ページの先頭です

みずほフェスタ’18開催のご案内

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年10月30日

みんなでまめに「地域包括ケア」 みずほフェスタ’18

区民の皆様に地域包括ケアをPRするため、「みずほフェスタ’18」を開催します。

地域包括ケアとは、希望すれば誰もが住み慣れた地域で安心してずっと住み続けられるための支援のことです。

フェスタ開催から7年目となる今年は、「みんなでまめに地域包括ケア」をテーマに、講演会やシンポジウム、コンサートなど、楽しみながら地域包括ケアについて学び、知ることができる内容になっています。

皆様のご来場をお待ちしています。

昨年のみずほフェスタ17の様子(コンサート)の画像

昨年のみずほフェスタ17の様子(コンサート)

日時

平成30年11月16日(金曜日)から18日(日曜日)まで

午前10時から午後4時まで

※18日(日曜日)は午後3時に終了します。

会場

瑞穂区役所 2階 講堂・さくらルーム

駐車場に限りがありますので、公共交通機関のご利用や、自家用車に乗り合わせてのご来場にご協力をお願いします。

瑞穂区役所の地図、交通案内は以下のリンク先のページをご覧ください。

チラシ(スケジュール)

期間中のイベントスケジュールは、チラシをご覧いただくと便利です。

みずほフェスタ’18のチラシファイルは、一部テキスト情報のない画像データです。内容を確認したい場合は、このページの下の方にある問合せ先までご連絡ください。

みずほフェスタ’18チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

内容紹介

講堂スケジュール

講演会・シンポジウム

11月16日(金曜日) 午前10時20分から11時40分

講演会「障害者差別解消法の概要と相談事例について」

講師 名古屋市障害者差別相談センター職員

シンポジウム「誰もが住み慣れた地域で暮らすために 障害者の地域生活とは」

手話通訳・要約筆記あり

寸劇

11月16日(金曜日) 正午から午後0時30分

愛知県警警察本部「あゆみ」による高齢者交通安全の寸劇です。

認知症予防リーダーの活動紹介

11月16日(金曜日) 午後0時30分から1時30分

「ああ人生に栄養あり体操」

認知症講演会

11月16日(金曜日) 午後1時30分から3時30分

「認知症予防のために今からできること その科学的根拠」

講師 日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科 准教授 横山由香里

名古屋市が参加したJAGES(日本老年学的評価研究)プロジェクトにより、約25,000名にご協力いただいた「健康とくらしの調査」の健康状態・生活状況の結果から、今からできる認知症予防についてお話しします。

手話通訳・要約筆記あり

民生委員活動の紹介 

11月16日(金曜日) 午後3時30分から4時

DVD「やってよかった民生委員」の放映

講演会 

11月17日(土曜日) 午前10時から11時

「私の想いをカタチにする終活」

講師 弁護士 金澤篤志

手話通訳・要約筆記あり

認知症サポーター養成講座

11月17日(土曜日) 午前11時から午後0時40分

認知症サポーターとは、認知症についての正しい知識を持った、認知症の方やその家族の応援者です。

受講するとオレンジリングがもらえます。

寸劇

11月17日(土曜日) 午後1時から1時30分

愛知県警本部「のぞみ」による特殊詐欺の寸劇です。

音楽療法体験

11月17日(土曜日) 午後1時30分から2時30分

音楽の波に乗って楽しく体を動かしましょう。

ポッカレモン消防音楽隊

11月17日(土曜日) 午後2時30分から3時30分

カラーガード隊「リリー・エンゼルス」との演奏・演技を通じて、防火・防災・救急などのPRを行います。

ジョイントコンサート

11月18日(日曜日) 午前10時から11時30分

「医療・介護 つながるコンサート」

瑞穂区医師会有志の皆さんで結成された「瑞穂区ドクターズバンド」と、介護現場を中心に活動する弾き語りユニット「べれんべれん」のジョイントコンサートです。

ミニデイサービス体験

11月18日(日曜日) 午後0時15分から1時

こころもからだもリフレッシュ 「なごや介護予防・認知症予防プログラム」を体験しましょう。

講演会・シンポジウム

11月18日(日曜日) 午後1時から2時45分

講演会「地域包括ケアってなあに? いつも在宅、ときどき入院」

講師 名古屋市立大学病院副院長 森田明理

住み慣れた地域でいつまでも、その人らしく暮らし続けられるよう、支える仕組みを知り、どう生きたいかを考える機会として大学病院医師の立場からお話しします。

シンポジウム「住み慣れた地域で最後まで 支え手の意見を聞いてみよう」

座長 名古屋市立大学病院地域ケア推進・研究センター長 赤津裕康

手話通訳・要約筆記あり

展示・その他

介護用品などの展示

11月16日(金曜日)から18日(日曜日) 午前11時から午後4時

最新の介護用品を紹介します。

場所 さくらルーム

相談コーナー

11月16日(金曜日)から18日(日曜日) 午前10時から午後4時 ただし18日(日曜日)は午後2時30分まで

在宅療養、薬剤、障害者、高齢者などの各種相談コーナーです。

場所 講堂ロビー

障害福祉サービス事業所による物品の販売

11月16日日(金曜日)から18日(日曜日) 午前11時30分からなくなり次第終了

市内の障害福祉サービス事業所で作られた作品、お菓子や食品等を日替わりで販売します。

場所 1階ロビー

運転シミュレーター体験

11月16日(金曜日) 午後2時から4時

11月17日(土曜日) 午前10時から午後4時

11月18日(日曜日) 午前10時から午後2時30分

ご自分の運転技術をシミュレーターを使って試してみましょう。

希望者多数の場合は整理券を配布します。

場所 講堂ロビー

健康チェックコーナー

11月18日(日曜日) 午前10時から午後2時30分

名古屋市立大学医療系学部の学生による健康チェックコーナーです。

場所 講堂ロビー

介護施設サービス利用者の作品展示

11月14日(水曜日)から18日(日曜日) 午前11時から午後4時

区内の介護福祉事業所がブースを設け、利用者の作品を展示します。

場所 さくらルーム

参加費

無料でどなたでもご参加いただけます。

主催・共催

主催 みずほフェスタ’18実行委員会

瑞穂区役所、瑞穂保健センター、瑞穂区社会福祉協議会、瑞穂区東部・西部いきいき支援センター、

瑞穂区在宅医療・介護連携支援センター、瑞穂区障害者基幹相談支援センター など

共催 瑞穂区医師会、瑞穂区歯科医師会、瑞穂薬剤師会

問合せ

瑞穂区役所保健福祉センター福祉部福祉課

電話番号:052‐852‐9366  ファックス番号:052‐851‐1350

このページの作成担当

瑞穂区役所保健福祉センター福祉部福祉課介護保険係

電話番号

:052-852-9396

ファックス番号

:052-851-1350

電子メールアドレス

a8529396@mizuho.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ