ページの先頭です

ESDフレンドシップ事業について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年3月23日

ページの概要:ESDフレンドシップ事業について紹介しています。

事業のねらい

平成26年度、「あいち・なごやユネスコ世界会議」が開催され、「あいち・なごや宣言」が採択されました。これを受け、平成27年度から「ESDフレンドシップ事業」を立ち上げ、先進的な取り組みをしている名古屋市立学校(園)を支援し、その成果を普及し、ESDを継続・発展させることを目指しています。

ESDは、Education for Sustainable Developmentの略で、「持続可能な開発のための教育」と訳されます。

実施校

新年度4月1日現在で、ユネスコスクールに加盟及び加盟申請手続きを行っている名古屋市立の学校(園)とします。

実施内容

「なごやの学校」に実践記録の一部を掲載します。

エコ・フレンドシップ事業(平成18年度から平成26年度)

 名古屋市教育委員会では、平成18年度からエコ・フレンドシップ事業として、「環境未来探検隊」の派遣と「なごや子ども環境会議」の開催を実施してきました。平成22年度には「子どもCOP10あいち・なごや」として、愛知県の子どもたちとともに活動し、「国際子ども環境会議」を開催しました。

 環境未来探検隊は、2005年に開かれた「愛・地球博!」を受け、「環境に目を向け、守り、継承する意識」をもった子どもたちを育てようと組織されました。

 平成18年度から22年度は、市内小中学生36人程度を自然豊かな地へ派遣し、自然体験や環境を守る人との交流を図りました。派遣先は、18年度は、知床・釧路湿原、19年度は、阿蘇草原・北九州市、20年度は、豊岡市・琵琶湖、21年度は、佐渡・新潟市、22年度は、白神山地でした。

 平成23年度からは、隊員を公募し、いくつかのコースに分けて、身近な地域で活動を行ってきました。

このページの作成担当

教育委員会事務局指導部指導室

電話番号

:052-972-3236

ファックス番号

:052-972-4177

電子メールアドレス

a3236@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ