ページの先頭です

守山探検隊(平成26年度)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年5月29日

ページの概要:守山探検隊の活動報告

平成26年度 まちあるきイベント

守山区は豊かな自然や歴史的・文化的財産に恵まれた素晴らしい「まち」です。そのことを区民の皆さん、守山区を愛する皆さんに広くお知らせするため、まちあるきイベントを開催しました。

今回は、定納公園に集合して、その後、梁田が城跡を起点に解散地点の弘法堂まで、周辺の史跡等を守山探検隊スタッフの説明を受けながら歩きました。

開催日

平成26年11月8日(土曜日)

コース名

「森孝・四軒家地区散策コース -区の境界を歩く-」

行程

簗田が城跡→定納公園→足助道→山口街道→元陸軍補給廠→丸型ポスト→野墓→桜並木→八劔神社→行者堂→三十三観音堂→泰永寺→弘法堂(約4.5キロメートル)

対象

一般

参加人数

67人

当日の様子

集合場所(定納公園)での写真

<集合場所・定納公園(じょうのうこうえん)>
スタート前に説明を聞いて、この後3班に分かれてスタートしました。
「定納」「定免」ともいい各地にみられる地名です。また、豊凶にかかわらず、毎年一定額の年貢を納めさせる土地をいい、藩の年貢収入を安定させる定納法(定免法)と呼ぶ徴税法でした。凶作時の農民には厳しい定納の掟でもありました。

足助道の写真

<足助道(あすけみち)>
足助道を歩く参加者のみなさん。
瀬戸街道(旧大森役場跡)から分かれ、大森橋を渡り、簗田が城跡の東から山口街道を渡り森孝新田に向かう旧道です。三軒家から四軒家を経て長久手市役所(長久手城跡)から三河に入り、足助へ通じた道です。

丸型ポストの写真

<丸型ポスト>
探検隊スタッフから丸型ポストの説明を受けるみなさん。
森孝西小学校に、教材用に設置してあった使われなくなった丸型ポストを、平成26(2014)年6月25日一般用に設置しました。名古屋で5本目の設置です。

名東区との境界にある香流川沿いを歩く写真

<名東区との境界にある香流川>
名東区との境界にある香流川を右手に見て歩くみなさん。

八劔神社の写真

<八劔神社(やつるぎじんじゃ)>
「八劔」という名称は、熱田神宮の別宮で宝剣をご神体とする「八剣宮」に由来するといわれています。大森の八劔神社から文政9(1826)年分祀。毎年10月の第2月曜日に秋の例大祭が行われます。参道横には、農業振興事業碑があります。

行者堂の写真

<行者堂(ぎょうじゃどう)>
行者堂前で探検隊スタッフから説明を受ける皆さん。
13~15歳位の男子が先達に連れられ、奈良の大峰山に詣でる掟がありました。崖の上から「親の言うことを聞くか」と言われながら下を覗く「のぞき」をします。下山して帰ると「サンゲ、サンゲ」と言いながら行者堂でお参りをしました。

三十三観音堂の写真

<三十三観音堂>
三十三観音堂をのぞき込む皆さん。
西国三十三カ所の観音霊場を人々は「講」を結成し巡拝しました。その時の参拝記念に建てられ、西国巡礼に行けなかった人達も巡拝した気持ちでお参りをしました。横にある馬頭観音は、細く淋しい道であった山口街道の道標として作られました。

泰永寺の写真

<泰永寺(たいえいじ)>
義恵山、真宗大谷派、三軒家交差点北から、平成21(2009)年5月5日に現在地へ移築しました。

まちあるきイベントは、今後も開催する予定です。守山探検隊と、住みなれたまちを歩いてみませんか?いつもは気づかなかった、守山区の新しい魅力(=お宝)を発見できるかもしれませんよ。また、企画・運営に携わっていただけるスタッフも随時募集しています。

平成26年度 守山探検隊まちあるきマップ

11月に実施した「まちあるきイベント」で歩いたコースをもとに、「まちあるきマップ」を作成しました。区役所1階情報コーナーなどでお配りしています。また、当ウェブサイト「森孝・四軒家地区散策コース -区の境界を歩く-」からも内容をご覧いただけます。

このページの作成担当

守山区役所区政部地域力推進室安心・安全で快適なまちづくりの企画担当

電話番号

:052-796-4524

ファックス番号

:052-796-4508

電子メールアドレス

a7964524@moriyama.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ