ページの先頭です

ねたきり・認知症高齢者の税の障害者控除

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年1月4日

内容

所得税や市・県民税の納税義務者本人又は、納税義務者の控除対象配偶者、扶養親族が年齢65歳以上で、次の表の(1)から(3)のいずれかに該当し、社会福祉事務所長から障害者控除対象者の認定を受けた場合は、所得税や市・県民税の障害者控除の対象となり、所得金額から一定額が控除されます。

障害者控除対象者認定の対象者と税の控除額
区分障害者特別障害者
対象者(1)知的障害者(軽度・中度)に準ずる方(2) 知的障害者(重度)に準ずる方
(3) 6か月以上ねたきりで、食事・排泄等の日常生活に支障がある方
控除額所 得 税:27万円控除
市・県民税:26万円控除
所 得 税:40万円控除
市・県民税:30万円控除

※上表の(1)から(3)の認定基準と介護保険の要介護認定の基準は異なりますが、介護保険の要介護認定を受けられた方は控除認定の対象となる場合があります。

※同居している控除対象配偶者または扶養親族が特別障害者に該当する場合は、所得税については障害者控除の額に35万円、市・県民税については23万円が控除額に加算されます。

※所得税の確定申告をされている場合は、市・県民税について改めて手続きをする必要はありません。

申請

障害者控除対象者の認定を受けるには窓口での申請が必要です。

申請に必要なもの

申請者の印鑑

※申請書は区役所・支所の窓口にてお渡ししますが、下記よりダウンロードすることもできます。

申請の受付窓口

お住まいの区の福祉課(支所管内にお住まいの方は支所区民福祉課)(郵送不可)

注意事項

身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳などにより障害者控除が受けられる方については、認定の申請は不要です。

認定

障害者控除対象者として認定された方には、障害者控除対象者認定書を交付します。年末調整、確定申告、市・県民税の申告の際にご使用ください。

障害者控除対象者認定書は対象者の障害事由に変更・消滅が生じない限り、次年度以降も使用できます。

問い合わせ先

所得税の申告・お問い合わせは、各税務署へ

市・県民税の申告・お問い合わせは、お住まいの区を担当する市税事務所の市民税課へ

障害者控除対象者認定の申請・お問い合わせは、お住まいの区の福祉課(支所管内にお住まいの方は支所区民福祉課)へ

関連リンク

様式等のダウンロード

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

健康福祉局高齢福祉部介護保険課認定保険料係

電話番号

:052-972-2593

ファックス番号

:052-972-4147

電子メールアドレス

a2593@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

高齢者に戻る

ねたきり・認知症高齢者の税の障害者控除の別ルート

ページの先頭へ