ページの先頭です

集団認知行動療法プログラム

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年3月13日

集団認知行動療法プログラムの普及

名古屋市精神保健福祉センターここらぼでは、民間の施設が技術等の方法を実践できるよう先駆的なプログラム等を普及することにより、市域の精神科医療機関、その他関係機関のレベルアップを目指します。

平成24年度から令和元年度

平成24年度より実施してきました、うつ状態により離職(休職)している方が復職、再就職の準備性を高める集団認知行動療法プログラム「リワーク支援プログラム」は、令和元年度をもって終了することとなりました。

終了するにあたり、これまでの当センターでのプログラムの実施内容や実績、取り組んできた所感等をまとめた「ここらぼリワーク支援プログラムのまとめ」の発行を予定しています。
完成しましたら、当ホームページに掲載し、支援方法の普及を行う予定です。

平成20年度から平成23年度

平成20年度から平成23年度まで実施していたうつ病で離職(休職)している方を対象にした精神科デイケアについて、支援方法の普及を行っております。詳細について、下記ページリンクよりご覧いただけます。

うつ病で離職(休職)している人の支援方法の普及

平成16年度から平成19年度

平成16年度から平成19年度まで実施していた社会的ひきこもりの方を対象にした精神科デイケアについて、支援方法の普及を行っています。詳細について、下記リンクページよりご覧いただけます。

集団によるひきこもりの人の支援方法の普及

このページの作成担当

健康福祉局 障害福祉部 精神保健福祉センター
電話番号: 052-483-2095
ファックス番号: 052-483-2029
電子メールアドレス: a4832095@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ