ページの先頭です

介護まつりinなか2018に参加しました!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年1月18日

ページの概要:11月11日(日曜日)に行われた「介護まつりinなか2018」の様子をおしらせします。

介護まつりinなか2018に参加しました!

 平成30年11月11日(日曜日)、中区役所ホールと、中区役所6階大会議室で催された「介護まつりinなか2018」に、区広報大使OS☆U(おーえすゆー)の斎藤 めぐ(さいとう めぐ)さん、夏川 愛実(なつかわ あみ)さん、石原 優衣(いしはら ゆい)さんが一緒に参加しました。

「介護まつりinなか」とは?

OS☆Uの3人と介護ロボットとのスナップ写真です

 在宅医療や介護、地域での生活支援などに関する、総合的な普及啓発イベントで、今年で3回目の開催となります。

 区内の医療機関や介護保険事業所、在宅医療や介護に携わる企業、地域のボランティアとして活躍する皆さんが一同に会し、専門職による相談コーナーや、介護や健康づくり、地域の高齢者の活動を実際に体験できるコーナーなど、多彩なメニューを企画しています。

 さて、今年の「介護まつりinなか2018」。
 
 中区役所ホールでは、介護サービスを利用しながら中区で生活している高齢者の方の出演による「のどじまんinなか」、若年性認知症介護の実話に基づく映画「八重子のハミング」上映会、また、6F大会議室では「展示・体験・相談コーナー」のほか、中区歯科医師会による「8020表彰式」、中区医療・介護連携支援センターによる講演会や体操実演と、盛りだくさんの内容となり、延べ1,021人の方が来場されました。

「介護まつりinなか2108」の様子

のどじまんinなかの、舞台袖からの写真です

 中区役所ホールで行われた「のどじまんinなか」では、OS☆Uの皆さんが、進行アシスタント役を務めました。
 最初は緊張されていた出演者の皆さんも、インタビューでのやり取りで次第に明るくなり、リラックスした様子で日ごろ鍛えた美声を披露。最後は会場全体が和やかな雰囲気に包まれました。

6階の展示体験・相談コーナーで、手芸体験をしている様子です

 
 6階の展示・体験・相談コーナーでは、区内で活動する関係機関や高齢者のグループの出展ブースの案内と来場者への参加呼びかけをしました。

OS☆Uの3人が色々なブースを体験する様子を見て、来場者も興味深々となり、会場は次第に人で賑わいました。
 
 展示・体験コーナーでは笑い声があふれる一方、相談コーナーでは様々な専門職とじっくりお話をされたりと、終始来場者の途切れない盛況ぶりでした。
 

介護まつりinなかのスタッフ一同です

 
 OS☆Uの皆さんと来場者とが「介護まつりinなか」で得られる様々な情報や体験を共有することで、より多くの来場者に、印象的にお伝えすることができたと思います。

 「介護まつりinなか」スタッフ一同、すでに来年度に向けて、区民の皆さんのお役立に立つよう、よりよい企画を考案中です。
 
 間近になりましたら、広報なごや、中区ホームページなどでお知らせいたしますので、ぜひ楽しみにお待ちください! 
 

関連リンク

このページの作成担当

中区役所保健福祉センター福祉部福祉課福祉係

電話番号

:052-265-2321

ファックス番号

:052-241-6986

電子メールアドレス

a2652321@naka.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ