ページの先頭です

橋梁の耐震対策

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年9月9日

ページの概要:名古屋市で行われている橋梁の耐震対策について代表的なものを紹介します。

橋梁の耐震対策事例

名古屋市では、緊急輸送道路に架かる橋梁や鉄道・道路をまたぐ橋梁、その他市民生活に影響の大きい道路に架かる橋梁のうち、阪神大震災において被災の多かった形式と同じ形式のものを優先的に、橋桁が落ちたり柱が倒れたりしないようにするための対策を進めてきました。平成24年度からは緊急輸送道路に架かる橋梁について、地震が発生しても道路に大きな段差が生じたりしないようにするなど、被害が発生しても速やかに復旧ができるようにするための耐震対策を進めています。

橋梁の耐震対策には様々な方法がありますが、代表的なものを紹介します。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

緊急輸送道路とは?

緊急輸送道路とは、地震発生時における災害応急対応の円滑な実施を図るため、緊急物資の供給に必要な人員及び物資等の輸送を行うための道路です。

第1次緊急輸送道路

災害直後の初期活動のため必要となる、最優先防災拠点施設(警察・消防・病院・区役所)をネットワークするものです

第2次緊急輸送道路

発災後の復旧活動のため、防災拠点(広域避難場所・備蓄倉庫等)、ライフラインの管理施設などをネットワークするものです

緊急輸送道路と耐震対策予定の橋梁位置図

コンテンツ提供担当・問合せ先

橋梁に関すること

緑政土木局道路建設部道路建設課橋梁保全係
電話番号:052-972-2869
ファックス番号:052-972-4168
電子メールアドレス:web-dorokensetsu@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

緊急輸送道路に関すること

緑政土木局路政部道路管理課監理係
電話番号:052-972-2851
ファックス番号:052-972-4167
電子メールアドレス:a2841@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

応対時間

月曜から金曜日(祝日及び休日を除く)の午前8時45分から午後5時30分まで。
ただし、ファックス及び電子メールに関しては、常時受け付けます。

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ