ページの先頭です

その道の達人の派遣

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年4月1日

趣旨

その道の達人派遣事業とは、「環境問題」「国際理解」「ものづくり」「読書活動」「芸術文化」「健康福祉」などのテーマを中心に、学校の求めに応じ、それぞれの分野の専門家が小中学校に出向き、自らの専門分野を子どもたちに分かりやすく教えるもので、平成15年度から開始されました。また、平成16年度からは高等学校においても実施されています。

事業の目指すもの

  1. 誇りと愛着のもてるまち
  2. 理科好きの子どもの育成
  3. 他局との連携と人材の活用
  4. 職業観、勤労観を育成

小学校・中学校・特別支援学校

小・中・特別支援学校の派遣テーマ・内容・プログラム数一覧
テーマ内容プログラム数
教えて博士!なぜ?なに?ゼミナール

・名古屋市立大学の教授等が自らの専門分野について分かりやすく教える。
・市立大学留学生(中国・韓国・ドイツ)との交流

53
出前ミュージアム

名古屋市博物館・科学館・美術館の学芸員、ボランティア等が火縄銃・土器、実験用具等を持参して学校で授業を行う。
博物館の出前歴史セミナー
科学館の出前ものづくり工房 他の出前講座
美術館の出前アート体験

24

ブックトーク&読み聞かせ
(読書活動推進事業)

図書館の司書等が学校に出かけ、ブックトークを行う。
おはなし会(読み聞かせ)
本の紹介など

1

外国人とのふれあいタイム

国際センターの外国人講師等を小中学校へ派遣し、子どもたちとの交流を図る。
外国の文化、生活の紹介

講師119人
45ヵ国+1地域
匠の体験、ものづくり講座

名古屋のものづくりの伝統、「技」と「心」を子どもたちに伝える。名古屋市技能職団体連合会とのタイアップ事業

24
ウィズ・アーティスト
芸術家と一緒に

愛知芸術文化協会の会員のアーティストが伝統芸能や演劇などの実技指導や実演を行う。

75
福祉ボランティア体験学習

手話、点字や車いす、アイマスク、高齢者擬似体験などの体験プログラムを実施する。社会福祉協議会とのタイアップ事業

8

高等学校

高等学校の派遣テーマ・内容・プログラム数一覧
テーマ内容プログラム数
教えて博士!なぜ?なに?ゼミナール

名古屋市立大学の教授等が自らの専門分野について分かりやすく教える。

56
出前ミュージアム

名古屋市科学館の学芸員が、科学に関する講義を行う。
例:「江戸の機械技術」等

3

匠の体験、ものづくり講座

名古屋のものづくりの伝統、「技」と「心」を高校生たちに伝える。名古屋市技能職団体連合会とのタイアップ事業
例:大工教室等

17
外国人とのふれあいタイム

国際センターの外国人講師等を各学校へ派遣し、高校生との交流を図る。
外国の文化、生活の紹介

講師119人
45ヵ国+1地域

このページの作成担当

教育委員会事務局学校教育部指導室

電話番号

:052-972-3236

ファックス番号

:052-972-4177

電子メールアドレス

a3236@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ