ページの先頭です

報道資料 平成30年10月19日発表 「マメナシサミットin 守山」を開催します

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年10月23日

マメナシは原始的な野生ナシの一種で、春には桜に似た美しい花をつけ、秋には食用のナシにそっくりな小さな実をつけます。

全国に自生するマメナシの本数はわずか350 本ほどとされており、絶滅危惧種に指定されています。

そのうちの約4割が守山区内に自生しており、その数は日本一と言われています。

この貴重な自然遺産を後世に遺すため、「まめなしのある風景 守山事業」として、市民活動団体、大学、行政が協働し、保全活動やPR活動を行っています。
このたび、大都市名古屋において身近に残る自然遺産であるマメナシを次世代へ繋いでいくため、保全活動を行う市・自然保護団体等が一堂に会し、事例発表や講義を通して意見交換を行うイベント「マメナシサミットin 守山」を開催します。

このページの作成担当

守山区役所区政部地域力推進室安心・安全で快適なまちづくりの企画担当

電話番号

:052-796-4524

ファックス番号

:052-796-4508

電子メールアドレス

a7964524@moriyama.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

守山区からの報道発表資料に戻る

報道資料 平成30年10月19日発表 「マメナシサミットin 守山」を開催しますの別ルート

ページの先頭へ