ページの先頭です

名東区子ども青少年育成区民のつどいを開催しました!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年2月28日

開催日

平成25年12月14日(土曜日)

開催時間

午後1時30分から午後4時15分

会場

名東文化小劇場

参加人数

約350人

内容

青少年や地域の方々による活動の発表などを通じて、大人と子どもの連携を強めることを目的として毎年開催しています。
今回は、小中学生8人によるはつらつとした司会、髙針熱田神楽保存会の子どもたちによる神楽の実演、元気いっぱいのクラブチーム梅森ジャガーズの活動発表、なごや子ども条例の講演、“社会を明るくする運動”優秀作文の発表、神丘中学校吹奏楽部の心を打つ演奏など、子どもたちのパワーが会場中に伝わるイベントとなりました。
また、来場された皆さんには区の花「ナデシコ」をプレゼントしました。

司会者自己紹介の写真

小中学生の子ども司会者が自己紹介をしました。

髙針熱田神楽保存会の発表の様子

髙針熱田神楽保存会の皆さんによる神楽の実演です。

クラブチーム梅森ジャガーズの発表の様子

クラブチーム梅森ジャガーズの監督が、日ごろの活動の発表をしました。

なごや子ども条例の講演の様子

子ども青少年局の職員が、来場された皆さんになごや子ども条例について講演をしました。

“社会を明るくする運動”優秀作文の発表の様子

“社会を明るくする運動”優秀作文の発表。来場者の方々は熱心に耳を傾けました。

“社会を明るくする運動”優秀作文の発表の様子
神丘中学校吹奏楽部の演奏の様子

神丘中学校吹奏楽部による演奏。全国レベルの演奏と演出に会場は大いに盛り上がり、幕を閉じました。

写真撮影:Mami Ito(名東ボランティアカメラマン)

「自分をもっと好きになろう!そしてそんな子どもを増やそう!」というメッセージをこめたイラスト
区民の皆さんに向けて、「子どもたちへのメッセージ」を発信します!
「自分をもっと好きになろう!そしてそんな子どもを増やそう!」
私たち一人ひとりはかけがえのない存在です。全ての子どもたちが大切にされ、自分の持っている力を伸ばしながらいきいきと安心して育つような環境をつくり、そしてなによりも自分自身を肯定し、自分が好きでいられるような、そんな社会であるように、という願いをこめました。

主催

名東区役所、名東区安心・安全で快適なまちづくり協議会青少年健全育成部会

このページの作成担当

名東区役所区政部地域力推進室安心・安全で快適なまちづくりの企画担当

電話番号

:052-778-3029

ファックス番号

:052-778-3027

電子メールアドレス

a7783021@meito.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ