ページの先頭です

水と緑

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2011年2月14日

テーマ「水と緑」(「夢なごや400」応募作品より)

守山区の特色である豊かな水と緑をキーワードに、応募作品をご紹介します。

小幡緑地(応募数35作品)

「水と緑(小幡緑地)」へのリンク。園内に咲くマメナシの花の写真。
「小幡緑地」応募作品は上記「水と緑(小幡緑地)」からご覧ください。

東谷山(応募数7作品)

東谷山遠景

「東谷山と桜」
東谷山フルーツパークから見える東谷山。
とても美しい形をした山です。
山頂までも30分も歩けば到着です。プチ登山を楽しんでみてはいかがですか。
(春日井市・丹羽学さん)

東谷山の茅の輪くぐり

「東谷山頂の茅の輪くぐり」
名古屋市内で一番高い海抜198.3m。山頂には尾張戸神社が祀られており、旧暦6月30日、境内で茅の輪くぐりのお祓いがある。神官を先頭に8の字型に3回輪をくぐり、家内安泰など祈願する。
山頂には展望台も完成。散策路も整備され、ハイキングにも最適。周囲には古墳が点在。初詣に訪れる人も多い。自然美あふれるこの環境をいつまでも地域の宝として守っていきたい。
(志段味東学区・菅谷康男さん)

山頂から見える日の出

「展望のすばらしい東谷山」
東谷山には四方から登山道があり、15分程度で山頂の尾張戸神社に着きます。まず目に入るのが山頂からの眺望です。中でも素晴らしいのは日の出で、荘厳な雰囲気を醸し出してくれます。(日の出の時刻は名古屋の10分から15分後です)展望台からは志段味方面もよく見えます。
また、登山道の脇には古墳もあり、悠久の歴史を感じさせてくれます。
(春日井市・山本厚さん)

山頂からの眺望

「東谷山山頂より」
登山の疲れも吹っ飛ぶこの山頂からの景色。
夜景も期待できますね。
次回は夜景にチャレンジしたいです。
(北区・前野幸子さん)

山頂からの眺望

「東谷山からの眺め」
山頂まで30分も歩けば到着する東谷山山頂。
気軽に登れてこの景色が広がっているなんて、なんてお得な山なのでしょう。
ぜひぜひ山頂を目指してほしいです。
(春日井市・丹羽武士さん)

東谷山のシデコブシ

「東谷山のシデコブシ」
シデコブシはコブシから誕生したと考えられています。シデコブシは日本やヨーロッパなどで園芸種として人気のある植物です。花は直径10cmほどです。花の色は、白色から薄い紅色を帯びるものまであります。
ここ名古屋の最高峰198.3mの東谷山には100本ほどのシデコブシが自生しています。絶滅しないよう保護しましょう。
(千種区・石原則義さん)

はち丸とニホンカモシカ

「東谷山の『ニホンカモシカ』」
守山区の東谷山での生息が確認された国指定特別天然記念物の「ニホンカモシカ」。
人口200万人を超える大都市・名古屋にこんな動物が棲んでいるなんて、とっても素晴らしいことだと思います。
豊かな自然を守りつづけ、100年、200年後も、ニホンカモシカと人間が一緒に暮らせるような名古屋であって欲しいと願っています。
(枚方市・伊吹博さん)

香流川(応募数3作品)

香流川と鴨

「桜咲く香流川につどう鴨」
香流川沿いの遊歩道は、春には見事な桜並木となり、人々に愛されています。香流川自体も近年ではかなり水質の改善も進み、冬には鴨の親子が水面に集っている姿をよくみかけるようになりました。朝に夕に、辺りを散歩する人々の心を優しくしてくれる自然の賜物です。このささやかな自然は、これからも失われることなく、より一層豊かになってくれれば、守山区の魅力の一つとして、周辺の区にも誇れる地域となることでしょう。
(森孝東学区・中川宗一さん)

香流川と桜

「桜、流れて」
森孝とお隣の名東区との境には香流川が流れています。
森孝の三軒家住宅の前から見る桜は、空は青く流れも私達守山区のようにゆったりとし、桜と空との流れが守山区の未来を祝福していてくれる様です。
ぜひ、このゆったりさを日頃の忙しさの中にとり入れてみてください。
(森孝西学区・立蔵真利子さん)

香流川の桜並木

「追憶の桜並木」
守山区森孝東、香流川沿いの桜並木は、のどかで美しい親子の思い出を作れる遊歩道です。
きっとこれからも、沢山の人が甘酸っぱい思い出の一コマを作っていくことでしょう。
(森孝東学区・古家哲生さん)

才井戸流(応募数3作品)

才井戸流

「才井戸流の豊かな自然」
才井戸流の水源は、東谷山および志段味の丘陵地帯から流れ出す湧水と地下水からなっています。こんなに豊かな水辺は、名古屋市内どこを探してもありません。
名古屋の絶滅危惧種であるミクリ3兄弟をはじめ貴重な水草の宝庫です。
是非湧水箇所はもとより、せせらぎの部分も保全を前提に散歩道として整備して欲しいです。
(千種区・石原則義さん)

才井戸流の水面

「水面上の花序」
オグラノフサモ アリノトウグサ科 絶滅危惧2類
沈水植物 才井戸流で生育
(志段味東学区・上林光之さん)

ナガエミクリ

「ナガエミクリ」
ミクリ科 絶滅危惧2類
沈水植物 才井戸流で生育
(志段味東学区・上林光之さん)

八竜緑地・八竜市民緑地(応募数2作品)

春の八竜緑地

「八竜湿地のマメナシの花満開」
八竜湿地の春の観察会に出席しました。
絶滅危惧種のマメナシの木は大切に保護されています。
他にも貴重な植物を見ることができます。
定期的に行われている保護活動にも参加したいと思います。
(白沢学区・真野悦子さん)

八竜緑地イメージ図

「八竜湿地」
そんじょそこいらの湿地でにゃあんだわ。伊勢湾周辺の東海要素生物、植物の楽園なんだわ。世界でもこの地域だけっちゅうシデコブシやらトウカイモウセンゴケやらが生えとったり。
昔、金城学院大学の土地と交換して生き延び、その後は名古屋市や地域の人んたらあがそりゃあだゃあじに護ってござって今があるんだわ。これからも末永う残ってってほしいなも。
(多治見市・木村光伸さん)

矢田川(応募数2作品)

矢田川の川岸

「矢田川の川辺」
矢田川沿いの川岸がステキだと思います。
ジョギングやサイクリングで汗を流すと気持ちいいです。犬の散歩をしている人、スポーツをしている人といった様々な人たちと出会えます。川の上には橋がいくつもあり、電車やバスや自動車が走っています。
毎日沢山の人がこの川を渡っているんだなあとわかります。
(千種区・森島知子さん)

矢田川の川岸

「矢田川河岸」
矢田川河岸に行くと、ふと大自然の中にいるような感覚になり、思わず手をぐっと伸ばして、気持ちのよさにほっとします。
老若男女いろんな方が散歩や遊びにやってきていて、知らない人同士の挨拶もかわされ、爽快さを感じます。子供とよく遊びに行くので、とても身近で、大切な場所です。
(廿軒家学区・今井努さん)

大村池(応募数2作品)

大村池

「大村池」
森林公園を過ぎた所の池で、野鳥保護区になっているところ。
天気の良い日は魚釣りにやってくる大人、小人が集まってきます。
(瀬戸市・柴田恭子さん)

大村池の野鳥保護区表示

「緑豊かな大村池」
池の周りが雑木林で昆虫・鳥が多く、いつまでも残したい場所です。中川区からは遠いのが残念です。
(中川区・大西光子さん)

その他様々な自然

大久手池

「溜め池の大久手池」
地区内には大小のため池があります。農作物の栽培に利用されたましたが、最近では土地区画整理事業で農地の大半が宅地化され、中には一部分が埋められた池もあります。
大久手池は東谷山にも近く、自然美に恵まれ、カルガモ・モズ・サギやホオジロなどの野鳥を観察しながら散策を楽しむ人の姿も見受けられます。心癒される水辺の景観がいつまでも残るといいなあと思います。
(志段味東学区・菅谷康男さん)

香流川沿いの桜並木

「緑と自然の豊かな守山区」
守山区は比較的緑の多い区ですが、名古屋いち緑の多い区になればいいと思います。東谷山にニホンカモシカが見つかり、食物となる栗やドングリの木を多く東谷山に植えてほしい。
香流川の土手にも桜を植えて、今以上にきれいな桜並木となってほしい。香流川緑陰歩道と東谷山の自然・景観はすばらしいです。
(森孝東学区・木山泰子さん)

風致地区の表示

「みどりの街」
東名阪道路横にあり、緑豊かなとても静かなところでした。
(瀬戸市・柴田佳英さん)

大森周辺イメージ図

「大森のヒメボタル」
丘陵地になっとって、池やらお宮、お寺、学校なんかの関係で緑が残っとるんだわ。そこがヒメボタルの棲みかなんだわ。
人知れず夜中にぴかぴかやっとらっせるのはけなげだわなも。
知らんうちに開発されちまいそうな恐れもあるで、是非認定して護ってやりたゃあなも。
(多治見市・木村光伸さん)

幼稚園の園庭

「子どものゆめ」
自然あふれる環境の中で未来の夢を持って育てられる環境の守山区。隣は神社があり、大きい木も沢山あり、虫たちもいっぱいです。
そんな自然あふれる環境でのびのび子育てができる守山区です。
(廿軒家学区・山﨑さん)

このページの作成担当

守山区役所区政部地域力推進室安心・安全で快適なまちづくりの企画担当

電話番号

:052-796-4524

ファックス番号

:052-796-4508

電子メールアドレス

a7964524@moriyama.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ