ページの先頭です

みずほフェスタ ’19開催のご案内

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年10月30日

みずほフェスタ’19 つながる医療・介護・福祉の輪

区民の皆様に地域包括ケアをPRするため、「みずほフェスタ’19」を開催します。

地域包括ケアとは、 誰もが 住み慣れた地域で 安心して ずっと住み続けられるよう 支援することです。

瑞穂区で介護フェスタとしてスタートし、医療・福祉にも内容を拡大してまいりました。

その間にはイベントの名称も変更し、今年で8回目の開催を迎えます。

今年のテーマは、 「みんなで ずっと ほっと 暮らし続けたいまち」 です。

講演会やシンポジウム、コンサートなど、どなたも楽しみながら地域包括ケアについて学び、知ることができる内容になっています。

皆様のご来場をお待ちしています。

昨年のみずほフェスタ'18の様子(コンサート)の画像

昨年のみずほフェスタ'18の様子(コンサート)

日時

令和元年11月15日(金曜日)から17日(日曜日)まで

正午から午後4時まで


会場 

瑞穂区役所 2階 講堂・さくらルーム

駐車場に限りがありますので、公共交通機関のご利用や、自家用車に乗り合わせてのご来場に、ご協力をお願いします。

瑞穂区役所の地図、交通案内は以下のリンク先のページをご覧ください。

ちらし(スケジュール)

期間中のイベントスケジュールは、ちらしをご覧いただくと便利です。

みずほフェスタ’19のちらしファイルは、一部テキスト情報のない画像データです。内容を確認したい場合は、このページの下の方にある問合せ先までご連絡ください。

みずほフェスタ’19ちらし

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

内容紹介

講堂スケジュール

開会式

11月15(金曜日) 正午から午後0時15分

寺澤区長 あいさつ

水谷福祉部長(みずほフェスタ実行委員会委員長) あいさつ

手話通訳・要約筆記あり

ご長寿紹介

11月15日(金曜日) 午後0時20分から1時

「目指せ!! 健康寿命」 人生100年時代をはつらつと過ごすために

瑞穂区にお住いの百歳の方々から長寿の秘訣を教えていただきます。

また、昔懐かしい曲を皆様ご一緒に歌って、元気はつらつになりましょう!

手話通訳・要約筆記あり

講演会

11月15日(金曜日) 午後1時15分から2時45分

講演会「老後にかかる資金」

講師 吉岡 規子 (社会保険労務士、ライフワークバランスコンサルタント)

手話通訳・要約筆記あり

施設紹介

11月15日(金曜日) 午後3時から4時まで

「瑞穂区内生活支援施設紹介」 種類と選び方のポイント

住み慣れた地域で暮らし続けるためには、どんな方法があるでしょうか。例えば、自分の状況に合わせた「住まい」を身近なエリアで探すにはどうすればよいか、また、現在、瑞穂区内にどのような施設があるのかを知ることにより、様々な選択の方法を考えてみる機会になります。

講師 渡邉 亮 (瑞穂区西部いきいき支援センター長)

手話通訳・要約筆記あり

講座

11月16日(土曜日) 正午から午後1時

「認知症サポーター養成講座」

認知症サポーターとは、認知症についての正しい知識を持った、認知症の方やその家族の応援者です。

寸劇を見ながら楽しく学べます。 受講すると 「オレンジリング」 がもらえます!

小学生から参加ができます。

手話通訳・要約筆記あり


11月16日(土曜日) 午後1時10分から30分

「認知症予防リーダーによるオリンピック回想法クイズ」

もうすぐオリンピック!当時の映像と音声を流します。懐かしの東京オリンピックを思い出して、脳を活性化し元気になりましょう。瑞穂福祉会館を拠点に活動している「認知症予防リーダー」が、皆様を懐かしい時代にご案内します。


11月16日(土曜日) 午後1時30分から50分

「健康ささえ隊による『みずほ体操』」

「みずほ体操」は、立って行う、座って行う、サンバのリズムを取り入れた「サンバdeみずほ」の3種類があります。

ここでは、3種類すべてを体験できます。

講座

11月16日(土曜日) 午後1時55分から2時55分

「楽しく学べる健康づくり講座」 ココロとカラダの元気の秘訣

講師 横川 珠姫 (健康運動指導士)

明るく元気に歳を重ねるためのヒントをお伝えします!

  • 水分をお持ちください。
  • 動きやすい服装でお越しください。

手話通訳・要約筆記あり

講演会

11月16日(土曜日) 午後3時から4時

「災害に備え、地域力・自助力アップ!」 東日本大震災の派遣体験から伝えたいこと

東日本大震災の後、名古屋市の保健師が1年間の派遣で支援に取り組んだ経験から学んだことをお話しします。

被災地では、何が起こり、どんな課題があったのか? 事前にどのような備えが必要かをお伝えします。

講師 日髙 橘子 (中保健センター保健予防課長)

手話通訳・要約筆記あり

講演会

11月17日(日曜日) 正午から午後0時40分

「いまどきの葬祭事情と事前に必要な準備」

講師 一級葬祭ディレクター

自分らしく最期のときを迎えるために、「具体的な準備は?」「心構えは?」

元気なうちから考えてみませんか・・・。

手話通訳・要約筆記あり

講座

11月17日(日曜日) 午後0時40分から2時10分

「在宅生活サポートミニ講座」 充実した在宅生活を送るために

瑞穂区で活躍されている医師、歯科医師、薬剤師による「ミニ講座」です。

  • かかりつけ医が語る在宅医療
  • 高齢者の口腔管理について
  • お薬の整理をしてみましょう

手話通訳・要約筆記あり

コンサート

11月17日(日曜日) 午後2時20分から3時50分

「医療・介護 つながるコンサート」

区内の開業医の有志で構成する「瑞穂区Ⅾr’s Band(ドクターズ バンド)」と、区内の介護現場で活躍する弾き語りのユニット「べれんべれん」によるステージです。みずほフェスタのフィナーレを華やかに飾ります!

皆様にも盛り上げていただき、ご一緒に楽しい時間をすごしましょう。

手話通訳・要約筆記あり

閉会式

11月17(日曜日) 午後3時50分から4時

安福保健センター所長 あいさつ

手話通訳・要約筆記あり


相談コーナー

11月16日(土曜日)から17日(日曜日) 正午から午後4時 

瑞穂薬剤師会による「お薬相談コーナー」

場所 講堂ロビー(ホワイエ)

フレイル測定コーナー

11月16日(土曜日) 正午から午後4時

名古屋市立大学医療系学部の学生による「フレイル測定コーナー」

フレイルとは、加齢にともなう予備能力の低下のため、ストレスへの抵抗力・復元力が低下した状態のことです。

場所 講堂ロビー(ホワイエ)

介護サービス事業所利用者による作品展

11月12日(火曜日)から17日(日曜日) 午前11時から午後4時

区内の介護サービス事業所がブースを設け、利用者の作品を展示します。

場所 さくらルーム

参加費

無料で、どなたでもご参加いただけます。

主催・共催

主催 みずほフェスタ’19実行委員会

瑞穂区役所、瑞穂保健センター、瑞穂区社会福祉協議会、瑞穂区東部・西部いきいき支援センター、

瑞穂区はち丸在宅支援センター、瑞穂区障害者基幹相談支援センター など

共催 

瑞穂区医師会、瑞穂区歯科医師会、瑞穂薬剤師会

問合せ

瑞穂区役所保健福祉センター福祉部福祉課

電話番号:052‐852‐9366  ファックス番号:052‐851‐1350

このページの作成担当

瑞穂区役所 保健福祉センター福祉部 福祉課
電話番号: 052-852-9366
ファックス番号: 052-851-1350
電子メールアドレス: a8529396@mizuho.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ