ページの先頭です

第5回御園学区小規模校対策検討会 会議の概要

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年3月17日

開催日時

 平成28年12月5日(月曜日) 午後2時から午後2時40分

開催場所

 御園小学校 会議室

概要

 第4回検討会以降の経過について報告し、移転準備に向けた今後の流れについて話し合いを行った。

主な協議の内容

(1)第4回検討会以降の経過報告

 10月31日(月曜日)、名古屋市役所東庁舎教育委員会室において、教育委員会へ「御園小学校を丸の内中へ移転する」という旨の「御園小学校の小規模校対策に関する要望書」が提出された。これを受けて、11月7日(月曜日)、教育委員会において協議され、さらに11月17日(木曜日)、市会の常任委員会の一つ教育子ども委員会で協議された。

 協議の結果、要望書に従い、進めていく運びとなった。

(2)経過報告に対する質疑

 「11月18日(金曜日)の新聞朝刊に『御園小を丸の内中へ 市教委 敷地内に移転方針』として掲載された。この記事によると『小中一貫校にはならない』とあった。どういう意味か。」

→ 小学校中学校9年間のカリキュラムを学校の裁量で変更できる「小中一貫校」にはならない。名古屋の先行事例となる笹島小中学校は、カリキュラムの変更をしない「小中一貫教育校」である。今後、小学生と中学生が交流できるような活動は必要であるので、どんな取組ができるのかについては、設立を考えている移転準備会において検討したい。(事務局)

(3)その他

  • 会の解散
     今回の会議をもって御園学区小規模校対策検討会の目的を達成。解散する。
  • 移転準備会について
     今後は、移転に向けて教育内容などの話し合いをするため、移転準備会を設立して進めていく。
  • 跡地について
     三溝会長より。「学校移転後の跡地については、どうしていくかについて話し合いが必要。学区、保護者と検討をしていく機会を作りたい。移転準備会とは別の組織として、現在の小規模校対策検討会のメンバーを中心に進めていきたい。」
     跡地についての主な質疑
     「名古屋市の土地であり、我々の考えがどこまで聞いてもらえるか分からないが、御園学区にはコミュニティセンターがないし、避難所もなくなってしまう。どうなるのか。」
    → 御園小跡地について、防災の拠点や、地域のコミュニティの場についても大切な課題として認識している。(事務局)

公開・非公開の別

公開

出席委員

15名

傍聴者

0名

このページの作成担当

教育委員会事務局総務部教育環境計画室学校規模の適正化担当

電話番号

:052-972-3282

ファックス番号

:052-972-4176

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ