は生後90日を過ぎてから)30日以内に保健所で登録しなければなりません。交付された「鑑札」は必ず犬の首輪につけてください。

(2)狂犬病予防注射

狂犬病のまん延を防ぐため、毎年1回狂犬病予防注射を実施します。注射が済んだ犬には毎回「狂犬病予防注射済票」を交付しますので、これも必ず首輪につけてください。

なお、所有者が変わったり、飼主や犬の住所地が変わったり、犬が死んだ場合は、保健所まで届出てください。

環境衛生の保持

道路や公園はペットのトイレではありません。排泄してから持って帰るのではなく(オシッコは持って帰れません)、自宅の決まった場所をトイレとして、そこに排泄するようしつけをしましょう。

(1)犬の場合

犬がどんなときにフンやオシッコをするかを観察し、タイミングよくトイレに連れていくことが大切です。うまく排泄できたらほめてあげましょう。何回か成功するうちに犬はトイレを覚えます。根気よく続けることが大切です。
なお、散歩の時には必ずビニール袋やティッシュなどを用意し、フンをしてしまった場合には必ず持ち帰りましょう。
オシッコを電柱などにかけるマーキング行動は、うまく制止しましょう。縄張りを主張する犬の習性によるものですが、人間のリーダーシップでやめさせることが可能です。飼い犬に縄張りは必要ありません。

(2)猫の場合

猫もしつけ方は犬と同様ですが、トイレに砂等が必要です。猫のほうがトイレの覚えがよく、しつけは比較的容易です。

犬の放し飼いの禁止

  1. 犬の逸走や事故を防ぐため、鎖でつなぐか、おりなどの囲いの中で飼ってください。
  2. 散歩のときは、必ず制御できる方が引き綱をつけ散歩してください。飼主にとってはかわいい犬でも、犬が嫌いな方もいますし、小さな子供など他人は怖いと思う場合もあります。事故の原因ともなりますので、公園等で一時的でも引き綱を離さないでください。

猫の避妊・去勢手術費用の補助

名古屋市では、猫の避妊・去勢手術費用の一部を補助しています。補助を受けて手術が受けられる動物病院は限定されていますので、詳しくは保健所にお問い合わせください。

こんなときは

飼い犬が人にかみついた

まずは、かまれた方の傷の手当をしてください。その後、保健所に事故の報告をし、その指示に従ってください。

飼い犬が行方不明になった

保健所及び警察に連絡してください。いなくなった日時、犬の特徴などを詳しく伝えてください。なお、保健所窓口で、動物愛護センターに収容中の犬の画像を見ることができます。

犬、猫がどうしても飼えなくなった

全力で新しい飼主をさがしてください。どうしても新しい飼主がみつからないときは、動物愛護センターにご相談ください。

ペットが死んだ

  1. 八事斎場に持ち込んで火葬する(他のペットと合葬)
  2. 環境事業所に引取ってもらう(ごみとして焼却)
  3. 民間のペット霊園等を利用
    等が考えられます(いずれも有料。詳しくはそれぞれにお問い合わせください)。

関連リンク

このページの作成担当

中川区役所中川保健センター 健康安全課食品衛生・動物愛護等担当

電話番号

:052-363-4457

ファックス番号

:052-361-2175

電子メールアドレス

a3634457@nakagawa.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ