ページの先頭です

「通知カード」及び「個人番号カード」について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年6月22日

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付状況について

マイナンバーカードの交付手続きには、地方公共団体情報システム機構が運営・管理するカード管理システムを使用しますが、平成28年4月まで断続的にシステム不具合があった影響により、申請された方へ交付通知書(カード受け取りのご案内)の発送が大幅に遅れています。

マイナンバーカードを申請された皆様には、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

 

本市における交付通知書の発送状況は次のとおりです。

マイナンバーカード交付通知書の発送状況

通知カード及び個人番号カードに関するお問い合わせ

マイナンバー総合フリーダイヤル(無料)

【電話番号】

  • 0120-95-0178

【対応時間】

  • 平日:午前9時30分から午後8時まで
  • 土曜日、日曜日、祝日:午前9時30分から午後5時30分まで

 ※年末年始を除く

名古屋市マイナンバーコールセンター

【問合せ対応業務】

  • 通知カード及び個人番号カード交付申請書に係る記載事項の誤りや変更に関すること
  • 住所異動等による通知カードの未受取りに関すること

【電話番号】

  • 052-307-8273

【対応時間】

  • 平日午前9時00分から午後5時00分まで(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始を除く)

 ※通話料が必要です

通知カード

住民票の住所に簡易書留で郵送されます

通知カードとは

通知カードは、住民票を有する全ての方に割り振られた、個人番号(マイナンバー)を通知するためのカードで、住民票の住所に簡易書留で郵送されます。個人番号(マイナンバー)は、年金・雇用保険・医療保険の手続き、生活保護・児童手当その他福祉の給付、確定申告などの税の手続きなどで、申請書等に個人番号(マイナンバー)の記載を求められることになりますので、通知カードは紛失しないよう大切に保管してください。

簡易書留に同封されるもの

  1. 通知カード
  2. 個人番号カード交付申請書と返信用封筒
  3. 個人番号(マイナンバー)についての説明書類

※2は個人番号カードの交付を希望する場合に使用していただくことになります

通知カードの表面と裏面のイメージ図

区役所(支所)に戻された通知カードの受け取りについて

ご不在等の理由で通知カードをお届けすることができず、郵便局で一定期間保管されたのち、住所地の区役所(支所)へ戻されている場合があります。ご不在の場合に郵便局が投函する「簡易書留ご不在連絡票(マイナンバー専用)」をご確認ください。

区役所(支所)へ通知カードが戻された場合は、各世帯主様宛に「通知カードが返戻されていることのお知らせ」をお送りします。お知らせが届いた方は、当該お知らせと下記の書類を住所地の区役所市民課(支所管内の住所の方は支所区民生活課市民係)窓口へ持参し、通知カードをお受け取りください。

なお、「通知カードが返戻されていることのお知らせ」が届く前でもお受け取りできます。

※郵便事情により、不在連絡票が入らないことがあります。郵便に関するご不明な点は、各区の郵便局へご確認ください。

※平成28年3月末までに区役所(支所)へ返戻された通知カードは、平成28年12月末まで保管していますので、お早目に窓口でお受け取りいただくようお願いします。

窓口にお持ちいただくもの

【本人もしくは本人と同一世帯の人が来庁する場合】

  • 来庁する人の本人確認書類(※1の(a)1点または(b)2点)

【代理人が来庁する場合】

  • 本人の本人確認書類(※1の(a)1点または(b)1点)
  • 代理人の本人確認書類(※1の(a)1点または(b)2点)
  • 代理権の確認書類(※2)

※1 本人確認書類

(a) 運転免許証、旅券、身体障害者手帳、療育手帳、在留カード等(顔写真付きに限る)

(b) 健康保険証、年金手帳、社員証、学生証等(「氏名、生年月日」または「氏名、住所」が記載されたものに限る)

※2 代理権の確認書類

【法定代理人の場合】

戸籍謄本、成年後見の登記事項証明書、その他資格を証する書類

【任意代理人の場合】

委任状

注意事項

  • 通知カードを本人確認書類として使用することはできません。
  • 通知カードの再交付手数料は500円です。
  • 通知カードの受領後に住所変更の手続きをする際は、市区町村の窓口に忘れずにお持ちください。

住民票の住所地以外にお住まいの皆様へ

やむを得ない理由により住民票の住所地で通知カードを受け取ることができない場合、住民票の住所ではないところで通知カードを受け取ることができます。

【申請が必要な方】

  • 東日本大震災による被災者で、住所地以外の居所に避難されている方
  • DV等被害者であり、住所地以外の居所に移動されている方
  • 一人暮らしで長期間、医療機関・施設等に入院・入所されている方
  • 上記以外の方で、やむを得ない理由により住所地以外の居所にお住まいの方

詳細はこちらをご確認ください。

やむを得ない理由により住民票の住所地以外にお住まいの皆様へ

個人番号カード

希望者に個人番号カードを交付します

個人番号カードとは

個人番号カードは、ICチップのついたカードで、公的な本人確認書類として利用でき、税の電子申告(e-Tax)などに必要な電子証明書が標準搭載され、表面に氏名、住所、生年月日、性別と顔写真、裏面にマイナンバーが記載されています。「通知カード」と一緒に送付される交付申請書を記載し郵送することで、平成28年1月以降、初回に限り無料で取得することができます。

個人番号カードの表面と裏面のイメージ図

申請方法

個人番号カードの交付を希望する場合、以下のいずれかの方法で申請することができます。

【郵送による申請】

通知カードに同封されている申請書に必要事項を記入し、返信用封筒に封入し郵便ポストへ投函する。

※住所・氏名等が変更している場合は、旧申請書は使用できません。現在、お住まいの区役所(支所)で新しい申請書をお受け取りください。

【スマートフォンもしくはパソコンからの申請】

申請用WEBサイトにおいて必要事項を記入し、顔写真を登録し送信する。

【証明写真機からの申請】

写真機の案内に従い、交付申請書のQRコードを用いて申請する。

※個人番号カードの交付申請に対応していない顔写真機もありますのでご注意ください。

詳細はこちらをご確認ください。

個人番号カード総合サイト(外部リンク)別ウィンドウ

 

個人番号カードの受け取りについて

個人番号カードの申請後、地方公共団体情報システム機構で作成された個人番号カードが住所地の区役所(支所)へ送付されます。交付準備が整い次第、交付通知書を送付しますので、交付通知書に記載された交付場所へ、交付通知書、通知カード及び本人確認書類(※)をお持ちいただき、個人番号カードをお受け取りください。

※本人確認書類は以下のとおりです

(1) 住民基本台帳カード(写真付きのものに限る)・運転免許証・旅券・在留カード・特別永住者証明書・身体障害者手帳のうち1点

(2) (1)をお持ちでない場合は「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載されている健康保険証・年金手帳・社員証・学生証・学生証等のうち2点

注意事項

  • 現在、名古屋市では企業や学校等へ職員が出張し、個人番号カードの申請を一括して受付するサービス及び区役所(支所)窓口での申請受付は実施しておりません。
  • 個人番号カードの交付を受ける場合、通知カードは返納する必要があります。
  • 住民基本台帳カードをお持ちの方が個人番号カードを取得する場合、住民基本台帳カードは返納する必要があります。

住民基本台帳カードをお持ちの方へ

個人番号カードの導入に伴い、平成27年12月28日で住民基本台帳カードの発行が終了しました。それまでに発行された住民基本台帳カードは有効期間までご利用いただけます。住民基本台帳カードをお持ちの方が個人番号カードを取得する場合、住民基本台帳カードは廃止となりますのでお気を付けください。

電子証明書をお持ちの方へ

マイナンバー制度の導入に伴い、住民基本台帳カードへの電子証明書の発行は平成27年12月22日で終了しました。それまでに発行されたものは平成28年1月以降も、有効期間までご利用いただけます。

詳細はこちらをご確認ください。

公的個人認証サービス

このページの作成担当

市民経済局地域振興部住民課戸籍住民係

電話番号

:052-972-3114

ファックス番号

:052-953‐4396

電子メールアドレス

a3114@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ