ページの先頭です

台帳の調製について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2013年9月12日

ページの概要:動物取扱業者が行う台帳の調製についてのご説明

台帳について

 第一種動物取扱業者は台帳を調製し、5年間保存しなくてはなりません。

 台帳は、動物愛護センターの動物愛護監視員が、施設への立入り監視の際に確認を行うことがあります。

台帳の種類

1 販売時における説明及び確認(貸出時における情報提供)実施状況記録台帳

 販売業者と貸出し業者は、調製しなくてはなりません。

 台帳の様式は、決まっているので、次の様式を使用してください。

販売時における説明及び確認(貸出時における情報提供)実施状況記録台帳

2 飼養施設の清掃、消毒及び保守点検の実施状況について記録した台帳

 飼養施設がある業者は、調製しなくてはなりません。

 台帳の様式は、決まっていませんので、次の様式を参考にして作成してください。

飼養施設及び動物の点検状況記録台帳

3 飼養施設を1日1回以上巡回を行い、動物の数及び状態を確認するとともに、その実施状況について記録した台帳

 飼養施設がある業者は、調製しなくてはなりません。

 台帳の様式は、決まっていませんので、次の様式を参考にして作成してください。

飼養施設及び動物の点検状況記録台帳

4 販売、貸出し又は展示の用に供するために動物を繁殖させる場合、動物の繁殖の実施状況について記録した台帳

 飼養施設があり繁殖を行う販売業者、貸出業者、展示業者は、調製しなくてはなりません。

 台帳の様式は、決まっていませんので、次の様式を参考にして作成してください。

繁殖実施状況記録台帳

5 動物の仕入れ、販売等の動物の取引状況について記録した台帳

 全ての動物取扱業者が、調製しなくてはなりません。

 台帳の様式は、決まっていませんので、次の様式を参考にして作成してください。

取引状況記録台帳

犬猫等販売業者の個体ごとの帳簿について

犬猫等販売業者は犬猫の個体ごとに帳簿を作成し、保管しなければなりません。

帳簿の保存期間は5年間です。

帳簿の様式は決まっていませんが、次の添付書類を参考にして作成してください。

 

 

犬猫等販売業者の個体ごとの帳簿

相談窓口

相談窓口は、名古屋市動物愛護センターです。

名古屋市動物愛護センター

このページの作成担当

健康福祉局健康部食品衛生課獣医務係

電話番号

:052-972-2649

ファックス番号

:052-955-6225

電子メールアドレス

a2649@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ