ページの先頭です

平成29年度 地域の絆づくり支援事業の募集について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年5月30日

1 募集の趣旨

中区は、名古屋城とともに発展してきた400年の歴史ある城下町で、いつの時代も政治・経済・文化などあらゆる面で名古屋をリードし、躍進してきました。中区が生まれて100年が過ぎ、私たちのまちや暮らしも大きくその姿を変えていきました。

いま、中区は、世帯の約6割が単独世帯であることや、人口に対する1年間の転入・転出割合がいずれも1割を超え、社会異動が多いことなどが背景となり、地域で「顔見知り」の関係を築くことが難しい時代を迎えています。

そこで、市民活動グループやサークル、団体などが主体的に行う事業で、地域のつながりや絆を深める取り組みを、中区は側面からサポートし、地域の連帯感や地域への帰属意識の高揚を図ります。

2 事業の募集期間と実施時期

募集期間

平成29年4月1日から5月31日

助成対象となる事業の実施時期

平成29年6月15日から平成30年3月31日

3 募集対象事業

以下の条件をすべて満たす事業とします。

  1. 地域住民の幅広い参加を促し、地域のコミュニティの活性化につながる活動
  2. 自主的、自立的な非営利の活動
  3. 町内会をはじめとする地縁団体と連携、協力して実施する活動
  4. 名古屋市内で開催される活動

事業例

  • 夏祭り、餅つき大会、運動会、スポーツ大会。ウォーキングイベント等
  • 防犯教室:体験型の防犯教室を行い子どもへの声かけと見守りの体制をつくる
  • HUG(避難所運営ゲーム):子どもから大人まで地域で災害に備える

上記にかかわらず、次の事業は助成の対象となりません。

  • 名古屋市から当該助成金以外の財政的支援を受ける事業
  • 政治活動または宗教活動に関する事業
  • その他公序良俗に反するなど助成の対象事業として適当でないと認められる事業

※同一事業への助成金の交付は5回が限度です。(回数は平成21年度から起算します。)

4 応募者の条件

主として中区で組織的にかつ申請時において1年以上継続して活動している団体。
同一団体への助成は、同一年度につき1事業のみになります。

5 支援内容

1 事業費一部助成

助成金は別に定める助成対象経費合計額の2分の1以内(助成団体が新規に実施する事業にあっては4分の3以内)。上限額は30万円以内。

助成金の交付は予算の範囲内での助成となります。申請件数が多い場合や事業内容により、助成できない場合あるいは申請金額より低い額で決定する場合があります。

2 その他

区ホームページを活用して各地域の事業をお知らせします。

6 申請・報告

申請方法

以下の書類を募集期間内に下記受付窓口までお持ちください。郵送等での受付はいたしません。

  1. 申請書
  2. 事業計画書
  3. 予算書

※下記の申請書一式をご利用ください。

※「1.申請書」には、過去の主な事業に関する資料を添付してください。

  初めて申請する団体には、そのほかに会則や会員名簿等も提出していただくことがあります。

※提出いただいた申請書類は返却いたしません。あらかじめご了承ください。

【受付窓口】中区役所地域力推進室(中区役所5階) 区役所の開庁時間・交通案内

助成までの流れ

  1. 申請書等一式を提出
  2. 助成決定(区役所内に設置する審査会で書類審査し交付決定)
  3. 助成対象事業実施
  4. 事業終了後30日を経過した日又は平成30年3月31日のいずれか早い日までに事業実績報告書等一式を提出
  5. 助成金額確定・助成金交付

※助成金の交付は事業終了後に行いますが、事業実施前に助成金を交付しなければ事業の実施が困難な場合など、やむを得ない理由がある場合は、あらかじめ概算額を交付することも可能です。

報告書一式

このページの作成担当

中区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-265-2221

ファックス番号

:052-261-0535

電子メールアドレス

a2652220@naka.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ