ページの先頭です

交通死亡事故抑止キャンペーンを実施しました!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年1月14日

内容

名東区は、平成26年に入り、11月末現在で交通事故により5名の尊い命が失われています。これは、平成25年中に比べ3名増加しており、非常に憂慮すべき状況です。

平成26年10月1日(水曜日)より平成26年12月31日(水曜日)まで名東警察署長と名東区長との連名で、名東区交通死亡事故多発緊急宣言を発令し、区民の皆さまに交通安全を呼びかけています。

悲しい交通事故を1件でも減らしていくために、10月から12月にかけて交通安全を訴えるキャンペーンを実施しました。

交通死亡事故抑止キャンペーンの概要
 実施日時間 場所 参加人数 
10月10日(金曜日)午後4時00分から午後5時00分 西友高針店約45人
11月20日(木曜日)午後4時00分から午後5時00分 ダイエーメイトピア店 約25人
12月5日(金曜日)午後2時30分から午後3時30分地下鉄藤が丘駅前 約150人 
西友高針店でのキャンペーンの写真

10月10日(金曜日)の西友高針店でのキャンペーンの様子です。
買い物客や通行人に啓発グッズを配りました。

パトカーによる機動広報をしている写真

パトカーによる機動広報を実施しました。

ダイエーメイトピア店でのキャンペーンの写真

11月20日(木曜日)のダイエーメイトピア店でのキャンペーンの様子です。
駐車場でドライバーの方に啓発しました。

1日警察官の松原さんが話している写真

12月5日(金曜日)の地下鉄藤が丘駅前でのキャンペーンの様子です。
中京テレビアナウンサーの松原朋美さんが1日警察官として参加してくださいました。

花園保育園の園児さんがフラダンスをしている写真

とても寒い日でしたが、花園保育園の園児さんが元気にフラダンスを踊ってくれました。

花園保育園の園児さんがハンドベルをしている写真

一生懸命に練習したハンドベルの演奏と、合唱を披露してくれました。
園児さんは、その後、松原アナウンサーと一緒に交差点に立って広報をしたり、通行人に啓発グッズを配りました。

啓発グッズを配っている写真

名東区長も啓発グッズを配り、区民の皆さまに交通安全を呼びかけました。

参加団体

高針学区連絡協議会、前山学区連絡協議会、西山学区連絡協議会、名東学区連絡協議会、藤が丘学区団体連絡協議会、花園保育園、交通安全協会名東支部、名東区安全運転管理協議会、藤が丘中央商店街振興組合、トラック協会名古屋第一支部、名東タクシー会、名東交通安全ディーラー協議会、名東警察署、名古屋市交通指導員、名東区役所

このページの作成担当

名東区役所区政部地域力推進室安心・安全で快適なまちづくりの企画担当

電話番号

:052-778-3029

ファックス番号

:052-778-3027

電子メールアドレス

a7783021@meito.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ