ページの先頭です

令和元年度 食の安全に関する意見交換会開催結果

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年10月4日

ページの概要:「からだに良いもの?悪いもの?カフェインについて考える」をテーマに開催しました。

食の安全に関する意見交換会「からだに良いもの?悪いもの?カフェインについて考える」を開催しました。〈令和元年8月29日〉

内閣府食品安全委員会と名古屋市との共催で、食の安全に関する意見交換会「からだに良いもの?悪いもの?カフェインについて考える」を開催しました。

意見交換会のテーマである「カフェイン」は、コーヒー豆、茶葉、カカオ豆などに含まれている食品成分の一つで、これらを原料としたコーヒーやお茶などの飲料に含まれています。
近年、エナジードリンクやサプリメントなど、意図的に添加した食品が広く販売され、これらを重複して摂ることによりカフェインの過剰摂取や中毒につながることが指摘されています。

今回の意見交換会では、こうした食品に触れる機会が特に多い若い世代であり、将来「食」に携わる学生(栄養学専攻7大学31名)の方々に、「カフェイン」について、同世代に向けて効果的に周知啓発を行う方法を考えてもらう場として企画しました。

話題提供

  1. 「食品安全の基本(リスクアナリシス)/カフェインについて」内閣府食品安全委員会
    内閣府食品安全委員会からは、食品安全の基本についてとカフェインについて情報提供がありました。
  2. 「名古屋市における取組みについて」名古屋市保健所
    市保健所からは、名古屋市が行っている取組みについて説明しました。

  参加者から、カフェインの摂取目安量が各国で違いがあることについて質問があり、食品安全委員会事務局より、各国が、それぞれの国民の食生活を含む生活習慣や代謝等を総合的に考えて設定しているため、多少差がみられるとの回答がありました。

話題提供

食品安全委員会による話題提供

グループワーク

大学ごとに分かれて、グループワークを行いました。今回の課題は、「カフェインを摂るときに知っておきたいことについて周知啓発するためのポスターデザインを作成すること」です。

学生の方々は、前半の話題提供や日頃大学で学んでいることをふまえて、「カフェインをどのようなときに摂取するか」「必要な情報を効果的に伝えるにはどのようにすべきか」という手順で考えをまとめ、ポスターデザインを作成しました。

グループワーク

大学生がカフェインを含む食品を口にする機会と理由を、付箋を使って整理

「食の安全に関する意見交換会グループ作成物」のファイルについてはテキスト情報のない画像データになります。内容を確認したい場合は「食品衛生課食の安全対策係(電話番号052-972-2648)」までお問い合わせください。

グループワークで作成したポスターデザイン

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

作成したデザインには、「もしかしてカフェイン摂りすぎ?」「知らずに・しら沼に 危険!!カフェインの過剰摂取」「カフェインも摂りすぎは毒・適切な量を守ること」「カフェインで身体ごまかしてない?」「あなたは知ってる?カフェインの落とし穴!!」「カフェIN!?」「本当に必要?そのカフェり(イン)」といった同世代に呼びかけるためのキャッチコピーとともに、知られていないと思われる知識や作り手が伝えたい情報が、独自のキャラクターやイラストを用いてわかりやすくまとめられていました。

グループごとの発表に対し、食品安全委員会と市保健所からは、「今後は、学ぶ立場から伝える立場に立つ皆さんには、正確な情報を得て、その情報を積極的に広めていただきたい。」「短時間でチームワークよく作成することに感心している。内容をバランスよくまとめ、ポイントをおさえた表現がされている。わかりやすいイラスト、行政では思いつかない表現やレイアウト、同世代に響く表現やデザインなどの工夫点は、市の啓発資材を作成する上で参考にしたい。」とのコメントがありました。

発表

グループごとに、キャッチコピーを作成した理由や工夫した点などについて発表

参加者の感想

参加者アンケートでは、「“カフェイン”という普段あまり気にしない成分について学ぶことができ、良い機会となった。」「情報を伝えることの難しさを感じた。」「他大学の方たちの意見も聞くことで、違う視点から学べてとても良かった。」などの感想のほか、「時間が足りなかった。」「ブレインストーミングがあまり活かせなかったのでもう少し時間に余裕があると良かった。」いった意見がありました。

参加大学(五十音順)

関連ページ

内閣府食品安全委員会:地方共催意見交換会(名古屋市)「食の安全に関する意見交換会「からだに良いもの?悪いもの?カフェインについて考える」」(外部リンク)別ウィンドウ-内閣府食品安全委員会のホームページでも、今回の意見交換会の実施結果を掲載しています。

内閣府食品安全委員会:季刊誌「食品安全」第51号(外部リンク)別ウィンドウ-内閣府食品安全委員会が発行する季刊誌です。「食品中のカフェイン」が特集されています。

内閣府食品安全委員会:公式Facebook(外部リンク)別ウィンドウ-内閣府食品安全委員会は、食品の安全に関する知識・理解を深めていただくために、Facebookページによる情報の配信を行っています。

名古屋市:食の安全に関する意見交換会「減らせ!カンピロバクター食中毒」を開催しました。〈平成30年8月20日〉-昨年度の意見交換会開催結果です。


このページの作成担当

健康福祉局健康部食品衛生課食の安全対策係

電話番号

:052-972-2648

ファックス番号

:052-955-6225

電子メールアドレス

a2648@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ