ページの先頭です

写真展「みて!しって!たのしむ!瑞穂区民まつり」@第7回(平成8年)から第12回(平成13年)まで

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年8月1日

ページの概要:第7回(平成8年)から第12回(平成13年)までの瑞穂区民まつりの写真等

第7回 平成8年(1996年)

8月10日開催

平成8年1月1日に名古屋グランパスエイトが天皇杯で優勝し、瑞穂区民まつりでも天皇杯優勝記念のキーホルダーやバッチが景品として並び、また、「ふれあいサッカーひろば」も大勢の人でにぎわいました。
この年、三代目となる現在の瑞穂区役所庁舎が完成しました。地下鉄桜通線「瑞穂区役所駅」から直結する交通アクセスの便利な区役所になりました。

名古屋グランパスグッズの景品引換所

名古屋グランパスグッズの景品引換所の様子

地震の揺れを体験する起震車

地震の揺れを体験する起震車の様子

【瑞穂区役所】現在の庁舎が完成した当時の写真

【瑞穂区役所】現在の庁舎が完成した当時

第8回 平成9年(1997年)

8月2日開催

瑞穂区民まつりの「ちびっこ広場」には竹馬や缶ポックリなど昔ながらの遊びを楽しむコーナーがあります。一方でプリクラなど流行を楽しむブースも登場しました。
消費税が5%となったこの年には、「ナゴヤドーム」の開業や「名古屋能楽堂」の開館がありました。また、愛知県での万国博覧会「愛・地球博」の開催が決まりました。

竹馬で遊ぶ子どもたち

竹馬で遊ぶ子どもたちの様子

プリクラのコーナー

プリクラのコーナーも登場

第9回 平成10年(1998年)

8月1日開催

瑞穂区民まつりでは、各種行政機関がブースを出展しており、遊びを交え楽しく行政機関の仕事を学ぶことができます。名古屋市衛生研究センター(※)は昆虫の標本をたくさんのせて走る昆虫教室「ファーブル号」を出展、環境事業所は磁石を使って空き缶を釣るゲームを通してリサイクルの啓発活動を行いました。
日本中に感動を生んだ長野オリンピックが開催されたこの年は、名古屋港に世界的規模を誇る海上斜張橋の名港トリトンが開通、また、名古屋市役所本庁舎が国の登録有形文化財に指定されました。
※現在は衛生研究所と機能統合しています。

昆虫の標本をのせた「ファーブル号」

昆虫の標本をのせた「ファーブル号」の写真

(【まちなみデザイン20選】より)船上から見た名港トリトンの写真

(【まちなみデザイン20選】より)船上から見た名港トリトン

第10回 平成11年(1999年)

8月7日開催

瑞穂区民まつりでは、毎年様々なブースが出展しており、この年は一風変わった「鮎のつかみどり」コーナーが初めて登場し、人気を博しました。
名古屋市では、この年に「ごみ非常事態」を宣言し、ごみ袋有料化や資源ごみの分別回収など環境に配慮した取り組みが進められました。また、第1回日本ど真ん中まつりが開催され、名古屋の夏の風物詩がまた新たに一つ誕生しました。
第10回区民まつりパンフレット表紙の画像

第10回区民まつりパンフレット表紙

鮎のつかみどりコーナー

鮎のつかみどりコーナーの様子

第11回 平成12年(2000年)

8月5日開催

21世紀を迎えて初めての瑞穂区民まつり。区の木・区の花である「サクラ」の苗木が配布されました。昨年大好評だった「鮎のつかみどり」コーナーも再登場、また留学生が自国の歌や踊りを披露するステージパフォーマンスも行われ、ますます充実した区民まつりとなりました。
この年の9月、「東海豪雨」により名古屋市では大きな被害を受け、これを機に水害への備えに対する意識が一層高まりました。
21世紀初の区民まつり

21世紀初の区民まつりの様子

「サクラ」の苗木配布

「サクラ」の苗木配布の様子

留学生によるステージパフォーマンス

留学生によるステージパフォーマンスの様子

第12回 平成13年(2001年)

8月4日開催

夏真っ盛りの中で開催される瑞穂区民まつり。暑い時にはうれしい「涼」を感じられるコーナーが登場しました。氷の球を投げて行う「氷のボウリング」や留学生といっしょに行うスイカ割り競争など、夏ならではの楽しさを味わうことができる魅力があります。
名古屋市では「ゆとりーとライン」が開業しました。また、アメリカでは世界同時多発テロがあり、世界に大きな衝撃を与えた年でした。
第12回区民まつりパンフレット表紙の画像

第12回区民まつりパンフレット表紙

見た目にも涼やかな「氷のボウリング」

見た目にも涼やかな「氷のボウリング」の様子

リサイクル啓発を行うブース

リサイクル啓発を行うブースの様子

このページの作成担当

瑞穂区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-852-9302

ファックス番号

:052-852-9306

電子メールアドレス

a8529302@mizuho.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ