ページの先頭です

北区の防災マップ

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年11月6日

ページの概要:いざというときに備えて、各種ハザードマップで近くの避難場所や自宅の被害想定を確認しましょう。

北区の防災マップ

 いざというときに備えて、各種ハザードマップで自宅の被害想定を確認し、災害時に避難する場所や避難経路などを家族で話し合っておきましょう。

※各ハザードマップのファイルは、テキスト情報のない画像データです。内容を確認したい場合は、下記の「このページの作成担当」にお問い合わせください。

※地図面の印刷時、文字が読みづらい場合等は詳細版をご利用ください。ただし、ファイルのサイズが大きいため、ファイルを開くのに時間がかかることがありますのでご注意ください。

※災害時等でウェブサイトへのアクセスの集中が考えられるときには、データ容量の小さい地図面・簡易版をご利用ください。

ナゴヤ避難ガイド

 指定緊急避難場所や指定避難所の違い、災害時の避難の仕方等を分かりやすく説明した、啓発用リーフレット「ナゴヤ避難ガイド」を作成しました。

 本ガイドを読み進める中で、ハザードマップ等で自宅の被害想定を確認しながら、災害時の避難行動をイメージし、自宅の近くの指定緊急避難場所と指定避難所をしっかり確認しておきましょう。

ナゴヤ避難ガイド北区版

あなたの街の洪水・内水ハザードマップ

 北区には、庄内川・矢田川といった一級河川のほか、八田川や新地蔵川、生棚川をはじめとした中小河川などがたくさんあります。

 大雨によって河川の水位が高くなると堤防を越えて水があふれたり、堤防の土砂が流出して決壊する「洪水(外水氾濫)」 。雨の量が下水道などの排水施設の能力を超えるときや、河川の水位が高くなったとき、雨水を排水できなくなり、浸水する「内水氾濫」。このような災害が起きた時、北区での浸水想定を確認できます。

 浸水被害に備えて、浸水状況を確認しておきましょう。

洪水・内水ハザードマップ北区版

あなたの街の地震ハザードマップ

 名古屋市では、南海トラフで発生する地震として、「過去の地震を考慮した最大クラス」「あらゆる可能性を考慮した最大クラス」の2つの地震を想定して被害予測調査を行い、この結果をお知らせするため、ハザードマップを作成しました。

 南海トラフ巨大地震が発生したら、あなたの街はどうなるのか確認しておきましょう。

地震ハザードマップ北区版

このページの作成担当

北区役所区政部総務課庶務係

電話番号

:052-917-6412

ファックス番号

:052-914-5752

電子メールアドレス

a9176412@kita.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

防災に戻る

北区の防災マップの別ルート

ページの先頭へ