ページの先頭です

ひとり親家庭等の就業支援(給付金など)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年4月14日

ページの概要:母子家庭等の母などを対象とした自立支援施策について

教育訓練給付金

ひとり親家庭のお母さんまたはお父さんが、就職・転職・スキルアップのため、事前に指定を受けた講座を受講すると受講料の6割が助成されます。お住まいの区役所民生子ども課(支所管内にお住まいの方は支所区民福祉課)までご相談ください。

教育訓練給付金について
 項目 内容
 対象者 次の要件をすべて満たす方

1市内在住の20歳未満の児童を扶養するひとり親家庭の母または父

2児童扶養手当受給者又は同様の所得水準である方(本人所得のみ)

3講座を受講することが、安定した就労に結びつくと認められる方

4過去にひとり親家庭のための教育訓練給付金を受給していない方(雇用保険の教育訓練給付は除きます)

 対象講座 雇用保険の教育訓練給付制度の対象となっている講座
 支給額

 ・雇用保険の教育訓練給付を受けることができない方

 入学金、受講料の60%(上限20万円。ただし、1万2千円に満たない場合は支給しない)

・雇用保険の教育訓練給付を受給する方

 入学金、受講料の60%(上限20万円。ただし、1万2千円に満たない場合は支給しない)から、雇用保険の教育訓練給付金を差し引いた額

 事前指定 講座の受講開始前に受講予定の講座の指定をお住まいの区役所民生子ども課(支所管内にお住まいの方は支所区民福祉課)で受ける必要があります。

高等学校卒業程度認定試験合格支援給付金

ひとり親家庭のお母さん、お父さんまたは児童が、資格取得・就職・転職のため、高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す講座(事前に指定を受けたもの)を受講すると、最大で受講料の6割が助成されます。お住まいの区役所民生子ども課(支所管内にお住まいの方は支所区民福祉課)までご相談ください。

高等学校卒業程度認定試験合格支援給付金について
項目内容
対象者次の要件をすべて満たす方

1市内在住の20歳未満の児童を扶養するひとり親家庭の母、父またはその扶養している児童

2児童扶養手当受給者又は同様の所得水準である方(本人所得のみ)

3講座を受講することが、安定した就労に結びつくと認められる方

4過去にひとり高等学校卒業程度認定試験合格支援給付金を受給していない方

対象講座高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す講座
支給額

1受講修了時給付金

 入学金、受講料の20%(上限10万円。ただし、4千円に満たない場合は支給しない)

2合格時給付金

 入学金、受講料の40%(受講修了時給付金とあわせて上限15万円。)

※合格時給付金は、受講修了時給付金の支給を受けた方が受講修了日から起算して2年以内に高卒認定試験に全科目合格した場合に支給されます。

事前指定講座の受講開始前に受講予定の講座の指定をお住まいの区役所民生子ども課(支所管内にお住まいの方は支所区民福祉課)で受ける必要があります。

高等職業訓練促進給付金

ひとり親家庭のお母さん又はお父さんが就職・転職などのため、1年以上学校に通学して必要な資格を取得する場合に、修学期間中の生活の安定を図るために一定期間、高等職業訓練促進給付金を支給します。お住まいの区役所民生子ども課(支所管内にお住まいの方は支所区民福祉課)までご相談ください。

高等職業訓練促進給付金について
 項目内容 
  対象者 次の要件をいずれも満たす方

1市内在住の20歳未満の児童を扶養するひとり親家庭の母または父

2児童扶養手当受給者又は同様の所得水準である方(本人所得のみ)

3適職に就くために、対象資格を取得することが必要と認められる方

4仕事(育児)と修学との両立が困難であると認められる方

5過去に高等職業訓練促進給付金を受給していない方

 対象資格 看護師・准看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、保健師、助産師、理容師、美容師、栄養士、調理師、製菓衛生師その他の国家資格で特に経済的自立に必要な資格

◆資格をとるために1年以上学校に通うことが法律上必要とされる場合に限ります。司法書士、税理士、行政書士、社会保険労務士などは対象となりません。

 支給期間

修学期間の全期間(上限3年)

 支給額

市民税非課税世帯 月額 100,000円

市民税課税世帯 月額 70,500円

税法上の寡婦(夫)控除を受けられない、婚姻歴のないひとり親世帯の方への支援措置がありますので、詳しくはご相談の際にお尋ねください。

 申請受付期間 4月1日から30日まで及び10月1日から31日まで(いずれも土日・休日除く)

◆上記期間以外は受付できません。また、申請を希望する場合はお住まいの区役所民生子ども課(支所管内にお住まいの方は支所区民福祉課)で事前相談が必要です。

 修了支援給付金

修学修了後、一回のみ修了支援給付金を支給

市民税非課税世帯 50,000円

市民税課税世帯 25,000円

税法上の寡婦(夫)控除を受けられない、婚姻歴のないひとり親世帯の方への支援措置がありますので、詳しくはご相談の際にお尋ねください。 

入学準備金・就職準備金の貸付について(高等職業訓練促進資金貸付事業)

 高等職業訓練促進給付金の支給を受ける方に対して、入学準備金として50万円、就職準備金として20万円を貸し付ける事業が実施されています。この貸付金は、卒業後1年以内に資格を生かして就職し、5年間仕事を継続できれば返済不要となります。

 詳しくは、お住まいの区の区役所民生子ども課(支所管内にお住まいの方は支所区民福祉課)または事業の実施団体である社会福祉法人愛知県母子寡婦福祉連合会(電話番号:052-915-8862)までお問い合せください。また、下のウェブサイトについてもご確認ください。

就業支援

母子家庭のお母さんや寡婦の方が、より安定したお仕事に就けるようさまざまな就業支援を行っています。一部の講習会については、父子の方もご利用できます。

就業支援について
施策  内容
 就業支援講習会

パソコン講習、ライフプラン講習など就職に有利な資格・スキルの習得などを目指した講習会を開催しています。

※講習会の開催予定はジョイナス.ナゴヤのホームページをご覧ください。

 母子家庭等就業支援センターにおける就業支援

 職業紹介や求人情報提供、就業相談など各種就業支援サービスを行っています。

※詳しくはジョイナス.ナゴヤのホームページをご覧ください。

愛知県母子家庭等就業支援センター(名古屋市北区)

名古屋市は、愛知県母子家庭等就業支援センター(名古屋市北区金田町3丁目11番)を、愛知県、豊橋市、岡崎市、豊田市と合同で、社会福祉法人愛知県母子寡婦福祉連合会に委託して実施しています。

愛知県母子家庭等就業支援センターでは、職業紹介や求人情報の提供、電話相談、法律相談、養育費相談を行っています。

職業紹介や求人情報の提供などの就業支援は、母子の方および寡婦の方のみが対象ですが、電話相談、法律相談、養育費相談は父子の方も利用できます。

ジョイナス.ナゴヤ(母子家庭等就業支援センター名古屋市相談室)

名古屋市では、愛知県母子家庭等就業支援センターのほかに身近な就業相談窓口としてジョイナス.ナゴヤを設けています。

ジョイナス.ナゴヤは、名古屋市在住の母子家庭のお母さんや寡婦の方のしごと探しを応援するために、職業紹介や求人情報の提供、就業相談(キャリアカウンセリング)など、さまざまな就業支援サービスを提供しています。(父子の方はご利用できません。)

就職活動に役立つ支援情報などを集めたウェブサイトも開設しています。お気軽にご利用ください。

ジョイナス.ナゴヤ(母子家庭等就業支援センター名古屋市相談室)

名古屋市中区栄4-1-1中日ビル9階南側
電話番号:052-252-8824
ファックス番号: 052-252-8842

事業主の皆さまへ 「求人情報をご提供ください」

愛知県母子家庭等就業支援センターは厚生労働大臣許可による職業紹介所を併設しており、企業さまからの求人情報を受け付け、求職登録している母子家庭のお母さんの中から、条件に合う方を紹介させていただきます。

母子家庭のお母さんの収入は平均的な家庭の収入の約4割にとどまっており、もともと経済的に苦しい状況に置かれているところに、この経済不況で仕事を失ったり収入が大幅に減少するなど、ますます困難な状況に直面しています。

母子家庭のお母さんが経済的に自立でき、母子家庭に育つ子どもさんが健やかに育つことができるよう、名古屋市では上記のような就業、自立支援事業を行っています。各企業におかれましても、母子家庭のお母さんの雇用にご理解とご協力をいただきますようお願いします。

母子家庭のお母さんには、子どもと自分の生活をよりよいものとするために、強い就労意欲を持っている方がたくさんいらっしゃいます。子育てと就労の両立は大変ですが、頑張る意欲のあるお母さん方に、ぜひ、チャンスを与えてください。

求人情報の提供については愛知県母子家庭等就業支援センターへご連絡ください。担当者がご説明に伺います。

愛知県母子家庭等就業支援センター(愛知母子・父子福祉センター内)

名古屋市北区金田町3丁目11番
電話番号:052-915-8824
ファックス番号: 052-915-8444

このページの作成担当

子ども青少年局青少年家庭部青少年家庭課家庭支援係

電話番号

:052-972-2522

ファックス番号

:052-972-4439

電子メールアドレス

a2522-10@kodomoseishonen.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ