ページの先頭です

子どもの権利擁護調査相談員の募集

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年8月1日

子どもの権利擁護調査相談員(子ども青少年局嘱託員)の募集について

「名古屋市子どもの権利擁護機関(仮称。令和2年1月開設予定。以下「権利擁護機関」といいます。)」に勤務する「子どもの権利擁護調査相談員(子ども青少年局嘱託員)」を募集しています。

選考区分・採用予定人数・主な職務内容等

選考区分

子どもの権利擁護調査相談員(子ども青少年局嘱託員)

採用予定人数

10名

主な職務内容等

権利擁護機関において、子どもの権利擁護委員の指示に基づき、次に掲げる業務に従事していただきます。

  1. 子ども、保護者、関係機関等から子どもの権利侵害等に関する相談を受け、適切な支援を行うこと
  2. 関係機関等への調査調整業務を行うこと
  3. 相談記録、調査記録等の様々な記録の作成及び管理
  4. 子どもの権利についての普及啓発に関すること
  5. その他、権利擁護委員が必要と認めること

なお、委嘱(採用)は令和元年11月1日を予定しており、令和2年1月の権利擁護機関開設までの期間は、業務検討、業務マニュアル及び様式等の作成、関係機関への訪問、周知啓発等の業務に従事いただくほか、各種研修等を受講いただく予定です。

受験資格

次の(1)から(5)の要件をすべて満たすことが必要です。

  1. なごや子ども条例及び名古屋市子どもの権利擁護委員条例の趣旨に則り、子どもの立場に立って丁寧に対応し、子どもの最善の利益の実現を念頭に活動できる方
  2. 次のいずれかに該当すること

    ア 社会福祉士、精神保健福祉士、公認心理師、臨床心理士、保健師等の心理・福祉に関する業務に従事するための資格を有する方

    イ 相談援助業務に3年以上従事した経験の有る方

    ウ ア、イと同等の業務にかかる知識、技能及び経験を有する方

  3. 令和元年11月1日から名古屋市内で勤務可能な方
  4. Word、Excel 等のパソコンの基本操作ができる方
  5. 次のいずれにも該当しない方

    ア 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)

    イ  禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者

    ウ  名古屋市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者

    エ  日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体を結成し、又はこれに加入した者

申し込み

申し込み期間

令和元年8月1日(木曜日)から令和元年8月29日(木曜日)まで 【必着】


申し込み方法

申し込み書類に必要事項等を記入の上、返信用封筒(第1次試験の結果通知用)を添えて、子ども青少年局子ども未来企画部子ども未来企画室まで郵送(令和元年8月29日木曜日必着)もしくは持参してください。

なお、郵送の場合は、封筒の表に「子どもの権利擁護調査相談員募集申込」と朱書きしてください。

※持参の場合は、申込期間内(閉庁日除く)の午前9時から正午、午後1時から午後5時まで受け付けます。

申し込み書類

ア 募集申込書【様式1】

募集申込書には、正面顔写真を貼付してください。(写真の裏に氏名を記入してください。)

イ 作文(第1次試験)【様式2】

テーマ「名古屋市子どもの権利擁護委員条例(別紙)とこの募集要項を参考にしたうえで、名古屋市子どもの権利擁護調査相談員として、自分がどのような貢献ができるか、具体的に述べてください。」

選考の日程等

第1次試験

応募時にご提出いただく作文【様式2】により審査します。詳細は募集要項をご覧ください。

第1次試験合格発表

令和元年9月13日(金曜日)発送予定で、受験申込者全員に郵送にて通知します。あわせて本市ウェブサイトに第1次試験合格者の受験番号等を掲載します。

第2次試験

令和元年9月23日(祝日・月曜日)

第1次試験合格者についてのみ、第2次試験を実施します。選考方法については、口述による個人面接試験および、相談対応の場面を模した実技試験による審査を予定してします。受験会場及び時間は、第1次試験合格者への通知でお知らせします。

最終合格から採用まで

  1. 委嘱(採用)は、令和元年11月1日を予定しております。
  2. 委嘱期間は、令和元年11月1日から令和2年3月31日までとなります。(委嘱期間については、勤務成績に応じて委嘱から最長3年度間委嘱する場合があります。なお、その場合の令和2年度以降の委嘱については、地方公務員法の改正に伴い勤務条件が変更されます。)
  3. 受験資格がないことや申込書類に不正があることが判明した場合には、採用されないことがあります。
  4. 日本国籍を有しない方で、採用日において法令により永住が認められていない方は、採用されません。

募集要項

子どもの権利擁護調査相談員(子ども青少年局嘱託員)募集要項

子どもの権利擁護調査相談員(子ども青少年局嘱託員)募集要項

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

募集申込書【様式1】

募集申込書【様式1】

作文(第1次試験)【様式2】

作文(第1次試験)【様式2】

「名古屋市子どもの権利擁護委員条例」(別紙)

「名古屋市子どもの権利擁護委員条例」(別紙)

このページの作成担当

子ども青少年局 子ども未来企画部 子ども未来企画室 子ども未来企画係
電話番号: 052-972-3026
ファックス番号: 052-972-4204

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ