ページの先頭です

名古屋市放課後事業及び生涯学習開放運営主体募集の選定結果

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年3月2日

名古屋市放課後事業及び生涯学習開放運営事業者の選定結果について

 名古屋市放課後事業及び生涯学習開放実施委託につきまして、プロポーザル方式により、平成30年度からの運営事業者選定を行いました。

事業者選定の経過

 千種区、昭和区、瑞穂区、熱田区、中川区、守山区、緑区、天白区の放課後事業(トワイライトスクール及びトワイライトルーム)実施校ごとに応募事業者から提出された書類及びプレゼンテーション・質疑応答に基づき、下記のとおり評価・審査を実施した。

  1. 市が選任した評価委員から、評価基準についての意見聴取を行い、各評価委員が評価基準の各項目について1点から5点で評価することとした。
  2. 選定過程において、複数の事業者から応募のあった学区で、実際に応募事業者のプレゼンテーション及び質疑応答に参加することを希望した学区については、市の選任した評価委員による評価に、学区評価員による評価を加え、審査を行った。
  3. 上記評価をもとに市が決定した。

評価委員(五十音順)

  • 大澤 敬子(名古屋市立小中学校PTA協議会副会長)
  • 大山 小夜(金城学院大学人間科学部多元心理学科教授)
  • 加藤 義人(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 政策研究事業本部執行役員主席研究員)
  • 平石 賢二(名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授)
  • 山内 益恵(愛知県弁護士会弁護士)

応募事業者(応募順)

  1. 合同会社日野(大和小始め11校)
  2. 公益財団法人名古屋市教育スポーツ協会(内山小始め133校)
  3. イッティージャパン株式会社(露橋小始め17校)
  4. 株式会社トライグループ(内山小始め93校)
  5. 株式会社スターシャル教育研究所(千石小始め4校)
  6. 一般社団法人チャンス(春岡小始め4校)

実施校及び運営主体候補者

放課後事業及び生涯学習開放運営主体学校別運営主体候補者一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

募集要項等

※以下は参考として掲載しています。

 名古屋市放課後事業及び生涯学習開放運営主体候補者を選定するための公募の概要については、調達情報サービス(外部リンク)(外部リンク)別ウィンドウをご確認ください。

(調達情報サービスの「入札情報」をクリックし、入札情報画面が表示されたら、発注担当部局「子ども青少年局」、申請区分「業務委託」を選択し、件名に「放課後事業」と入力して検索ボタンを押してください。検索結果で表示される件名をクリックすると、募集要項等公募に関する資料がご確認いただけます。)

このページの作成担当

子ども青少年局 青少年家庭部 放課後事業推進室 放課後事業推進係
電話番号: 052-972-3096
ファックス番号: 052-972-4119
電子メールアドレス: a3092@kodomoseishonen.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ