ページの先頭です

平成23年度瑞穂区帰宅困難者対策検討会の最終報告について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年6月6日

ページの概要:平成23年度瑞穂区帰宅困難者対策検討会の検討結果について掲載しています。

1 瑞穂区帰宅困難者対策検討会について

大地震発生時には、瑞穂区においても企業の従業員や、大学・高校の学生など、多数の方々が帰宅困難者になる可能性があります。そこで、帰宅困難者を減らす、あるいは、ならないようにするための取り組みや、帰宅困難者が発生しても地域全体で必要な支援をするための取り組みを検討するために、地域の代表、区内の企業、区内の行政機関による検討会を設置しました。

2 構成メンバー

  1. 地域の代表(穂波学区、豊岡学区)
  2. 区内の企業(日本ガイシ株式会社、日本特殊陶業株式会社、ブラザー工業株式会社)
  3. 区内の行政機関(警察署、消防署、名古屋市立大学、小中学校長会、名古屋市総合リハビリテーションセンター、名古屋市衛生研究所、名古屋市博物館、瑞穂運動場管理事務所、環境事業所、土木事務所、上下水道局瑞穂営業所、交通局、図書館、公立保育園代表、金山市税事務所、瑞穂区社会福祉協議会、消防局防災室、区役所)

3 検討会スケジュール

(1) 第1回検討会(平成23年6月9日開催)

(2) 第2回検討会(平成23年7月8日開催)

(3) 第3回検討会(平成23年9月8日開催)

(4) 第4回検討会(平成23年10月14日開催、中間報告)

(5) 第5回検討会(平成23年11月11日開催)

(6) 防災講演会(平成23年11月26日開催、中間報告の発表と、名古屋大学大学院教授 福和伸夫氏による講演)

「当日の講演風景の写真」

福和教授講演「東日本大震災に学ぶ今後の地震対策」

(7)第6回検討会(平成24年1月13日開催)

(8)第7回検討会(平成24年2月9日開催、最終報告)

4 主な検討内容

  • 検討会の目的
  • 検討会の進め方
  • 検討すべき課題
  • 情報についての議論
  • 身近な情報発信源としての区役所のあり方
  • 災害時におけるツイッターによる情報発信(提案)
  • 帰宅困難者の一時避難場所
  • 今後の取り組み

平成23年度瑞穂区帰宅困難者対策検討会最終報告はこちらからご覧ください。

平成23年度瑞穂区帰宅困難者対策検討会最終報告

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

瑞穂区役所区政部企画経理室

電話番号

:052-852-9242

ファックス番号

:052-851-3317

電子メールアドレス

a8529241@mizuho.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ