ページの先頭です

ミナトほのぼのライフとは?

 港区で暮らす愉快な動物たちの生活風景(ほのぼのライフ)を、ポップな1コマ漫画にのせて発信するよ!

イラストで発信する港区の魅力のバナー

▼お題:「みなとイルミナート」

みなとイルミナートを歩く様子

みなとイルミナートはロマンティック…
見ない手はない…

解説

  • 期間中は、築地口から名古屋港までの道のりがイルミネーションで輝いています。

 

▼お題:「渡り鳥」

渡り鳥が飛来する様子

毎年冬になるとお友達が増えるですよ
「オーイ」

解説

  • 藤前干潟は、伊勢湾に残る最後の大干潟で、たくさんの渡り鳥が飛来する地として有名です。
  • 平成14年には、ラムサール条約に登録されました。

 

▼お題:「オープニングセレモニー」

女性会の踊りとポートビルの様子

このオープニングなくして港区区民まつりははじまらないですよ!!

解説

  • 11月3日(火曜日・祝日)港区区民まつりみなと遊友フェスタ2015が開催されました。
  • 毎年恒例のオープニングセレモニー「女性会民謡踊り」は壮観です。

 

お題:「一斉放水演技は見ものですよ!」

放水演技の様子

大迫力の放水演技!!
港区区民まつりで見られます!

解説

  • 11月3日(火曜日・祝日)港区区民まつりみなと遊友フェスタ2015が開催されました。
  • 名古屋海上保安部、名古屋市特別消防隊、港区消防団による「一斉放水演技」が見られるのは貴重です。この機会にぜひお越しください。

 

▼お題:「ミナトグルメプロジェクト」

パイボールを食べるオコジョ

いろんな人の力をあわせてできたミナトパイボール…
おいしいですよ…
ほくほく
(Nanyo Company部、港生涯学習センター受講者の方々の顔)

解説

  • 11月3日(火曜日・祝日)港区区民まつりみなと遊友フェスタ2015が開催されました。
  • 港区の魅力発信コーナーでは、「ミナトパイボール」が300個限定で販売されました。
  • ▼お題:「ラベンダー」

    オコジョがラベンダー畑を歩くイラスト

    「この紫色を見ると心が落ち着くんですね」

    解説

    • 荒子川公園のラベンダーは、5月上旬から6月にかけてが見ごろです。
    • 20種類約3,000株のラベンダーが植えられています。

     

    ▼お題:「おてんばオコジョ」

    セアカゴコグモを駆除しに行こうとするオコジョとつっこみを入れるねこのイラスト

    「セアカゴケグモを駆除しに行くですよ」
     ババーン(虫とりあみ、虫カゴ)
    「あんたそれ虫とりでにゃーの」

    解説

    • 港区で毒を持つセアカゴケグモが発見されています。危険なので絶対に触らないでください。 

      セアカゴケグモは、本来、オーストラリアや東南アジアなどの熱帯、亜熱帯地域に生息するクモで毒を持っています。習性はおとなしく、直接さわらない限りかまれることはないといわれていますが、万一の被害を防ぐため正しい知識を持ちましょう。

     

    ▼お題:「ハイビスカス」

    「港区の花」を知っているか問う画像

    「港区の花、知ってました?」
    「答え.ハイビスカス」

    解説

    • 平成2年10月に港区の花として制定されました。
    • ハイビスカスHibiscus(あおい科)は、初夏から晩秋にかけて、新枝の葉のわきに、直径10cmから15cmほどの花を咲かせます。花色が豊富で、八重咲きの品種もみられます。

     

    ▼夏の風物詩

    名古屋港の花火を見る様子

    「花火を見ながらビールをきゅっと」
    「きゅ」
    「ドーン パチパチ ドーン」

    解説

    • 毎年、海の日に開催される「みなと祭」。花火大会がとても有名ですが、当日はたくさんの催し物など地域に根付いたお祭りです。

     

    ▼プール

    プールで遊ぶ様子

    「ジャバーン」
    「近場にこんな楽しいプールもあるですよ」

    解説

    • 港区の南西部、日光川河口に面した親水レジャー公園です。夏期には国内最大級のプール公園として親しまれています。

     

    ▼新感覚の盆踊り

    地蔵盆の様子

    「新感覚の盆踊り!!」
    「ヤミツキになりますよ…」
    「ヤレコノ ヤレコノ」

    解説

    • 西築地学区の「地蔵盆」は、普通の夏祭りとはちょっと違います。「ヤレコノ!」の掛け声で会場が一体になる盆踊りなど見どころがいっぱいです。

     

    ▼夜の水族館

    水族館でイルカショーを見る様子

    「夜の水族館がマイブームなのです!!」

    解説

    • 名古屋港水族館では、7月18日から8月31日まで、開館時間を午後8時(7月20日のみ9時)まで延長、午後5時以降は入館料が2割引きとなります。期間中は、イルカのナイトパフォーマンスなど、夜の水族館をお楽しみいただけます。

     

    ▼さくら

    戸田川緑地の桜

    「戸田川緑地の桜は、ぼくのお気に入り」

    解説

    • 戸田川緑地は、「健康とスポーツの里」を基本テーマとし、名古屋市の農業公園「農業文化園」と一体となった市南西部最大の都市公園です。園内には、四季折々の花が咲き誇ります。

     

    ▼お題:「日向ぼっこ」

    戸田川緑地公園で日向ぼっこをするイラスト

    「春は戸田川緑地で森林浴するですよ」
    「むにゃ…」

    解説

    • 戸田川緑地は、「健康とスポーツの里」を基本テーマとし、名古屋市の農業振興地域に隣接する農業公園「農業文化園」と一体となった市南西部最大の都市公園です。 

     

     

    ▼お題:「地産地消しよう」

    地元の野菜をほうばるイラスト

    「地元の野菜はおいしいなあ…」
    「うみゃー」

    解説

    • 港区は、名古屋市最大の農地が広がる南陽地区を有しています。玉ねぎ、スイートコーン、ブロッコリーなどたくさんの野菜やお米が採れます。

     

    ▼お題:「筏師は1日にしてならず」

    筏師一本乗りにチャレンジするオコジョのイラスト

    「筏師一本乗りに挑戦…!」
    「一日やそこらでは乗れるようになりません」

    解説

    • 毎年、海の日名古屋みなと祭で行われる「名古屋港筏師一本乗り大会」。名古屋市の無形民俗文化財に指定されている「一本乗り」の技術は、現在も名古屋港で働く人たちによって受け継がれています。

     

    このページの作成担当

    港区役所区政部地域力推進室地域力推進係

    電話番号

    :052-654-9621

    ファックス番号

    :052-651-6179

    電子メールアドレス

    a6549621@minato.city.nagoya.lg.jp

    お問合せフォーム

    お問合せフォームへ移動

    このページについてご意見をお聞かせください

    ご注意

    1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
    2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

    ページの先頭へ