ページの先頭です

守山区制50周年記念事業「ゆっくりでいいんだよ!アスリートと一緒に守山の自然を走ろう会」開催報告

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年8月22日
守山区制50周年記念事業として、年齢(小学生以上)や障害の有無に関わらず、誰でもが参加できるジョギング大会を開催しました。当日は晴天に恵まれ、車椅子の方や、ゆっくりと走られる方など、参加者の皆様がそれぞれのペースでゴールまで完走されました。ゴールした方のさわやかな笑顔が印象的な大会となりました。

日時

平成24年11月3日(土・祝) 午前10時から午後0時25分まで

会場

小幡緑地 西園

参加者数

200名

ゲスト(敬称略)

市川 華菜(ロンドンオリンピック女子400mリレー日本代表)

佐藤 圭太(ロンドンパラリンピック陸上競技日本代表)

青戸 慎司(元オリンピック日本代表。市川さんと佐藤さんのコーチ)

守山西中学校ジャズアンサンブル部

和太鼓もりやん

内容

勾配あり・約1.6kmのAコースと、勾配なし・約0.9kmのBコースの2コースを用意し、参加者の皆様の体力に応じたコースを選んでいただきました。

また、出走者以外の応援来場者にもお楽しみ頂けるステージや、車椅子や手話等の介助体験コーナー、授産製品の販売コーナーも設置しました。

ステージでは、ゲストのアスリートによるトークショーや、守山西中学校ジャズアンサンブル部、和太鼓もりやんによる応援演奏などが披露されました。

「走ろう会」の写真集

スタート風景

Aコーススタート!
車いすの方も、それぞれのペースで走り出しました。

コースの写真

小幡緑地の豊かな自然を楽しみながら走ります。

コース途中の上り坂

ゴール手前の、傾斜の急な上り坂。
ゴールまであと少し!!

Bコーススタート

Bコースはアップダウンのない走りやすいコース。
皆さん元気よくスタート!

Bコースを走る様子

お互いに声を掛け合いながら、楽しく走ります。

最終ランナーのゴール

最後のランナーがゴールに向かいます。
会場の皆さんが一体となり、温かく出迎えます。

授産製品の販売の様子

授産製品の販売テントもありました。

車いすや目隠し歩行の体験コーナー

車いすの試乗体験や、目隠しをしながらの歩行体験などの介助体験コーナーも設置されていました。
街中で障害者を見かけたら、気軽に声をかけて介助ができる方が、増えると良いです。

このページの作成担当

守山区役所 区民福祉部 福祉課 福祉係(障害担当)
電話番号: 052-796-4584
ファックス番号: 052-793-1451
電子メールアドレス: a7964584@moriyama.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

守山区制50周年記念事業の足跡に戻る

守山区制50周年記念事業「ゆっくりでいいんだよ!アスリートと一緒に守山の自然を走ろう会」開催報告の別ルート

ページの先頭へ