ページの先頭です

平成29年10月16日 市長定例記者会見

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年10月26日

報告事項

  • ランス市との姉妹都市提携調印式について
  • 名古屋市美術館特別展「ランス美術館展」関連企画について

会見動画

報告内容

◎ランス市との姉妹都市提携調印式について

それでは、おはようございます。10月16日(月曜日)ですが、会見を始めたいと思います。

 まず本日は、ランス市との姉妹都市提携調印式について、ご報告いたします。

 名古屋市とランス市は、平成25年10月の両市の美術館同士の友好提携に関する覚書の締結以来、姉妹都市提携に向けた協議を行ってまいりました。

 この度、ランス市長を初めとするランス市公式代表団の皆さまを名古屋市に迎え、10月20日(金曜日)に姉妹都市提携調印式を開催いたします。

 ランス市公式代表団の本市滞在中には、「フランス最新動向セミナー」の開催の他、名古屋まつりではシスターシティフェスティバル2017ステージや、姉妹友好都市親善パレードへの参加なども予定されておりまして、市民の皆さまにランス市の魅力を、より知っていただく機会となることを期待しております。

 今回の姉妹都市提携を機に、観光、食、文化芸術、教育など、さまざまな分野での有益な交流をさらに深めてまいりたいと思っております。

◎名古屋市美術館特別展「ランス美術館展」関連企画について

次に、現在、名古屋市美術館で開催中の「ランス美術館展」について、お知らせします。

 12月3日(日曜日)までの会期中さまざまな関連企画を実施いたします。

 まず11月13日(月曜日)に、小さいお子様連れの保護者の方にも展覧会を楽しんでいただける企画「ベビーカー・ツアー」を開催いたします。休館日に貸し切りで行うため、ベビーカーを押したり、お子様と手をつないだりして展示室を見て回ることができます。

 11月28日(火曜日)には、宗次ホールさんとの連携企画で、「ランス美術館展」をイメージしたヴァイオリンとピアノのコンサートが催されます。

 11月30日(木曜日)には、ランス市がシャンパンの産地として有名なことにちなんで、世界的ソムリエの田崎真也さんを招いた講演会を開催します。

 ぜひ市民の皆さんにお越しいただき、「見て、聴いて、味わって」姉妹都市となるランス市の魅力を感じていただきたいと思います。 

(当局:本日、3つのイベントをご紹介させていただきます。

 まず、ベビーカー・ツアーに関しましては、11月13日(月曜日)。これは月曜日で、通常ですと美術館は休館日なんですけれども、乳幼児をお連れの保護者の方に気兼ねなく美術館を楽しんでいただく、そしてランスを知っていただくということで、休館日に設定させていただきました。午前と午後の2回実施いたします。

 こちらは申し込み制のイベントになっておりまして、詳しくは名古屋市美術館のほうにお問い合わせいただければと思います。

 続きまして、宗次ホールとのコラボレーション企画がございます。こちらは、タイトルが「郷愁のパリ、そして憧れのオペラ座通り」というタイトルで実施いたします。ランス美術館展に展示されている美術作品。これが、17世紀から20世紀のフランスのパリの絵画が多いものですから、それをイメージした選曲でコンサートをお楽しみいただくという企画になっております。

 これが、奥に見えますのがオペラ座ですね。パリの中心部を描いた絵になります。

 こちらはチケット販売制となっておりまして、既に販売しておりまして、宗次ホールのチケットセンター等で現在発売をしております。

 今回のコンサートはピアノとヴァイオリンによる演奏ということで、そこに当館担当学芸員が宗次ホールの大きなスクリーンにこういった絵を映しながら、ランス美術館展の絵画の解説もするという共同企画になっております。

 最後に、11月30日(木曜日)に行います田崎真也さんをお招きした講演会についての説明をいたします。

 こちらは11月30日(木曜日)の6時からですね。こちらも美術館が1回閉館した後の貸し切りのイベントということになります。

 世界最優秀ソムリエコンクールで、日本人で初めて優勝された田崎真也氏をお招きして、シャンパンで有名なランスのまちと文化、シャンパンと芸術を通じた国際交流といったテーマで田崎真也氏に約60分間お話をいただく予定です。

 その後、ランス美術館展をゆったりと観賞していただくという、こういった企画になります。

 こちらも往復はがきによります事前申し込み制となりますので、詳しい情報等については名古屋市美術館にお問い合わせいただければと思います。)

(市長)

 これ、あれだわな。フランスだと、ヤマザキマザックの美術館あるだろ。

(当局:ありますね。)

(市長)

 あそこと何かちょっと、おもしろいことやるという手はなかったんかね。あそこは、フランス会館でね、300年ぐらい前の。

 ようけ、本物持ってござるもんだで。ということで、ええと思いますよ。照子さんが喜ぶよ。

 私からは以上でございます。

このページの作成担当

市長室広報課報道係
電話番号: 052-972-3136
ファックス番号: 052-972-3355
電子メールアドレス: a3136@shicho.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ