ページの先頭です

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年4月1日

ページの概要:あなたの街の洪水・内水ハザードマップについて

あなたの街の洪水・内水ハザードマップについて

  •  平成12年の東海豪雨、平成20年8月末豪雨や平成23年台風第15号など、近年、河川や下水道の能力を超える大雨により浸水の被害が多く発生しています。
  •  名古屋市では、洪水(河川のはん濫による浸水)や内水はん濫(大雨による浸水)による浸水が予想される地域を示した「洪水・内水ハザードマップ」を平成22年6月に作成しました。
  • 現在掲載されているものは平成27年4月に更新されたものです。
  • 以下の添付ファイルについてはテキスト情報のない画像データになります。内容を確認したい場合は下記の連絡先までお問い合わせください。

 

洪水・内水ハザードマップイメージ画像

利用方法

  •  地図面は、河川のはん濫による洪水や大雨による浸水の場合の想定される浸水区域やその浸水深が地図上に表示されています。あなたの住んでいる街がどの程度浸水する危険性があるのか把握しておきましょう。
  •  情報面は、浸水のメカニズム、生命財産を守る情報、浸水時の行動、日頃の準備に関する情報が掲載されています。避難行動について家族等であらかじめ話し合っておきましょう。

入手方法

  •  このページの下方にある添付ファイルを印刷してご利用ください。
  •  印刷のできない方は、各区役所で該当区版のマップの閲覧、配布をしています。
  •  市役所(市民情報センター)では、全区版の閲覧、販売をしています。

 

風水害時に役立つ情報

  •  洪水・内水ハザードマップの情報面には、「浸水発生のメカニズム」、「生命財産を守る情報」、「浸水時の行動」、「日頃の準備」といった内容の、風水害時に役立つ情報が載っています。
  •  特に「浸水時の行動」では、避難行動の目安を説明しています。 これは、洪水・内水ハザードマップの地図面に示してある自宅周辺の浸水想定深をもとに、避難が必要か不要か、また、避難が必要であれば、自宅等の上階への避難が可能なのか、避難所等の安全な場所への避難が必要なのかといった避難行動の目安を表しています。
避難行動の目安

マップの掲載について

 添付ファイルに掲載されている通常版と詳細版は同じ内容で、データ容量が異なります。拡大せずに全体を閲覧・印刷される場合は通常版をご利用ください。
 災害時等でウェブサイトへのアクセスの集中が考えられるときは、データ容量の小さい通常版データをご利用ください。
 区内の一部を拡大して、より詳細に閲覧・印刷したい場合は、データ容量の大きい詳細版データをご利用ください。

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ(通常版)

 マップを印刷して、いつでも確認できるように手元に置いておきましょう。

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ(詳細版)

以下のファイル(詳細版)はファイルのサイズが大きいため、ファイルを開くのに時間がかかることがあります。

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ(情報面)

風水害時に役立つ情報と、各区の災害時連絡先等が1枚にまとまったものです。

 

内水ハザードマップについて

名古屋市上下水道局ホームページにおいても「内水ハザードマップ」がご覧いただけます。

名古屋市上下水道局ホームページ(外部リンク)別ウィンドウ

浸水実績図について

過去の水害で浸水した区域を示した図がご覧いただけます。

浸水実績図のページへ

このページの作成担当

防災危機管理局 危機対策室情報・啓発担当

電話番号

:052-972-3526

ファックス番号

:052-962-4030

電子メールアドレス

a3526@bosaikikikanri.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ