ページの先頭です

地域防災協力事業所表示制度

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年3月2日

ページの概要:大規模災害時における地域と事業所との支援協力体制づくりについて地域防災協力事業所表示制度の概要について

大規模災害時における地域と事業所との支援協力体制

 地震や台風などの大規模な災害時に大きな効力を発揮するのが、事業所が保有している様々な資器材や敷地、人的協力などです。

 平成7年の阪神・淡路大震災においても、事業所と地域の人々が協力し、事業所が保有していた資器材(バール、ジャッキ、ポンプ、ホース等)を活用しての消火活動や救助活動により、被害の軽減に大きく寄与した事例があります。

 現在、名古屋市では「防災安心まちづくり運動」を通じて、地域ぐるみで様々な防災に関する取り組みを行っていただいておりますが、その中で、地域とその地域の中にある事業所との双方合意による地域への大規模災害時の支援協力に関する覚書の締結など、地域と事業所との支援協力体制づくりの推進を図っています。

 覚書の締結による地域支援協力は、日頃から、事業所が現有している資器材等の提供などの連携を図っておくことにより、災害時の被害を軽減することを目的としています。

 地域に対する事業所の支援協力は、事業所のできる範囲で現有している資器材等の提供を行っていただくものであり、新たな資器材等の準備を行っていただくものではありません。また、小学校等の公的な避難所のように、不特定多数の市民に対して避難場所の提供などを行っていただくものでもなく、覚書を締結した地域の住民の方々に対して、支援協力を行っていただくものです。

 地域と事業所との支援協力体制づくりには、事業所の皆様のご理解とご協力が必要です。

 「敷地が広いから、避難するときに使ってもいいよ」「フォークリフトやジャッキならあるぞ」「毛布なら貸し出せるよ」「井戸があるから使って」など、現在所有されている資器材や敷地などで地域にご協力できることがあれば、是非とも、大規模災害時における地域への支援協力について、ご協力をよろしくお願いします。

防災安心まちづくり運動

支援協力事例

水害時に立体駐車場を一時的な避難所として提供

↑水害時に立体駐車場を一時的な避難所として提供

震災時の救出機材としてジャッキ、バールを提供

↑震災時の救出機材としてジャッキ、バールを提供

避難場所での給食用コンロとして七輪、炭を提供

↑避難場所での給食用コンロとして七輪、炭を提供

震災時の救出機材としてフォークリフトを提供

↑震災時の救出機材としてフォークリフトを提供

地域防災協力事業所表示制度の趣旨

 防災安心まちづくり運動の重点事項の一つである、大規模災害時における地域と事業所との支援協力体制づくりを促進し、地域防災力の向上を図るため、大規模災害時における地域との支援協力に係る覚書等を書面により締結した事業所に対し、地域の防災に関して地域貢献している地域防災協力事業所であることを示すシンボルマークをあしらった「地域防災協力事業所表示証」を交付するものです。

地域防災協力事業所表示証

地域防災協力事業所表示証の写真

大きさ:264×186mm 材質:アクリル樹脂 下地:シルバー
マーク:青 文字:青、黒

表示証の表示方法

  • 事業所の玄関など、見えやすい位置に置いてください。
  • 交付された表示証を自社で作成するパンフレット、チラシ、ポスターなどの広告物に掲載することもできます。

中央のマーク

 中央のマーク(3人の人が丸で囲まれているもの)は、地域で結成されている自主防災組織のヘルメットや旗などに入っているもので、大規模な災害が発生したときには、地域で協力しあって「自分達のまちは、自分達で守る」という意味で昭和56年から名古屋市で使用している伝統のあるマークです。

自主防災組織

地域防災協力事業所表示証の交付要件

 『大規模災害時における支援協力に関する覚書等を書面で地域と締結している事業所で、「地域防災協力事業所表示証交付申請書」により消防署長あて交付申請し、交付決定された事業所』が、地域防災協力事業所表示証の交付を受けることができます。

覚書等の締結や表示証交付申請の流れ

1 地域への支援内容の検討

 防災に関する地域への支援協力内容をご検討していただき、管轄(事業所が所在する区)の消防署へご相談ください。

支援協力内容の例

主な支援協定の内容

  • 一時的な避難場所・応急救護所の提供(敷地・駐車場・会議室・ショールーム等)
  • 消火器や救助資器材の提供
    ジャッキ・バール・AED・担架・水中ポンプ・スコップ・つるはし・ライト・ハンマー・エンジンカッター・のこぎり・ロープ・土嚢袋・各種工具・チェーンソー等
  • トイレ・入浴の提供
  • 飲料水、井戸水の提供
  • 食料、炊き出しの提供
  • ペットの一時預かり、飼育管理助言の提供
  • 自家発電機による電気の供給
  • バス、トラック等の車両及び運転手、小型舟艇等の提供
  • 重機、掘削機等の土木建設機材やオペレータの提供
  • 介護サービス、車いす・紙おむつ・医薬品等の提供
  • 災害用物資の保管場所の提供
  • 日用品(生活用品)の提供
  • 人員による支援

2 地域との覚書の締結

 管轄の消防署の仲介により、学区(小学校区)単位で組織されている防災安心まちづ くり委員会や地元の自主防災会の代表者の方などと地域への支援協力内容について検討し、合意のうえ、覚書等を締結します。

3 地域防災協力事業所表示証の交付申請

 防災に関する地域への支援協力について、地域と書面により覚書等を締結していただいた事業所の方は、地域防災協力事業所表示証の交付を受けることができます。

 交付を希望される場合は、交付申請書と覚書等の写しを管轄の消防署予防課まで提出していただきます。

4 地域防災協力事業所表示証の交付

 交付申請が審査され受理されましたら、管轄の消防署から地域防災協力事業所表示証が交付されます。

地域防災協力事業所表示証交付申請書

交付申請書等の様式

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

地域防災協力事業所表示証の交付事業所の一覧

地域防災協力事業所表示証の交付を受けた事業所のうち、このコンテンツでの公表に同意していただいた事業所は、交付事業所一覧表のとおりです。事業所名の公開に同意いただいた事業所が大変多いため、PDFファイルのみでの公開とさせていただきますのでご了承ください。なお、各事業所毎の協力内容は、地域団体との覚書き毎に異なることから、所轄消防署にお問い合わせください。

地域防災協力事業所表示証の交付事業所一覧(平成29年3月1日現在)

このページの作成担当

消防局予防部予防課市民安全係

電話番号

:052-972-3543

ファックス番号

:052-972-4196

電子メールアドレス

00shiminanzen@fd.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ