ページの先頭です

氷室長冬開墾地(ひむろながふゆかいこんち)の碑(ひ)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年5月8日

ページの概要:氷室長冬開墾地(ひむろながふゆかいこんち)の碑(ひ)の紹介

 安政3年(1856年)名古屋若宮八幡社の神官氷室長冬が旧山崎川跡を新田開発しました。砂の多い川跡の水田化は困難な作業で、40年間無年貢でした。若宮八幡社境内に「氷室長冬開墾地」の碑があり、碑裏に協力した10人の名前が刻まれています。なお、入植者は津島・十四山・立田・荒子方面の人といわれています。

若宮八幡社の写真

若宮八幡社

氷室長冬開墾地の碑の写真

氷室長冬開墾地の碑

このページの作成担当

南区役所区政部地域力推進室生涯学習担当

電話番号

:052-823-9326

ファックス番号

:052-811-6360

電子メールアドレス

a8239326@minami.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ