ページの先頭です

実際どのくらい食べているの?(広く知っとく食の安全情報/食品添加物)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年1月7日

保存料として使用されるソルビン酸。私たちが実際に食べている量は、ADIの何%?

(ADIとは、人がある物質を一生にわたって毎日摂取し続けても、健康に悪影響が出ない量のことです。)

  1. 0.3%
  2. 3%
  3. 30%
食事をしようとしている人のイラスト

どのくらい食べている?

こたえ:1. 0.3%

厚生労働省は、食品添加物の摂取量調査をしています。

マーケットバスケット方式といって、国民栄養調査の結果を参考に実際に流通している食品を購入し、添加物がどのくらい含まれているかを調べます。

これまでの結果では安全性上問題ないことが確認されています。仮に安全性上問題となるような結果が明らかとなった場合には、基準を改正するなど必要な措置を講じることとしています。

平成28年度の保存料及び着色料の摂取量調査結果を見てみましょう。

保存料として使われるソルビン酸の大人一人が一日に摂る量は4.407mg。これは、大人一人のADI、1,465mgの「0.30%」であり、食事などを通じて実際に摂る量が、ADIよりずっと少ない量ということがわかります。

厚生労働省による食品添加物の摂取量調査結果

こんな情報もありますよ

このページの作成担当

健康福祉局 食品衛生検査所
電話番号: 052-671-3385
ファックス番号: 052-671-3383
電子メールアドレス: a6713371@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ