ページの先頭です

土地・家屋の利用状況が変わる場合について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年1月4日

 

 住宅用地については、特例による税負担の軽減措置があります。この特例措置を正しく適用するために、土地や家屋の利用状況に変更があった場合には、申告をしていただくこととなっています。

 

 次のような場合は、土地・家屋の所在する区を担当する市税事務所(土地調査係・家屋係)へお知らせください。

  • 住宅を新築し、その敷地が新たに住宅用地になった場合
  • 住宅を取り壊し、その敷地が住宅用地でなくなった場合
  • 事務所・店舗・倉庫などを住宅に用途変更し、その敷地が住宅用地になった場合
  • 住宅を事務所・店舗・倉庫などに用途変更し、その敷地が住宅用地でなくなった場合
  • 住宅の一部の用途を変更し、居住部分の割合が変わった場合
  • 1月1日現在、住宅を建替え中の場合

お問い合わせ先

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ