ページの先頭です

留守家庭児童健全育成事業(学童保育)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年3月11日

ページの概要:留守家庭児童健全育成事業(学童保育)について

 本市では、就労等により下校後保護者が不在で、適切な監護が受けられない児童の健全育成を図るため、児童館に留守家庭児童クラブを設けて運営を行うとともに、地域の留守家庭児童育成会に助成を行っています。

 留守家庭児童育成会や児童館留守家庭児童クラブにお子さんの入会を希望される方は、お住まいの区の区役所民生子ども課民生子ども係又は児童館までご相談下さい。

対象児童

 市内の小学校の第1学年から第6学年に在学し、就労等下校後保護者が不在の児童(平成27年4月からのご利用から)

指導日

日曜日・祝休日・年末年始を除く毎日(地域の留守家庭児童育成会によっては異なることがあります。)

指導時間

児童館は午後1時から午後6時まで。ただし、春・夏・冬休みは午前中も実施しています。

地域の留守家庭児童育成会は、個々に時間が異なります。

指導内容

 専任の指導員をおき、健全な遊びを通して正しい生活習慣を身につけるよう指導にあたるとともに、季節にあった行事等を行います。

その他

 おやつ代等保護者負担があります。

 子育てをしながら安心して働き続けることができるよう、放課後における留守家庭児童の健全育成を図ります。

育成会及び児童クラブマップ

放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の制度改正について

 留守家庭児童育成会(学童保育所)を始めとする放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)について、質の向上を図るため、児童福祉法の一部改正に伴い、国の基準(厚生労働省令)を踏まえ、新たに放課後児童クラブの設備及び運営に関する基準条例を定めました。

 新たな基準は平成27年4月1日施行となっておりますが、留守家庭児童育成会を始めとする放課後児童クラブの事業者向けに制度改正の概要をまとめましたので、平成26年10月16日に開催した留守家庭児童育成会臨時運営委員長会議資料を公開いたします。

 留守家庭児童育成会臨時運営委員長会議資料

名古屋市放課後児童健全育成事業の届出について

 児童福祉法の一部改正に伴い、平成27年4月1日以降、国や自治体以外の事業者等(現に実施している事業者等を含む)が放課後児童健全育成事業を行う場合については、市への届出が必要です。また、届出内容に変更等を生じた場合についても、その都度届出が必要です。

 名古屋市放課後児童健全育成事業の届出について

このページの作成担当

子ども青少年局 青少年家庭部 放課後事業推進室 放課後事業に係る企画調整担当
電話番号: 052-972-3092・3092
ファックス番号: 052-972-4119
電子メールアドレス: a3092@kodomoseishonen.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ