ページの先頭です

安心・安全情報

このページを印刷する
  • 火災予防上の命令を受けている対象物

    消防法では、消防機関が立入検査等により火災予防上の危険や消防法違反を把握し、その改修や使用停止などの命令を発した場合には、その旨を公示しなければなりません。名古屋市消防局では、命令を行っている対象物の所在地、名称等をその施設の利用者や近隣の方々の安全のためにお知らせしています。

  • 違反対象物に係る公表制度

    違反対象物に係る公表制度に該当する防火対象物(建物)を公表しています。

  • 火災予防条例に基づく指定催しの公表について

    大規模な屋外催し(1日当たりおおむね10万人以上の人出が予想され、主催者が認める露店等の開設数が100以上になることが予定されているもの)で、消防長が「指定催し」として指定した催しを火災予防条例に基づき公表します。

  • ホテル・旅館等に対する適マーク制度

    名古屋市内のホテル・旅館等について、消防法令のほか、建築基準法に定める建築構造等の基準に適合している防火対象物(建物)の情報を利用者にお知らせします。

火災予防に関する基礎知識に戻る

ページの先頭へ